グルっと速報

トレンド、芸能ニュースや
アイドル画像まとめ、面白ニュース
女優、俳優、お笑い芸人情報などを幅広く更新です!

    タグ:逮捕



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/07(水) 08:06:08.72 ID:CAP_USER9.net

    11月3日に放送されたNHKのお笑い番組『コントの日』で、“日本コント協会”を発足させたビートたけし(71)。

    「たけしさんには、『コントの日』を『紅白歌合戦』のような国民的番組に育てたいという願望があるようです」(NHK関係者)

    そんな“殿”に一大事。旧知のホテルチェーン会長・X氏(70)が逮捕されてしまったのだ。

    「X氏は“関西のホテル王”とも呼ばれ、西日本を中心に30以上のホテルを経営しています。
    たけしが仕事で関西に泊まる際は、彼が経営するホテルを定宿にしていたともささやかれていました」(芸能記者)

    そんなX氏が、今年7月に大阪府警生野署に入管難民法違反(不法就労助長)容疑で逮捕され、社員ら5人も書類送検されている。

    「X氏らには大阪・梅田のホテルで、留学生だったベトナム人を、週28時間の就労制限時間を超えて働かせた疑いがかけられていました」(通信社記者)

    一方のたけしといえば、所属事務所『オフィス北野』の赤字転落を発端に、20年間タッグを組んでいた森昌行社長と激しく対立。
    今年の3月末、たけし軍団をそのまま残し、3年ほど前に設立していた個人事務所へ移籍独立していた。

    「その新個人事務所の設立や独立の際、たけしさんに密かに協力したのがX氏だと噂されていました。たけしさんはビジネス上、彼に絶大な信頼を寄せていたといいます。
    “関西のホテル王”である彼がいたからこそ、心機一転、独立後も安心して芸能活動に臨むことができたんです。
    2人は、たけしさんの出身大学・明大OBの“紹介の紹介”で知り合ったそうです」(テレビ局関係者)

    たけしの新個人事務所は「株式会社T.Nゴン」。
    「X氏は新事務所の役員にこそ就いていませんが、社名の一部であるNは、X氏のラストネームのイニシャルではないかとも一部でささやかれました。
    ちなみにTはたけしのイニシャル、ゴンは愛犬の名前です」(芸能事情通)

    その愛犬ゴンをモチーフにした、たけしの短編小説『ゴンちゃん、またね。』(文藝春秋)に登場する作家志望の主人公の名前“関口則之”も、X氏から取ったのではとも噂される。

    そこまで信頼する大物協力者の逮捕で、「新事務所は、いきなりピンチに追い込まれたわけですが、このままだと“北野映画が見られなくなるかもしれません”」(前出のテレビ局関係者)という。

    現在発売中の『週刊大衆』11月19日号では、「北野映画」消滅危機の理由、そして今後のたけしの仕事への影響を詳報している。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15557766/
    2018年11月7日 6時15分 日刊大衆


    【【芸能】ビートたけし、協力者逮捕で「監督廃業」の危機!?】の続きを読む



    (出典 jonny.click)



    1 ばーど ★ :2018/10/18(木) 20:32:23.08 ID:CAP_USER9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    覚醒剤取締法違反(所持・使用)の罪に問われたタレント・麻生希被告(33=本名・島崎彩)の第2回公判が17日、横浜地裁(吉田勝栄裁判官)であり、アウトロー的な作品が多いことで知られるVシネマ(ビデオ映画)も顔負けの事実が明らかになった。暴力団組員に脅されて覚醒剤を注射され、保釈中にも覚醒剤をすすめられたなどと次々と衝撃の告白。「二度とやらない」と誓う麻生被告には、覚醒剤関与が“銃殺刑”となるフィリピン行きも母親から提案された。

     麻生被告は元交際相手の高畑愛平受刑者(27)と都内自宅で覚醒剤を約57グラムも所持し、使用したとされる。2月に逮捕されていた。「10頭身の美貌」を売りに活動していただけあり、タイトなパンツの黒スーツに白シャツ姿はさまになる。

