グルっと速報

トレンド、芸能ニュースや
アイドル画像まとめ、面白ニュース
女優、俳優、お笑い芸人情報などを幅広く更新です!

    タグ:日本テレビ



    (出典 www.crank-in.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/12(金) 08:15:55.13 ID:CAP_USER9.net

    女優の新垣結衣さん(30)と俳優の松田龍平さん(35)がW主演するドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系)の初回が放送され、視聴率のうえでも好調なスタートを切った。

    ドラマの中で新垣さんは仕事に奮戦するキャリアウーマンを演じており、ツイッターでは「仕事を頑張るガッキーに共感した!」といった好意的な反応が相次いだ。
    そんななか、「(新垣さんの)ビールを飲んでる姿が印象的だった」という声も相当数、上がっている。

    公表していた「ビール好き」

    2018年10月10日夜のドラマ初回では、冒頭部分を含め、複数回にわたってクラフトビールの専門店で、主人公を演じる、ガッキーの愛称で知られる新垣さんがビールを飲むシーンがあった。
    店主役の松尾貴史さん(58)がチョイスしたこだわりのクラフトビールを注がれた新垣さんが、表情をほころばせながらグラスを開けていくシーンが放送されるたびに、
    ネット上では「ビール飲んでる新垣結衣 刺さる」などのため息が漏れたほか、新垣さんがビールをおいしそうに飲む姿について、
    「想像しなかった方向」といった驚きの声も上がった。視聴率は11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と2ケタ発進となった。

    実は、新垣さんが「ビール党」であることは以前から一部で有名で、その点を喜ぶファンがいたことでも知られる。
    2017年公開の映画「ミックス」では、新垣さんが女優の広末涼子さん(38)にもたれかかりながらジョッキビールをあおるシーンがあり、その豪快さが注目されたほか、
    同年に出演した「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系、18年3月放送終了)のビール特集の放送回にゲスト出演した際には、ビール好きであることを明かした上で、
    麻婆茄子や唐揚げなど、ビールに合うつまみについて熱心に語る姿が放送され、その姿が評価されていた。

    翻って今回のドラマでは、多くの視聴者にビール好きであることが認知された新垣さん。
    前述のクラフトビールの専門店はドラマのストーリー上では新垣さんと松田さんが出会うシーンで使われるなど重要な箇所であることがうかがえるだけに、
    今後も新垣さんの飲み姿に期待する視聴者からの声は大きい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15429157/
    2018年10月11日 13時30分 J-CASTニュース


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 pbs.twimg.com)

    https://thatta.cli*/wp-content/uploads/2018/10/2018-10-05_003556-304x201.jpg


    【【芸能】ガッキーの「ビールの飲みっぷり」に注目 新ドラマで「おいしそう」「刺さる」】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/09(火) 21:45:10.43 ID:CAP_USER9.net

    「相棒」、「科捜研の女」(いずれもテレビ朝日系)、「下町ロケット」(TBS系)など人気シリーズものに加え、米倉涼子、有村架純、
    戸田恵梨香ら人気女優がこぞって登場するなど、今年は秋ドラマが「豊作の秋」を連想させる充実ぶりだ。

    中でも、芸能デスクが一押しするのはこの1本。

    「10月10日にスタートする『獣になれない私たち』(日本テレビ系)は主演を新垣結衣が務めるだけに話題性十分です。
    しかも、脚本を、あの一昨年秋の大ヒット作『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)でガッキーとタッグを組んだ野木亜紀子氏ということもあり、ブーム再来も見込まれます」

    気になるドラマのストーリーは、現代の理性的すぎる男女によるリアルラ*トーリー。
    IT企業の営業アシスタントの新垣が仕事帰りに立ち寄ったビールバーで税理士の男(松田龍平)に出会い…というありがちな設定なのだが、さるドラマ関係者が、同ドラマの「懸念される点」について、こう明*。

    「日テレの水曜10時枠は、毎回働く女性のためのドラマがテーマとなっているだけに『逃げ恥』での契約結婚のような変わった設定ではなく王道恋愛ドラマです。
    また、漫画が原作の『逃げ恥』では、主人公の新垣さんがサザエさんに扮したり、『情熱大陸』や『エヴァンゲリオン』のパロディーシーンが話題になりましたが、『獣に──』ではそういう“遊び”もないそうです。
    主題歌は若者に人気のあいみょんを起用するものの、今回は残念ながら出演者によるダンスはありません」

