グルっと速報

トレンド、芸能ニュースや
アイドル画像まとめ、面白ニュース
女優、俳優、お笑い芸人情報などを幅広く更新です!

    タグ:東京五輪


    ビートたけし (北野武からのリダイレクト)
    ビートたけし(1947年1月18日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優である。本名:北野 (きたの たけし)。東京都足立区島根出身。 タモリ、明石家さんまと共に、日本のお笑いBIG3の一角を担う。日本国外では本名北野 で、映画監督として知られる。 1980年代初頭に起こった漫才ブームの中で社会風刺
    163キロバイト (21,444 語) - 2018年11月20日 (火) 11:53



    (出典 static.blogos.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/11/23(金) 08:08:44.99 ID:CAP_USER9.net

     やや肌寒いとある夜の9時過ぎ、成田空港の到着ロビーに大きなマスクを着けたショートヘアの女性が姿を現した。ビートたけし(71)の愛人、A子さんである。ほどなくしてたけしが現れる。仕事を終え、この日、韓国から帰国したのだ。

     人目を気にしているのか、二人は数mの距離を取りながら歩いていく。そのまま迎えに来ていた車に乗り込むと、等々力(世田谷区)にある二人の愛の巣へと帰っていった――。

     仕事先が海外でも、常にたけしと行動を共にする18歳下の女性、A子さん。今年3月、たけしが『オフィス北野』から独立し、彼女と二人で設立した新事務所『T.Nゴン』の所属となったことは記憶に新しい。独立騒動から約8ヵ月、今、この『オフィス北野』は“空中分解“の危機に陥っている。

     まず、11月末にも森昌行社長(65)が『オフィス北野』を退社することが明らかになった。後任は、たけし軍団のつまみ枝豆(60)が務めるというのだが……。

    「枝豆さんはタレントをやりながら社長を務めるため、森社長ほど経営に力を入れることはできないでしょう。そのうえ、これまでたけしさんの活躍に『おんぶに抱っこ』状態だった事務所スタッフは、総じて仕事を取ってくる能力に欠けている。会社が立ち行かなくなるのも時間の問題です」(芸能リポーター・城下尊之氏)

     一方、愛人・A子さんと共に新事務所『T.Nゴン』を立ち上げたたけしだが、独立して以降はA子さんに振り回され、もはやかつてのようなオーラはなくなってしまったという。

    「今のたけしは、まさに“裸の王様“。新事務所の運営からプライベートに至るまで、すべてA子さんの言いなりになってばかりで、彼女以外の人の意見には耳を貸さなくなってしまった。軍団の面々はもちろん、周囲の者は誰も、彼をいさめることができません」(芸能プロ関係者)

     いまやたけしに代わって事務所を切り盛りするA子さんだが、時に強い口調で軍団の芸人たちを叱責することもあり、彼らとの間に軋轢が生じている。先日、芸能活動休止を発表した『浅草キッド』の水道橋博士(56)もその一人だという。

    「博士は体調不良による芸能活動休止を発表しましたが、その原因の一つはA子さんなのです。もともと、たけしは博士を非常に可愛がっていて、頻繁に自宅に呼んでいました。しかし、『たけしに関わる人にはキツく当たる』と評判のA子さんは、ことあるごとに博士にパワハラまがいの言動を繰り返し、その心労で博士は参ってしまったんです」(芸能記者)

     さすがにたけしも、愛弟子の過労による活動休止には、胸を痛めているに違いない。だが、実はたけし自身、最近は私生活でも仕事でも誤算続きなのだという。

    「もともとたけしの給料は、妻・幹子さんが代表を務める『北野アツシエーション』と長男が代表を務める『北野企画』に振り込まれていました。しかし、’17年4月からはA子さんがたけしの給料を管理するようになり、家族にはカネがまったく入らなくなった。これが原因で、一時はたけしとの離婚に応じようとしていた幹子さんも、態度を硬化させてしまった。さらに先日、東京五輪の公式記録映画監督が河瀬直美(49)に決まりましたが、これがたけしにとって最大の誤算でした。五輪の記録映画監督就任は、71歳になった『世界のキタノ』の“人生最後の夢“でしたから。この二つの誤算によるダブルパンチで、いまの彼はすっかり弱気になっています」(前出・芸能記者)