    「ガラスパイプに覚醒剤を入れて火であぶって使った」と使用を認めたが、所持については「50グラム以上もあると知らなかった。6~10グラムと思っていた」と主張する。

     昨年10月21日から同棲を始めた部屋の覚醒剤は主に高畑被告が入手し、麻生被告は「パイプに入れて」とお願いして使っていた。売人との受け渡し現場には麻生被告が出向くこともあった。

     供述調書からは、0・05~0・1グラムの量を1日に2~3回も使用していた薬物依存が明らかに。最大で0・1グラムを4回使ったこともあった。

     覚醒剤に手を染めた理由は驚くべきものだった。同棲を始める数日前の昨年10月中旬のこと。「暴力団員に裸を盗撮されて、覚醒剤を使ってることも裸も週刊誌にバラまくと脅された」と告白したのだ。

     SNSを通じて面識のない人物から依頼された名古屋でのイベントの仕事を終えて「イベントの仲間と一緒にホテルラウンジで打ち上げをしました。みんなで飲んで、私はけっこう酔ってて裸でジャグジーに入った。そのとき暴力団員に盗撮された」と明かした。その後「暴力団員の人に『裏カジノの客の相手をしろ』と言われて、脅されて注射を打たれたりした」ことで覚醒剤を覚えてしまったというのだ。

     暴力団員は裸動画や覚醒剤使用の情報をリークしない代わり、麻生被告自身の購入か、購入者の紹介を求めた。「高畑さんに相談したら『それを買って良い付き合いができるなら、とりあえず買ってなだめたほうがいい』と言って買うことになりました。条件交渉は高畑さんと暴力団員。ブツの受け渡しは『知らない人間じゃなく、島崎さんに来てほしい』というので私が」と話す。

     だが、高畑被告の裁判で明らかになった事実とはニュアンスが異なる。自宅にあった覚醒剤の質に満足できない麻生被告から「これよりいいの知ってるよ」と紹介されたのが「名古屋の先生」という密売人だった。

     薬物依存者の再犯率の高さは知られているが、麻生被告は「やめる」と言い切った。「私は勾留中に妊娠が発覚して、勾留中に死産して、とても大変なことをしてしまった。申し訳ない、後悔の気持ちでいっぱいになった。二度としないと誓います」と涙声で誓った。

     検察官は2016年のコカイン所持での裁判(執行猶予判決)を振り返って「コカインの裁判でも『二度としない』と言っている」と追及する。

     それに対する返答は驚くべきものだった。保釈中の9月下旬から今月上旬、すでに覚醒剤の誘惑に遭遇していたのだ。「知人の飲食店で覚醒剤をすすめる男性がいたけど、地元の太田警察に通報しました。通報したことからも、断ち切ると心の底から誓ってます」と述べ、「群馬県警太田署の刑事2課。担当は○○さんです」と相談した刑事の名前まで持ち出した。

     情状証人で保釈中に同居している母親の弁も強烈だった。「どこにも行かないように見張っている」という母親は日本の永住権を持つフィリピン人だ。実刑の可能性も理解していて「出所後は日本でも、私の国でも一緒に住みます。彩ちゃんは娘だから守りたいですよ。私の国、彩ちゃんも勝手に出かけられない。向こうは覚醒剤が厳しい。なかなか手に入らない」と訴えた。

     フィリピンではドゥテルテ政権下で*撲滅作戦が強行され、売人や使用者が数千人も銃*れている。母親の提案は実効性があるかもしれない。次回公判で結審の予定だ。

    2018年10月18日 16時30分
    東スポWeb
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1160011/


    【【芸能】覚醒剤逮捕の麻生希被告 裁判で衝撃告白「組員に脅され注射された」】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 シャチ ★ :2018/10/01(月) 12:50:31.60

     ◇山口の道の駅に1週間滞在 支配人の頼みに気軽に応じて

     大阪府警富田林署から逃げた樋田淳也(ひだ・じゅんや)容疑者(30)=加重逃走容疑で再逮捕=が、山口県周防大島町の道の駅「サザンセトとうわ」に約1週間滞在していた。道の駅の支配人の記念撮影にも素顔をさらして気軽に応じ、「必ず日本一周を達成します」などと記した置き手紙も偽名で残していた。府警は、自転車旅行者であることを大胆に装うことで、逃走の発覚を免れようとしていたとみて調べている。

