グルっと速報

トレンド、芸能ニュースや
アイドル画像まとめ、面白ニュース
女優、俳優、お笑い芸人情報などを幅広く更新です!

    タグ:自殺



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/13(火) 19:17:38.97 ID:CAP_USER9.net

    3月に自*た農業アイドル「愛の葉Girls」の元メンバー、大本萌景(おおもと・ほのか、16=当時)さんの母、大本幸栄さんが7日、ツイッターを更新。
    「今日は水曜日…あの日と同じ…あの日は息をしていない萌景の側にいるのが辛かった…」と悲痛な心境を明かした。

    萌景さんが自ら命を絶ったのは3月21日の水曜日だった。

    幸栄さんは同じ水曜日の10月31日にも「今日はあの日から32回目の水曜日…お天気悪いねぇ。萌景…何しよる?萌…会いたいね。。。」とツイートしており、水曜日が来るたびにカウントを続けていることを示唆した。

    また、納骨に対してもまだ前向きになれていない思いを告白。

    「今はお墓はあるが御骨が私の側から無くなるのが怖い…納骨をすれば萌景の身体は完全に私の傍からは無くなる…納骨できるタイミングが見つからない…手放せない」と迷える胸中をつづった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15558940/
    2018年11月7日 11時11分 東スポWeb


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】自殺した農ドル・大本萌景さんの母が悲痛ツイート「納骨できるタイミングが見つからない」】の続きを読む


    大本萌景さんを自殺に追い込んだ暴言…松本人志の発言が波紋


    NO.7004875 2018/10/16 20:58
    大本萌景さんを自殺に追い込んだ暴言…松本人志の発言が波紋
    大本萌景さんを自殺に追い込んだ暴言…松本人志の発言が波紋
    「亡くなる当日の朝、萌景は“社長に会うのが怖い”と言っていたんです」

    愛媛県松山市を中心に活動するご当地アイドル『愛の葉Girls』のメンバーだった大本萌景さんが、自宅で自殺したのは’18年3月21日のこと。

    所属事務所による過重労働やパワハラが原因だとして、10月12日に母の幸栄さんは、娘の所属先だった『Hプロジェクト』などに9200万円の損害賠償を求める訴訟を松山地裁に起こした。

    萌景さんがオーディションを受け、Hプロジェクト所属のアイドルになったのは中学2年生だった’15年7月のこと。

    その後、’16年7月にレギュラーメンバーに昇格すると、活動は多忙を極める。

    「1日4、5時間のレッスンが週4回。終わるのが深夜12時近くになることもありました。そのほかにイベントなどがあるんです。’17年4月から通信制の高校に進学すると、平日のイベントにはほとんど出させられ、自宅からの往復時間を入れると11時間から13時間は拘束されていました」(以下、幸栄さん)
     
    あまりの多忙さに、火曜と日曜の週2回の登校さえも支障をきたしていた。

    大学進学へ向けて勉強もしていた萌景さんは、アイドル活動は辞めることを決意する。

    「’17年6月に佐々木貴浩社長へ、萌景は辞めると言いに行ったんです。ですが、帰ってきたらいきなり“来年から全日制高校に行く”と。しかも、社長から転学する資金の援助も約束してくれたので、親には迷惑はかけないと。“辞める話はどうなったの?”って聞いたら、彼女は“社長に丸めこまれた”って」

    保護者に何の相談もなく、娘に転校をすすめる事務所に不信感は募ったという。

    「彼女が“辞めたい”とか“休みたい”とか事務所に話すと、かなりキツい言葉がスタッフから投げつけられたんです。萌景の『LINE』に残っていたのですが、それを見たのは彼女が亡くなったあとです。あまりにひどい内容だったので、見つけたときは言葉が出ませんでした……」

    遺された携帯には、’17年8月30日に脱退したい旨を社長に伝えたあと、スタッフから《次また寝ぼけた事言いだしたらマジでブン殴る》と。

    同年10月4日には学校へ行くため休日が欲しいと言うと、《お前の感想はいらん》 《学校の判断と親御さんの判断の結果をそれぞれ教えろ》という高圧的なLINEのやりとりがあった。

    「昨年1月には萌景が佐々木社長と電話で話しているとき泣いている娘に対し“おまえ誰にものを言いよるんかわかっとるんか! おおおお!!”と大声で言われている声を聞いてしまったんです」