    もちろん、恋人役で出演する田中圭や松田龍平とのキスシーンもないという。こんな無い無い尽くしでヒットが見込める?という気がしてくるが、

    「現在、視聴率3冠王に君臨する日テレですが、近年のドラマでヒットは『花咲舞が黙ってない』ぐらい。
    局別のドラマ部門の視聴率でみても、安定の日曜劇場を中心に話題作を頻発させているTBS、『相棒』など刑事ドラマを磐石に固めるテレ朝に及ばないばかりか、
    低調が続くフジテレビにすら負けることが多いんです。
    局内ではドラマ部門はお荷物部署だとヤユされているほど」(前出・ドラマ関係者)

    他局のヒットをかっさらってでも、ブームさえ呼べれば文句なしのハズだろうが、はたして…。

    http://dailynewsonline.jp/article/1536916/
    2018.10.09 17:59 アサ芸プラス


    【【芸能】新垣結衣、新ドラマで「逃げ恥ブーム再来」どころか“爆死の予感”証言!】の続きを読む



    (出典 nina-blog.com)



    1 たんぽぽ ★ :2018/10/01(月) 09:33:19.58 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00000053-sph-ent
    スポーツ報知

     10月から日本テレビ系「ZIP!」(月~金・前5時50分)の月曜メインパーソナリティーに就任した俳優・風間俊介(35)が1日、出演初日を迎えた。

     番組冒頭で桝太一アナウンサー(37)に紹介され「意気込みはどうですか?」と問われると、「明るい朝を伝えていきたいなと思ったんですが、今日は台風も来ているということで、やはり、いろんな朝があるなあと思います」と苦笑。続けて「すべての朝に寄り添っていきたいなあと思います」と、初出演とは思えない落ち着いたパーソナリティーぶりをみせた。

     風間には半年前から火曜メインパーソナリティーをつとめている「三代目J Soul Brothers」の山下健二郎(33)からメッセージも。「緊張して、僕は言葉が出てこなかったら、桝さんに目線を送ってですね、そしたら桝さんがなんとかしてくれるので、後は元気いっぱいに笑顔でニコニコしてれば大丈夫だと思います」というアドバイスを受けると、風間は「わかりました。何か言葉に困ったら、こうやって見つめますので」と答え、桝へ視線を送っていた。

     番組中盤では、20秒以内にネットにボールを投げ入れるゲームに挑戦したが苦戦。3個しか入らず「大変申し訳ない」と頭をポリポリ。桝アナから「だって、ジャニーズでしょ?」と責められると、「全員、運動神経がいいと思ったら大間違いですよ!」と叫び、笑いを誘っていた。


    【【芸能】風間俊介「ZIP!」メインパーソナリティー初登場「ずべての朝に寄り添っていきたい」】の続きを読む



    (出典 yakudati-jyouhoukan.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/05(水) 19:44:11.53 ID:CAP_USER9.net

    日本テレビの森圭介アナウンサーが5日、ツイッターを更新。
    後輩の水卜麻美アナとのユーモアあふれるランチの様子を伝えた。

    森アナは「『あー、フライドポテト食べたいなぁ』っていう水卜ちゃんの大きい独り言が聞こえたからランチにポテトを勝手に頼んだよ。」とツイート。
    ポテトが運ばれてくると、水卜アナが「私は頼んでないですからね!」と強がり、森アナが「まだ昼だし」と口にすると、水卜アナが「これ野菜ですからね」と完全に乗り気の“言い訳”。
    そこに森アナが「ほとんど油使ってないもんね」と“後押し”したことが明かされた。

    森アナはツイートの最後に「言い訳ばかりの2人であった。」とつぶやいた。

    ほっこりする先輩後輩アナのやりとりに、「そうそう、じゃがいもは野菜!!笑」「揚げてるからカロリーゼロ」などのコメントが寄せられている。

    じゃがいもはナス科の多年草。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15262311/
    2018年9月5日 19時4分 デイリースポーツ


    【【芸能】水卜アナ フライドポテト注文に「これ野菜ですからね」と言い訳】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/03(月) 14:20:34.68 ID:CAP_USER9.net