     支配人の岡崎竜一さん(54)によると、樋田容疑者は9月18日朝に自転車で道の駅を訪問。「日本一周中で、3カ月前に和歌山を出発した」と話し、近くの海で素潜りして牡蠣(かき)などを取って楽しみ、26日まで宿泊したという。9月初旬に香川県観音寺市で出会った男(44)も一緒にいたという。日本一周を応援しようと、岡崎さんが記念撮影を提案すると、樋田容疑者は素顔をさらして気軽に応じた。普段は常にサングラスをしていたという。

     道の駅を立ち去る際、樋田容疑者は岡崎さん宛てに置き手紙を残した。「周防大島での最高の思い出ができた。この旅でいろいろなことを学び、今後の生活の糧にしたい。頂いた声援をパワーに、日本各地を走り抜ける」と記載。結びには、「和歌山発クロスバイクで日本一周出会い旅」「写真第1号櫻井潤弥より」と偽名が使われていた。

     一方、樋田容疑者は山口県周南市の道の駅で万引きしたとして現行犯逮捕される前日、約50キロ南東に離れた同県上関町の道の駅「上関海峡」でも、1日4回以上、食料品を万引きした疑いがあることが明らかになった。樋田容疑者とみられる男が少なくとも4回来店。店内の防犯カメラには毎回、食料品を服の中に隠すなどして万引きする様子が映っていた。被害品はたこ飯や天ぷらなど7点(約1800円相当)に上るという。

     府警は、樋田容疑者が野宿などをしやすい道の駅を使って長期間逃走していたとみて、詳しい経緯を調べている。【村田拓也、伊藤遥、土田暁彦】



    10/1(月) 12:24配信 毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00000047-mai-soci
    自転車で道の駅を訪れた樋田淳也容疑者=山口県周防大島町で2018年9月25日、岡崎竜一さん提供

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【富田林逃走】「ただ今、自転車で日本一周中」 樋田容疑者、笑顔で写真(画像あり)】の続きを読む



    (出典 colorful-instagram.com)



    1 春の呪い ★ :2018/09/05(水) 21:14:41.67 ID:CAP_USER9.net

    知人男性を脅したとして、警視庁渋谷署は5日、脅迫の疑いで、モデルの益若つばさらが所属する芸能事務所「エイジアプロモーション」(東京都渋谷区)社長の村山俊彦容疑者(39)を逮捕した。

     逮捕容疑は5月27日未明、40代の男性会社役員に電話をかけ、「さらってやるから来いよ」などと脅した疑い。

     渋谷署によると、村山容疑者と男性は5月26日に東京都港区のお台場海浜公園で開かれた花火大会で居合わせた。花火が見えないとして、男性が前方の席にいた村山容疑者を注意したという。容疑者は当時、酒に酔っていた。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/05/kiji/20180905s00041000257000c.html


    【【芸能】 脅迫容疑で芸能事務所社長逮捕 益若つばさらが所属】の続きを読む



    (出典 t10.pimg.jp)



    1 春の呪い ★ :2018/09/01(土) 00:25:59.31 ID:CAP_USER9.net

    ここに来て、一部メディアなどで有名人の薬物による逮捕情報が報じられているが、捜査当局が関心を寄せているのがある大物カップルだという。

     「男性・Xはミュージシャンで女性・Yはタレント。男性は以前、別の女性タレントとの熱愛が報じられてこともあったモテ男ですが、突如、Yとの熱愛が報じられました。2人をつないだのは薬物なようで、夜な夜な“ドラッグ*”に励んでいるようです」(週刊誌記者)

     いずれも、かなり名前が知られた大物だが、どちらも以前から薬物のうわさがささやかれていたというのだ。
    「Xはよく海外に渡航しますが、そこでクスリのハマってしまったようです。音楽で稼いだ金をせっせとクスリにつぎ込んでいるようです」(音楽業界関係者)