    一見、華やかそうに見えるアイドル活動だが、ウラでは大人からのパワハラが日常的に行われていたのだろう。

    10月11日に行われた会見では、“奴隷契約”とも思える内容が一部明らかにされた。

    ■情報漏洩は50〜100万円の罰金
    例えば罰金制度があり、遅刻・忘れ物は1回5000円。

    陰口は1回1万〜5万円。

    スキャンダルは50万円以上で、情報漏洩(口外禁止条項)には50万〜100万円と記載されている。

    活動の報酬が月平均3万5000円ほどの少女たちにとって、それがどれほど精神的プレッシャーになっていたか、容易に想像がつく。

    「今年1月から萌景はスタッフからの推薦でリーダーになりました。グッズなどの売り上げがよかったのが娘だったのです。ですが2月ごろから“リーダーになるんじゃなかった”と頻繁に泣きながら話すようになりました。精神的に追い詰められ、不信感が募っていた萌景は“本気で辞める”と決意していたので、私は契約満了になる’19年8月31日をもって契約更新しない旨を3月17日に伝えたのです」

    すると、事務所は萌景さんと結んでいたはずの約束を反故にする。

    「2月に約束どおり全日制高校へ転学するための入学金3万円と制服・カバン代6万6000円は、事務所から借りることができました。
    新入生招集日である3月21日までにあと12万円が必要なので、萌景と私で20日に事務所へ借りにいったのですが拒否されたのです。
    娘は“契約満了まで頑張ります。そのあとは働いてお金を返します”と話しましたが、無視されました。萌景はよほどショックだったのか、しばらく立ち上がることができませんでした」

    祖父が運転する車で幸栄さんと帰宅した萌景さんは、終始無言だったという。

    その夜は友人宅に宿泊。

    そして、翌21日の午後1時40分ごろ、自宅で変わり果てた娘の姿を目撃することになる。

    「まさかって……。見つけたときはびっくりしすぎて涙が出ないんです。夢か現実かもわからない。とにかく心臓マッサージに必死でした。“萌景が首つっとる!!”って叫んだのだけは覚えています」

    亡くなる前日に宿泊した友人とその母親から、通夜の日に衝撃的な事実を知らされる。

    「20日の晩、萌景は30分ほど佐々木社長と電話で話していたんです。21日の朝、車の中で友人に“私は何も悪いことをしていないのに謝らされた”“社長から1億円払えって言われた”と話していたことを教えてくれたのです。それを聞いて、亡くなった日に“社長に会うのが怖い”と言っていた意味がわかったのです」

    だが、所属事務所社長の佐々木氏は、パワハラや“1億円払え”などの発言については否定している。

    それでも、幸栄さんは16歳の娘を失ったことで、後悔の念に駆られている。

    「昨年6月に通信制高校での単位が危なくなったので事務所に“辞める”って言いに行ったときに、ちゃんと辞めさせておけばと。自殺の兆候はまったくなかったんですよ。でも、亡くなる前日に事務所を出て数分後、私もいる車の中で“自殺”のことをスマホで検索していたことが後からわかったんです。そのときは涙が止まらなかった。何であのとき、私に話してくれなかったんだろうって……」

    家族を失った悲しみは日常と隣り合わせでやってくる。

    「夕食を考えるとき、今までは萌景を合わせて5人分用意するんですね。でも、亡くなってからは食事を作ろうって思うと“ひとり少ないんだ”っていつも気づかされて、涙がバーッってあふれてくるんです。佐々木社長にはとにかく真実を話してほしい。できることならば、今すぐにでも娘を返してほしいです……」

    母の慟哭が彼の胸に届く日は来るのだろうか─。

    ■松本人志の発言が波紋
    10月14日放送の「ワイドナショー」で松本は自殺について

    「正直言って理由なんて、ひとつじゃないと思うんですよ。いろんな複合的なことが重なって、許容範囲を超えちゃって、それこそ水がコップからあふれ出ていっちゃうんだと思うんです」

    と持論を展開。

    さらにこう発言した。

    「自殺者が出てこういうニュースを扱うときになかなか亡くなった人を責めづらい、責めれないよね。ついついかばってしまいがちなんだけど、やっぱり『死んだら負けや』っていうことをもっとみんなが言わないと」