    9月2日放送の日本テレビ系『ザ!鉄腕!DASH!!』にて、視聴者が思わず「ヒヤッ」としてしまうような一幕があった。
    この日、放送された企画は「屋上で池の水ぜんぶ入れる大作戦」。これは、人気企画「新宿DASH」で使用されている某大学屋上のTOKIOのベース基地に設置した池の完成を追ったもので、
    神田川沿いを参考に、生物が快適に暮らせる人造池を発泡スチロールを使って制作するというものだ。

    さて、この「屋上で池の水ぜんぶ入れる大作戦」であるが、タイトルに関しては、同日にテレビ東京で放送された『池の水ぜんぶ抜く大作戦』(夜7時54分?)を意識したのは間違いなく、
    『テレ東が「抜く」なら日テレは「入れる」で勝負』という意図があったと思われ、また、演出に関しても「池の水ぜんぶ抜く」が臨場感を高める意図でロボットアニメのBGMを頻繁に使っていることから、
    『DASH』も同じく今回は要所要所でロボットアニメ(『機動戦士ガンダムUC』)のBGMを使うなど、放送時間こそ被りはしなかったが、他局番組を完全意識した内容が、多く視聴者の関心を誘っていた。

    なお、テレビ東京の『池の水ぜんぶ抜く大作戦』は元々、『鉄腕DASH』で行われていた企画「DASH村」での池の整備がヒントになったとされており、番組開始当初、『池の水』は『DASH』のパクリではないか? 
    と指摘されていたため、今回の『鉄腕DASH』はテレ東への意趣返しのような側面があったのではないかとされている。

    また、今回の『鉄腕DASH』の一部視聴者を意識したかのような演出は、『池の水』パロディだけではなく、
    TOKIOの不在中に池の整備を任された番組スタッフの名前がたまたま苗字が「山口」で、
    ナレーションでもわざわざ「スタッフの山口」と呼びかけるなど、今年5月にTOKIOを去った山口達也元メンバーをネタにするかのような「お遊び演出」もあった。

    今年上半期は「農作業の要」だった山口の脱退問題もあり、パワーダウン化が指摘されていた『ザ!鉄腕!DASH!!』。迷走も指摘されているが、しばらくは身内ネタで放送を続けることになるかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1514247/
    2018.09.03 12:20 リアルライブ


    【【芸能】禁断・・・『鉄腕!DASH!!』が必死になる事情】の続きを読む



    (出典 ingori.work)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/28(火) 08:24:49.21 ID:CAP_USER9.net

    もはや夏の風物詩のひとつともいえる日本テレビ系列の「24時間テレビ」。
    同番組内で恒例となっているのがマラソンだが、今年はお笑い芸人のみやぞんが前人未到のトライアスロンを無事完走し、視聴者からは多くの感動の声が寄せられていた。

    前述のとおり、今年は例年とは異なり、トライアスロンをおこない、マラソン部分以外は「24時間テレビ」の放送枠外で中継されたのだが、なぜこうした形になったのか。関係者が理由を語ってくれた。

    「これは毎年議論されてきたことへの答えのようなものです。
    以前からマラソンを少しでも長距離にする努力をしてきましたが、その結果なんです」(番組関係者)

    長距離にする努力とはどういうことか。

    「この番組の最大の目的は『感動』だからです。
    24時間テレビの会議に集まったスタッフを前に責任者が最初に言うのは『今年も感動を与えます』『今年も視聴者を泣かせましょう』という決意表明です。
    つまり、チャリティーの普及や理解度を深める努力ではなく、視聴者をどれだけ泣かせられるかに命をかけているわけです」(同)

    おかしな話だが、チャリティーは二の次で感動を与えることが最優先事項になっているようだ。

    「こうした背景があるため、数年前からマラソンも改善が求められてきました。
    『毎年のことでマンネリ化しているため、距離を増やさないと感動が薄れてしまう』との意見が出ていたんです。
    そのため、200キロマラソンや300キロマラソンなど、距離を増やす案が浮上していました。長距離を走る姿は確実に視聴者が泣くという考え方からです」(同)

    長い距離を走れば泣くとは、一体だれが言ったのであろうか。

    「今年の24時間テレビはこうした意見を受けて長距離が想定されました。
    しかし、ご存知のように今年は熱中症が続発しましたし、過去にはマラソン中に心肺停止に陥る人もいました。
    そのため、長距離マラソンは危険と判断されたわけです。ただし、感動させるためにはいつも以上に頑張らないとダメだと、折衷案として急遽トライアスロンになったわけです」(同)