     愛人に振り回され、夢にも破れたたけし。早く目を覚まし、かつてのような“天才たけし“に戻ってほしいものだ。


    11/23(金) 7:03配信 FRIDAY
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181123-00010002-friday-ent

    (出典 res.cloudinary.com)


    【【芸能】ビートたけし 東京五輪から外され「人生最後の夢」破れる!】の続きを読む


    滝川 クリステル(たきがわ クリステル、Christel Takigawa、1977年10月1日 - )はフリーアナウンサー、動物愛護生物保全活動家。本名は滝川 ラルドゥ・クリステル雅美 (Takigawa Lardux Christel Masami) 。身長160cm、血液型AB型。
    24キロバイト (3,022 語) - 2018年10月14日 (日) 11:06



    (出典 th82.xsrv.jp)



    1 ひかり ★ :2018/11/06(火) 21:22:23.51 ID:CAP_USER9.net

     フリーアナウンサーの滝川クリステル(41)が、メーンMCを務める6日放送のTBS系「教えてもらう前と後 池上彰が選んだ2018年~15枚の決定的瞬間~」(後7時)で、
    2013年のIOC総会で東京五輪招致の「おもてなし」プレゼンテーションをした際に、心ない人からの発言に悩まされたことを明かした。

     ジャーナリストの池上彰氏(68)が、今年を象徴する15のシーンを挙げて、いち早く1年を振り返る番組。9月の全米オープンで日本勢男女通じ初の4大大会シングルス制覇を果たした
    大坂なおみ(21)について、「日本人なのか」という声が一部であったことを伝え、「日本人特有の外国人差別を打ち破るきっかけになれば」と紹介した。

     大坂はハイチ出身のアメリカ人と、日本人の母を持つ日本国籍の日本人。しかし「日本人初のグランドスラム制覇」に疑問の声があったのだという。これを聞いた滝川は「私も言われました。
    純粋な日本人でない人が日本の心を伝えるのは(いかがなものか)」という声があったことを明かした。

     滝川は13年9月、アルゼンチンで行われた20年夏季五輪を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会で、東京招致のプレゼンに参加。「お・も・て・な・し」と、日本人が持つ心を伝え、
    委員の心をつかんだ。フランス人の父と日本人の母を持ち、日本国籍を持つ日本人だが、「『おもてなし』の時に、半分半分と言うことで、疑問の声があった」と滝川。「(大坂と)同じ事ですよね」
    とさみしそうな表情をみせた。

     池上氏は、つい使ってしまいがちな「ハーフ」という言い方にも、半分みたいに聞こえるので問題と指摘。「ダブル」や「ミックス」という言い方が広まりつつあると紹介した。
    滝川は「私はずいぶん前から『ダブル』と言っています。やっと浸透してきた印象」と語ったが、これには番組で共演する「博多華丸・大吉」の2人がびっくり。「共演して1年くらいたつのに、
    『ハーフ』と言ってしまったことがあったと思う」とわびると、滝川は「(これから)変わってくれれば大丈夫」と笑顔で返した。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00000147-sph-ent


    【【芸能】滝川クリステル、悩んでいた「おもてなし」の時の心ない声】の続きを読む



    (出典 blog.karasuneko.com)



    1 ばーど ★ :2018/10/19(金) 09:53:40.48

    「国家総動員」とも揶揄されている東京五輪。組織委員会は10月17日、8万人を見込む大会ボランティアに目標の過半数となる約4万7000人が応募を完了したと明らかにした。

    報道によれば、必要な作業を終えていないものの、登録手続きを行った人を含めると約8万5000人にもなったといい、武藤敏郎事務総長は「不足する事態になるとは思っていない」とコメントした。

    ネット上ではかねてから東京五輪のボランティア募集施策に批判が出ていたが、今回の相反する結果に、

    「なんだろう、この敗北感」
    「なんか本当に普通に集まっちゃうんだね」
    「やっぱ俺ら社会が全く見えてないわ。センスないわ。偉そうに他人批判して、叩いて、バカにした挙げ句この結果。何このピエロ感」

    など、敗北したと感じたコメントが相次いだ。こうした声について、ITジャーナリストの井上トシユキさんは、世代間で差があるとした上で、

    「ネット民の中には、公式エンブレム撤回で『成功体験』を得たため、ショックが大きかった人が少なくなかったのでは」

    と指摘する。

    「50代の東京五輪前後生まれの人の中は『自分も役に立ちたい』という人が多い」

    そもそも井上さんの周囲では50代以上の人がボランティアに多数応募していたという。60代以上の人は退職していたり、嘱託として働いていたりするため「時間や金銭的な余裕がある人が多い」とコメント。