    続けて「死んだら皆がかばってくれるっていうこの風潮がすごく嫌なんです」と明かし、「授業でも死んだら負けやぞっていうことをもっともっと教えていくべき」と訴えた。

    Twitterでは松本の意見について賛否が分かれている。

    賛成派はこう語っている。

    《「今、悩んでる君は死ぬなよ。死んだら終わりやぞ。負けるな」という意味だと思った》

    《そう言うことで「松ちゃんがそう言うなら」と自殺を思いとどまる人もいるし。それぞれ関わり方のスタンスがあるでしょうよ》

    《誰かに責任を取らせても生き返らない 責任の所在が明らかになっても》

    いっぽうで否定派は松本について「今回の件は話が違うのでは?」と指摘している。

    《生きたかったのに、心神耗弱で判断力を失って死を選んでしまったんだよ》

    《逃げてもいいから、死なないでって言うべきでしょ。自分の可愛い娘に置き換えてみたら?》

    《死にたいときに、本人が勝ちだとか負けだとか、考えられる状態じゃないと思う……。かばってほしいなんて本人は思ってないと思う》

    命が戻ることはない。

    ネットの反応
    ・だから死んでほしくないってことだろ 馬鹿なのか?
    ・逆説的な意味を理解できてないアホが多すぎるw
    ・自分の可愛い娘に置き換えてみても、死んだら負けやぞって思うわ
    ・自殺したあの子カワイソウじゃなくて 死ぬなよバカ! っていう意見はあってもいい
    ・自分の娘が同じ目にあったら殺しに行くよ、まっつんは。
    ・かばって欲しいから死ぬわけじゃないよ ラクになりたいから死ぬんだよ 負けでもいいよ 全然わかってない
    ・生きているのが楽しい人の発想
    ・大人の自殺はそうかもしれんが、この歳の子は別に勝ち負けで死なないだろ 大人の論理を適用するんじゃないよ、腹立たしい
    ・正論だろ 自殺するくらいなら相手を殺すべき
     >同意 それと相手を殺せないんなら自分も殺すな とも言いたい
    ・死んだ人は負け組っていう捉え方をしてる人が多いことに驚いた。
    ・「死んだら負け」の捉え方の違いだよな
    【日時】2018年10月16日
    【提供】gossip!


    【大本萌景さんを自殺に追い込んだ暴言…松本人志の発言が波紋】の続きを読む



    (出典 dot.asahi.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/12(金) 19:48:09.35 ID:CAP_USER9.net

    愛媛県のご当地アイドル「愛の葉Girls(えのはがーるず)」のリーダー大本萌景(ほのか)さん(16歳)が3月(2018年)に自*、
    その原因について、遺族はきのう11日(2018年10月)に会見を開き、「パワハラと長時間労働があった」と訴えた。

    遺族は所属事務所の佐々木貴浩社長らに9268万円の賠償金を求めて、松山地裁に提訴した。

    「辞めるなら1億円払え」
    「愛の葉Girls」は2012年12月に結成された愛媛県のご当地アイドルで、「歌って踊って耕す」を売り物にしていた。
    ステージ活動だけでなく、愛媛の農作物のPRや物販、耕作放棄地を使った農作業を行っていた。

    萌景さんは3年前に研修生となり、16年7月からレギュラーメンバーに昇格し、今年1月にリーダーになった。
    アイドル活動を続けるため、高校は通信制に入学し、通学は火曜日と日曜日だったが、イベントは日曜日に集中するため、学業との両立が困難になっていた。
    社長に「アイドルを辞めたい」と申し出ると、「辞めるなら1億円の違約金を払え」と要求されたこという。

    愛の葉Girlsとしての活動は多忙で、早い日は朝4時半に集合、翌日の午前2時までつづくこともあった。
    週3回のレッスンもあり、拘束時間は平均して1日12時間を超えていたという。

    月給は3万5000円(研修生はなし)と安く、規則に違反すると重いペナルティも課せられた。
    遅刻や忘れ物をすると1回5000円、禁止されている陰口をすると1~3万円、指定イベント欠席で1カ月の報酬を50%カットだ。