    危険だから長距離マラソンを避けたのは理解できるが、なぜトライアスロンになったのであろうか。

    「理由を明確に答えられるスタッフは皆無です。
    元々、たくさん頑張っている姿を放送すれば感動してもらえるという考えを受けて長距離マラソンが提案され、それが危ないからトライアスロンになっただけです。
    つまり、トライアスロンに明確な意図はありません」(同)

    ハッキリと断言されてしまった。無論、登山やボートなど、果たしてそこに何の意味があるのかと思わされる企画が毎年多いだけに今さら違和感はないとも言える。
    しかし、ここまで安直だと思っていなかったのも事実だ。

    実際のところ「頑張るみやぞんがかわいそう…」といった感動ではなく同情のコメントの方が多く、どんどん意味不明の番組になっていくだけのような気がしてならない。
    せめて基本中の基本であるチャリティーに意識を向けてほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1509955/
    2018.08.28 07:30 トカナ


    【【芸能】『24時間テレビ』マラソンではなくトライアスロンの裏理由】の続きを読む



    (出典 www.ntv.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/26(日) 19:13:06.96 ID:CAP_USER9.net

    今年の3月末にNHKを退局し、フリー転身を果たした有働由美子(49)。その彼女が、この10月から『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のメインキャスターに就任する。

    「NHKのエースとして長年活躍し、その人気と実力は誰もが認めています。NHKを退局後、各局からオファーが殺到したといいます。
    そんな彼女が、どんなテーマを取り上げ、どうニュースを伝えるのか、業界全体が大いに注目するところとなっています」(在京テレビ局関係者)

    視聴率三冠王を続ける日テレは、有働抜擢により、その地位をより盤石なものとしそうだ。
    だが、番組周辺からは、なぜか不満の声が聞こえてくるのだ。

    「実は、曜日がわりで各コーナーを担当するサブキャスター陣は、嵐の櫻井翔を残して全員が番組を去ることになったんです。
    後任には局アナや記者が駆り出されることになりそうです」(日テレ関係者)

    どういうことなのか? 業界関係者が、こう話す。「有働の出演料は年間で4億円ともいわれ、番組1本あたりのギャラは、およそ150~200万にもなる。
    現在、MCを務める村尾信尚のギャラは1本およそ60万円といわれているから、有働のギャラは倍以上になります。

    もちろん番組制作費の総額は変わらないから、局がリストラに着手したというわけです」

    女優の桐谷美玲や板谷由夏、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹らが、まとめて姿を消すことになるという。
    「ギャラの問題以外にも、ジャーナリスト志向が強い有働が目指す本格的な報道番組に、芸能人キャスターは必要ないという判断もあったようです。
    桐谷は俳優の三浦翔平と結婚したばかりということで、自ら降板を望んでいたという話もありますが、
    板谷や又吉らにとっては、大きな収入源を失うことになりそうです」(前出の日テレ関係者)

    また2006年3月に、鳴り物入りでサブキャスターに就任した元NHKアナウンサーの小正裕佳子も、お役御免となるという。
    「12年7月にNHKを退局し、研究者として過ごしていた彼女が、熱心に口説かれて『ZERO』のために放送界に復帰したのが16年3月末。
    それが2年半でハシゴを外されたわけですから、さすがに気の毒です」(スポーツ紙記者)

    キャスターばかりでなく、裏方にも影響は及んでいる。
    「ナレーターやリポーターら番組を支えてきた外部スタッフも一新され、その大部分は局員で対応するというんです。
    収入のほとんどを『ZERO』に依存していたある下請けの中には、経営危機に陥り、倒産も現実的になってきたところもあるとか」(前出の業界関係者)

    彼らの目には、有働はとんだ疫病神に映っていることだろう。
    さらに、8月27日発売の『週刊大衆』では、櫻井翔が唯一レギュラー継続となった裏事情について詳報している。

    http://dailynewsonline.jp/article/1508971/
    2018.08.26 18:00 日刊大衆


    【【芸能】櫻井翔以外全員クビ!『NEWS ZERO』】の続きを読む

    このページのトップヘ