    「私は50代なのですが、同世代の人からもよく『応募した』という声を聞きます。この世代は1964年の東京五輪前後に生まれていて、当然のことですが当時のことは記憶にないんですね。そのため参加したい、役に立たねばと感じている人が多いです」

    50代以降は子どもが独立している人も多く、「地方在住者でも交通費や滞在費を負担だと感じる人は少ない」という。また子どもが首都圏在住の場合、そこに滞在するという人も少なくはないようだ。

    一方、五輪開催についてネットで否定的な声を挙げている人は若い世代が多いとみる。SNS利用者は若い世代が多いため、ネットとリアルで乖離が見られたのもあるが、敗北感が広がった背景として、井上さんは五輪公式エンブレム撤回騒動を挙げた。

    ■「サノケン盗作疑惑で『証拠集め』をして大勝利を味わった人も」

    2015年7月、佐野研二郎さんのデザイン案が公式エンブレムに選出された。しかし盗作疑惑が持ち上がり、ネットは炎上。佐野さんは盗作を否定しているが、あまりにも誹謗中傷が多いことなどから、同年9月にエンブレムを取り下げた。

    「盗作疑惑が出たとき、ネット民の中には熱心にエンブレムの『パクリ元』を探し、検証する人もいました。最終的にエンブレムを撤回し、『証拠集め』をしていた人としては『大勝利』と感じた人も少なくありませんでした」

    今回のボランティアについても、批判殺到で応募者が集まらなかったり、有償が無償になったりといった「大勝利」を期待していたネット民が多かったが、結果的に外れたために愕然としているのではないか、というのだ。

    「エンブレムでの成功体験があった分、ひっくり返らなかったという衝撃が大きかったのではないでしょうか」

    ネットだけが現実ではない、ということを忘れてはいけないということだろう。

    2018年10月18日 19時1分 キャリコネニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/15464146/

    ★1が立った時間 2018/10/18(木) 21:35:25.12
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539905054/


    【【東京五輪】ボランティア応募8万人超にネット民「なんだろう、この敗北感」 ネット世論はなぜリアルと乖離したのか】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 ばーど ★ :2018/10/17(水) 17:52:30.37

    2020年東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会は17日、大会ボランティアへの応募人数が同日昼時点で約4万7000人になったと発表した。武藤敏郎事務総長が日本記者クラブで行った会見で開かした。ホームページでの事前登録者は約8万5000人となった。大会ボランティアの募集人数は8万人。

    インターネット上などでは拘束時間が長い、酷暑での労働に報酬を払うべきだなどと批判の声が相次いでいたが、9月26日の募集開始から約3週間で、事前登録者が募集人員を上回った。

    10/17(水) 15:56
    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00364417-nksports-soci


    【【東京五輪】ボランティアの事前登録者が募集人員超える 募集8万人に対して、約8万5000人が登録】の続きを読む



    (出典 foreverwork.com)



    1 俺の名は ★ :2018/10/12(金) 21:14:37.48

     2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は12日、9月から応募が始まっている大会ボランティアについて「参加してくれた人にメダルを記念に渡せるよう調整している」と話した。東京都内の講演会で話した。大会組織委によると、メダルを含め、感謝の意を示すものを検討しているという。

     東京大会の大会ボランティアについては、日当や宿泊費は出されず、近郊交通費相当として1日千円のプリペイドカードと食事が支給されることになっている。

     1964年東京大会では運営を手伝ったスタッフらに、大会エンブレムがデザインされた布が贈られた。98年長野五輪ではボランティアに参加証が渡された。

    朝日新聞 2018年10月12日19時34分
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASLBD5Q81LBDULZU00Q.html


    【【東京五輪】大会ボランティアに感謝のメダル支給案 前回は布】の続きを読む



    (出典 auctions.c.yimg.jp)



    1 muffin ★ :2018/10/07(日) 11:17:34.57 ID:CAP_USER9.net

    10/7(日) 4:00配信
    スポーツ報知
    ジャニー喜多川社長、史上最大40人グループ構想…東京五輪2020年へJr.メンバーで結成

     ジャニーズ事務所が、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けてJr.メンバーによるユニット「トゥエンティー・トゥエンティー」結成プロジェクトを本格化させることが6日、分かった。ジャニー喜多川社長(86)が、事務所第1号アイドルの軌跡をたどった舞台「ジャニーズ伝説」(7~29日、日生劇場)の公開稽古前にスポーツ報知などの取材に応じて明かした。