    親に不満しゃべっても罰金100万円
    長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「たとえ本人が望んでやっているとしても、
    未成年なのだから大人が考えてやらなければいけないのに、未成年者に稼がせている大人がいる。僕が親なら怒鳴りこみます」

    契約には、タレント活動やグループの情報について口外することを厳しく禁じる条項があって、
    情報漏えいすると50万円から100万円の罰金が貸せられるとされていた。このため、萌景さんは母親や友人に悩みを相談できなかった。

    玉川徹(テレビ朝日解説委員)「報酬3万5000円はありえないですよ。搾取だよ」

    ゲストコメンテーターの菅俊治・弁護士は、「中学生の場合は学校に行く時間と活動を合わせて8時間と決まっています。1日平均12時間は明らかに違法です」と指摘した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15434846/
    2018年10月12日 15時10分 J-CASTテレビウォッチ

    前スレ                      2018/10/12(金) 16:18
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539328721/ 


    【【芸能】地方アイドル自殺!所属事務所の目に余る搾取―連日12時間働かせて月給3万5000円 遅刻や忘れ物をすると1回5000円】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 @くコ:彡 ★ :2018/10/14(日) 13:45:11.08

    ・「ブルーマンデー」本物だった 中高年の自殺は月曜朝に急増 早稲田大

     週末が終わって、あすから1週間が始まると思うと、日曜日の夜から憂鬱な気分が始まり、月曜日の朝には足取りが重くなる状態を「ブルーマンデー(憂鬱な月曜日)」という。90万人の自殺者を調べた早稲田大学などのグループは、中高年男性の自殺が月曜日の朝に集中していることを突き止めた。日本経済が悪化した1990年代後半に顕著な傾向だという。

     世界保健機関(WHO)の2014年の報告によると、全世界では毎年、80万人もの人々が自ら命を断っており、なかでも日本の自殺死亡率は他の先進国と比べて高い水準にとどまっている。自殺で亡くなる人を一人でも減らすことが社会全体の課題となっており、相談体制の充実や見守りの強化が必要とされるが、自殺がいつ発生するかについて体系的な研究はなかった。

     早稲田大の上田路子准教授や大阪大大学院の松林哲也准教授らのグループは、1974年から2014年までの41年間に日本国内で自*た20歳以上の日本人のうち、死亡時刻が記録されている87万3268人について、死亡時刻・曜日を性別・年齢別に集計して分析を行った。

     その結果、40~65歳までの中高年男性の場合、朝4時から7時59分までの間に自殺で亡くなる人が一番多く、特に日本経済が悪化した1990年代後半以降。月曜日の朝に自殺者の大きなピークがあることがわかった。

     1995年から2014年のデータを分析したところ、40~65歳の男性が月曜日に自殺で死亡する頻度は、土曜日に比べると1.55倍。出勤前の時間帯に自*る頻度は、午後8時以降に比べると1.57倍の開きがあった。

     さらに若い20~39歳の男性でも同じ傾向がみられ、1995年以降は朝の通勤時間帯、とくに月曜日の朝に集中する傾向が強かったという。

     ただし1994年以前の場合は、どの年齢の男性でも出勤前に自殺が集中する傾向は認められなかったことから、経済状況が悪化し、失業率が上昇するにつれて、朝の通勤時間帯に勤労世代が死亡する割合が増加する傾向が明らかになった。同時間帯の中高年男性の自殺手段を見ると、首吊りやガス中毒が多く、出勤前に自宅で亡くなるケースが多いという。

     一方、1994年以前に発生した20~39歳までの男性の場合は、日付が変わる深夜12時前後に集中するケースが目立つ反面、66歳以上の高齢男性の場合は、若年・中高年男性とはまったく異なり、昼の正午ごろに自殺で亡くなるケースが多かった。女性の場合は全年齢層で高齢男性と同じように、昼の比較的速い時間帯で自殺*るケースが多いことが明らかになった。

     「いのちの電話」などの自殺予防を目的した電話サービスは、夕方から深夜にかけて相談を受けるところが多いが、研究グループは今回の分析結果を受けて、「夜の時間帯より、むしろ早朝から通勤時間帯にかけて相談体制を充実させる必要がある」と指摘している。

     また、高齢男性や女性については、仕事などで家族が家を出払っている間に自傷行為に及ぶ可能性が考えられるため、リスク要因を抱える高齢者や主婦などは昼間にひとりにならないよう、家族や地域社会のサポート体制を強化することが大切だと話している。