     一方、Yは昔のヤンチャだった時代に覚えたようだ。

     「地元ではギャルメイクで“クラブ活動”に励んでいたそうです。その際、ヤリマンとして有名。そこで知り合った男とのドラッグ*でクスリにハマったようです」(先の記者)

     Xは若者にカリスマ的な人気を誇り、一方、Yはその見事なスタイルで世の男性たちの視線をクギ付にしてきた。

     薬物で逮捕された芸能人は多いが、なかなかカップルそろって逮捕された芸能人はいないだけに、逮捕されたら大騒動に発展しそうだ。

    https://news.nifty.com/article/entame/jitsuwa/12151-080613/


    【【芸能】 ついに逮捕!捜査当局が着々と“包囲網”を敷く大物カップル】の続きを読む


    16歳の少年が中1の少女を誘拐で逮捕 「ひと夏のカップル」に悲しみの声相次ぐ 



    カップル

    (JosuOzkaritz/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

    16日、中学1年生の女子生徒を誘拐し連れ回したとして、会社員の少年(16)が逮捕された。インターネット上では、「少年が少女を誘拐した」とすることに対し、疑問の声が相次いでいる。

    ■インターネットで知り合った2人

    報道によると、逮捕された少年は、12日、三重県桑名市の中学1年生の女子生徒を、名古屋市中村区の駅で誘拐。16日までの5日間、愛知県小牧市まで連れ回した未成年者誘拐の疑いが持たれている。

    少年は東京都足立区に住んでおり、少女とはインターネットで知り合い、駅で落ち合ったようだ。少年は、「未成年であることは知っていた。一緒にいたことは間違いない」と容疑を認めている。

    2人は共通の知人に会うため、小牧に行ったということで、警察が詳しい経緯を調べているとのことだ。

    ■ネットでは「違和感しかない」の声

    今回の報道を受け、「Yahoo! ニュース」では、「違和感しかない」といったコメントが続出。インターネットで知り合った少女と一緒にいた少年に、「誘拐」の罪が課されることを疑問に思う人が多いようだった。

    「16歳の子がどうやって連れ回したの? 電車? 電車なら、いつでも中1の子は逃げることだってできるのに…。誘拐ってわけじゃないんじゃない? インターネットで知り合ってるんだから…なんか違和感あるな~」

    「普通のカップルじゃん」

    「どっちも未成年じゃん。ただ、子供同士がネットで知り合って、共通の知人に会いに行っただけじゃないの?」

    「未成年者同士だと違和感あるな。SNSで出会って実際に会って、そのまま遊んでた遊んでたところを親が訴えた可能性があるね」

    ■「誘拐の線引きが難しい」との声も

    また、年齢の近い2人が一緒にいたことが「誘拐」とされたことに対し、「誘拐になる線引きが難しい」といった声も見られる。

    「16歳の少年が会社員ではなく学生だったら、何か変わりましたか?」

    「なんか詳細がよくわからないけど、女の子に性的暴行とか被害はあったのかな? なければ、誘拐ではなく泊まりで遊びに行っただけ? この手の法律はよくわからん。家出した女の子を助けてあげても、一方的に女の子が被害者となって捕まるんでしょ? うーん」

    「児童と一緒に行動したら誘拐か…。寝泊まりも問題なんだろうな。怖いね」

    「簡単に逮捕される世の中…」

    少女を連れ回したとして、16歳の少年が誘拐の容疑で逮捕された今回の事件。もしも少女に何らかの被害があったのであれば、それが許されないのは当然のことだ。

    しかし2人の少年少女が、ただ行動を共にしていただけなのであれば、「誘拐」とされることに違和感を覚える人が多いようだった。

    ・合わせて読みたい→わざと財布落とし女児誘拐 善意を利用した行為に「鬼畜すぎる」と憤怒

    (文/しらべぇ編集部・音無 まりも

    16歳の少年が中1の少女を誘拐で逮捕 「ひと夏のカップル」に悲しみの声相次ぐ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【16歳の少年が中1の少女を誘拐で逮捕・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