     舞台開幕2日前、ジャニー氏の一声で9人のJr.が集められた。この日から全体稽古に参加し、急きょ劇中に「5忍者」を含めたJr.だけのシーンも盛り込まれた。その9人を最初の“候補生”に年内に計20人、来年以降にさらに20人を加え、最終的に同事務所で過去最大の40人組とするという。

     「―伝説」は事務所第1号グループの実話舞台。ジャニー氏は当時から4人を米留学させるなど、海外に目を向けてきた。今回のプロジェクトは東京五輪パラ開催が決まった13年から構想を練ってきた。「今は昔より才能のある子たちが多い。世界に通用するグループを作りたい」。大会期間中に同ユニットだけの舞台を上演して海外に向けてアピールをしていく考えだ。

     ジャニー氏の力の入りようは、舞台座長の「A.B.C―Z」も感じている。開幕直前にJr.が加わったことに、河合郁人(30)は「久々に『ユー、やっちゃいなよ』というのを見ました」と熱に触れ、橋本良亮(25)も「ジャニーさんが『(今作を)早く見たい、見たい』と。プレッシャーですよね」と2日間の稽古で舞台に臨む後輩の奮闘を刺激にした。

     ユニット名称の正式表記などは、報道陣に「みなさんで考えていただきたい」と笑った。「絶対成功します。やってみせますよ、必ず」とジャニー氏。“初代”の誕生から半世紀以上たっても、スター育成にかける情熱は衰え知らずだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00010000-spht-ent

    ★1が立った日時:2018/10/07(日) 04:27:50.54
    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1538854070/


    【【芸能】ジャニー喜多川社長、史上最大40人グループ構想…東京五輪2020年へJr. メンバーで結成「トゥエンティー・トゥエンティー」】の続きを読む



    (出典 www.tohoku.meti.go.jp)



    1 記憶たどり。 ★ :2018/10/05(金) 15:28:11.93

    https://www.daily.co.jp/general/2018/10/05/0011704756.shtml

    20年東京五輪・パラリンピック組織委員会は5日、先月26日に募集を開始した大会ボランティアの10日間での応募状況を発表した。
    募集人数8万人のうち、この10日間(5日10時時点)で3万1982人が応募完了。ボランティアページ登録者は6万1826人になっているという。

    募集の締切は12月上旬。待遇面を巡って、批判もある大会ボランティアだが、どこまで数字を伸ばせるか。


    【【五輪】東京五輪ボランティア、募集開始10日間で3万2000人登録。募集人数は8万人】の続きを読む



    (出典 west-magazine.com)



    1 孤高の旅人 ★ :2018/10/04(木) 18:30:29.45

    五輪経費6500億円、すでに国が支出 検査院指摘
    2018年10月4日17時08分
    https://www.asahi.com/articles/ASLB451QWLB4UTIL02G.html?iref=comtop_8_01

     2020年東京五輪・パラリンピックに関わる経費について会計検査院が調べたところ、大会組織委員会が最新の予算として示している1兆3500億円以外に、約6500億円が既に国から支出されていたことがわかった。開催までにさらに費用は膨らむ見通しで、検査院は4日、内閣官房の大会推進本部事務局に対し、速やかに全体を把握して公表するよう指摘した。

     組織委が17年12月に公表した大会の予算総額は、約1兆3500億円。組織委と東京都が約6千億円ずつを負担するほか、新国立競技場の建設費用とパラリンピック開催準備費用を合わせた計約1500億円を国が受け持つとされている。
     一方、検査院が各省庁の大会関連予算を調べて集計したところ、既に約8011億円が支出されていたことがわかった。組織委が公表している国の負担分1500億円以外にも、競技場周辺の道路輸送インフラの整備(国土交通省)やセキュリティー対策(警察庁)、熱中症に関する普及啓発(環境省)など計約70項目に対し、約6500億円が使われていた。
     大会費用をめぐっては、東京都…

    残り:371文字/全文:815文字


    【【東京五輪】五輪経費6500億円、すでに国が支出 会計検査院指摘】の続きを読む

    このページのトップヘ