     上田准教授と松林准教授のグループはこれまでに、日本では夏休み明けに学生や生徒の自殺が多いことや、自身の誕生日に自ら命を絶つ人が多いことを明らかにしてきたが、自殺が多発する時間帯については、国内外を問わず体系的な研究がなされてこなかった。今回の研究成果は、来年1月、国際情緒障害学会が発行する『Journal of Affective Disorders』 「 https://www.jad-journal.com 」に論文が掲載される予定だ。

    (年齢グループ別自殺者数(男性)/日本経済が悪化した1995年以降、中高年男性が月曜日の朝に自殺*る頻度が高いことが明らかになった(破線は深夜12時を示す))

    (出典 sp.hazardlab.jp)

    (失業率と朝4時から8時までに発生した自殺の割合(早稲田大))

    (出典 sp.hazardlab.jp)


     2018年10月14日 07時00分 ハザードラボ
    https://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/6/26823.html


    【【研究】「ブルーマンデー」本物だった 中高年の自殺は月曜朝に急増【早稲田大】】の続きを読む


    愛の葉Girls(えのはがーるず)は、2012年12月3日にデビューした愛媛県松山市を拠点に活動する日本のアイドルグループ。日本の美味しい「食」、日本の安全な「食」を推進する『農業アイドル』。実際に自分たちの農園をホームグランドにして農業の魅力を感じ、「農家後継者不足」の解消に努めている。
    36キロバイト (3,986 語) - 2018年10月12日 (金) 02:00



    (出典 geitopi.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/12(金) 07:07:09.23 ID:CAP_USER9.net

    愛媛県松山市を中心に活動する農業アイドル「愛の葉Girls(えのはがーるず)」のメンバーだった大本萌景(ほのか)さん(当時16)が自*たのは、
    パワハラや過重労働が原因だとして、遺族が当時の所属事務所などを相手どり、約9268万円の損害賠償を求めて松山地裁に提訴する。

    東京都内で開いた記者会見に参加した母幸栄さんと姉可穂さんは「ただただ真実を知りたい」「妹は稼ぎの道具だったのか」と訴えた。

    ●休日を希望すると「お前の感想はいらん」

    訴状などによると、萌景さんは中学2年の時に「自分をいじめている友達を見返したい」とオーディションを受け、
    2015年7月に農業生産法人「hプロジェクト」と専属マネジメント契約を締結。
    同社所属の「愛の葉Girls」のメンバーとして活動を始めた。

    1年間無給で研修生として活動したあと、2016年8月からはレギュラーメンバーに昇格。
    土日を中心にライブイベントを行なっていたが、早い時には午前4時半に集合し、解散は翌日の午前2時ごろになるなど長時間拘束されることも多くあったという。

    2017年4月からは通信制の県立高校に通ったが、平日もイベントに駆り出され、休みの日がほとんどなかった。
    そんな中、スタッフに脱退したい旨を伝えると、LINEで「次また寝ぼけた事言いだしたらマジでブン殴る」と返され、休日を希望すると「お前の感想はいらん」
    「その理由によって、今後事務所はお前の出演計画を考えにゃならん。そこまで考えて物を言え」などと返信されるなど、スタッフによるパワハラもあったと主張している。

    17年6月ごろには「日曜のイベントに出られる」という理由から、社長から全日制の高校進学を勧められた。
    その際、進学費用は会社側が工面すると聞かされ、萌景さんもそのつもりで進学を期待していたが、高校に納付する前日になって貸付を拒否されたという。

    萌景さんは貸付を拒否された翌日の3月21日に自ら命を絶った。
    友人には「グループを辞めるのであれば1億円支払えと言われた」と打ち明けており、遺族側は「貸付の拒否は、8月ごろから脱退したい旨を伝えていた意趣返しだ」と主張している。

    ●メンバーは家族への相談禁止

    「愛の葉Girls」ではメンバーが家族に相談したりメンバーの保護者同士が相談したりすることは禁止されていた。
    萌景さんは2018年1月にリーダーに就任してから、母の幸栄さんに対して度々「もう辛い」「やめたい」とLINEしていたが、何があったか尋ねても具体的には教えてくれなかったという。

    萌景さんの死後、幸栄さんが社長に責任を感じるか尋ねたところ「責任考えたことないですね」と言われたという。
    幸栄さんは「娘がなぜ社長をあそこまで信頼していたのかがわからなくなりました」と涙した。

    ●地下アイドル、相談相次ぐ

    アイドルの労働問題に取り組む安井飛鳥弁護士によると、最近はテレビなどのメディアに出演せず、
    ライブハウスや地方での活動を中心とする「地下アイドル」が増えているが、その契約の特殊性から相談も相次いでいるという。

    多くの場合、アイドルなど芸能人は芸能事務所との間で「専属マネジメント契約」を締結する。
    しかし、一般的に事業主間の契約であるため、一般企業で労使関係を結ぶ労働関係とは異なり、原則として労基法や労働法令が適用外だ。

    安井弁護士はこうした事情から「アイドルの場合は事後的な救済が主で、労働者への安全配慮が働きにくい」と指摘。
    「契約実態に照らして法令の適用判断がなされるため、専属マネジメント契約でも労働者性が認められる事例は多くある。
    今回の事例もそうだと考えている」と話した。

    「愛の葉Girls」は2012年3月、タレント育成などを行う「hプロジェクト株式会社」から日本の農業の魅力を伝える「農業発信ガールズユニット」としてデビュー。
    18年3月に活動を自粛すると発表した。
    18年6月1日からイベント会社「株式会社フィールド愛の和」に事業譲渡され、活動を再開している。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15431060/
    2018年10月11日 18時37分 弁護士ドットコム


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    (出典 endia.net)


    (出典 resuponsu240.com)


    (出典 bunshun.jp)


    【【芸能】「妹は稼ぎの道具だったのか」16歳で自殺した農業アイドル、遺族が提訴前に会見】の続きを読む


    「脱退するなら1億円払え」アイドル自殺、社長からパワハラか
    「脱退するなら1億円払え」アイドル自殺、社長からパワハラか  livedoor
    (出典:livedoor)


    愛の葉Girls(えのはがーるず)は、2012年12月3日にデビューした愛媛県松山市を拠点に活動する日本のアイドルグループ。日本の美味しい「食」、日本の安全な「食」を推進する『農業アイドル』。実際に自分たちの農園をホームグランドにして農業の魅力を感じ、「農家後継者不足」の解消に努めている。
    36キロバイト (3,948 語) - 2018年10月11日 (木) 04:29



    (出典 gotouchiidol-lab.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/11(木) 07:30:37.52 ID:CAP_USER9.net

    松山市を拠点とするアイドルグループで活動していた16歳の少女が自*たのは、不適切な労働環境やパワハラ行為などが原因として、
    遺族が12日、同市の所属会社などに計9200万円余りの損害賠償を求める訴えを松山地裁に起こす。

    遺族側によると、同市の大本萌景(ほのか)さんは中学2年だった2015年7月以降、イベントなどを手がける所属会社と契約。
    アイドルグループ「愛(え)の葉(は)Girls(ガールズ)」のメンバーとして、愛媛県を中心に農作物の物販イベントやライブなどに出ていたが、今年3月に自宅で自*た。遺書などはなかったという。

    遺族側は、会社側が大本さんが未成年なのに配慮せず、イベントでは早朝から深夜まで拘束する過密なスケジュールで働かせ、学業よりも仕事を優先するよう強要したと指摘。
    グループを辞めたいと伝えた際には「次また寝ぼけた事言い出したらマジでブン殴る」というメッセージをLINE(ライン)で送るなど、パワハラ行為も重ねたと訴えている。

    そのうえで、通信制高校から全日制高校への転学費用を貸し付けるとの約束も会社側が実行せず、就学の機会を失った大本さんが強い喪失感を抱いたなどと主張。
    これらの会社側の一連の行為が自殺の原因になったとしている。
    一方、会社側は10日夕、取材に「代表取締役が順次対応する予定だが、連絡が取れないのでお答えできない」とした。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15426929/
    2018年10月11日 5時7分 朝日新聞デジタル


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 i0.wp.com)


    (出典 i0.wp.com)


    (出典 i.ytimg.com)


    【【芸能】「地方アイドル」の16歳自殺、遺族が所属会社提訴へ】の続きを読む

    このページのトップヘ