グルっと速報

トレンド、芸能ニュースや
アイドル画像まとめ、面白ニュース
女優、俳優、お笑い芸人情報などを幅広く更新です!

    タグ:損害賠償



    (出典 2.bp.blogspot.com)



    1 ばーど ★ :2018/10/29(月) 08:03:03.53


    (出典 www.yomiuri.co.jp)


    バドミントンでダブルスを組んだ味方のラケットが目に当たって大けがをしたとして、東京都内の40歳代の女性がペアの女性に損害賠償を求めた訴訟で、東京高裁(八木一洋裁判長)は先月、ペアの女性の全責任を認めて約1300万円の支払いを命じる判決を言い渡した。スポーツ中の事故を巡ってチームメートに全ての責任があるとした司法判断は異例だ。

     判決によると、事故は2014年12月、趣味のバドミントン教室の仲間ら4人が都内の体育館でプレーしている最中に起きた。ペアの女性が相手コートから飛んできたシャトルを打ち返そうとバックハンドでラケットを振ったところ、ネット際にいた原告の左目に当たった。

     原告は左目の瞳孔が広がって光の調節が難しくなり、日常生活に支障をきたすようになった。このため、慰謝料やパートの休業補償などを求めて提訴した。

     被告側は訴訟で「原告が危険を避けるべきだった」と主張したが、先月12日の高裁判決は、被告は原告を視界に収める後方の位置でプレーしていたことから、「被告は原告の動きに注意し、ラケットが当たらないように配慮すべきだった」と判断。「バドミントンはボクシングのように身体接触のある競技ではなく、原告は、ほかの競技者によって危険が生じるとは認識していなかった」とした。

     また、判決は、「スポーツであることを理由に加害者の責任が否定されるのであれば、国民が安心してスポーツに親しむことができなくなる」とも指摘した。

     その上で、1審・東京地裁が「原告も一定程度の危険を引き受けて競技していた」と判断して賠償額を約780万円にとどめた判決を変更し、被告に全ての責任があると認定した。高裁判決は同月に確定した。

     原告側代理人の合田雄治郎弁護士は取材に、「趣味のスポーツをプレーしている時に起きた事故でも、過失があれば加害者が相応の責任を負うのは当然だ。高裁判決は被害者の救済を広げ、事故の抑制につながる」と話した。一方、被告側代理人の弁護士は取材に応じなかった。

    2018年10月29日 07時33分
    YOMIURI ONLINE
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20181029-OYT1T50006.html


    【【東京高裁】バドミトンで味方のラケットが左目に当たり大けが…ペア女性に1300万賠償命令 チームメートに全ての責任、異例の判断】の続きを読む


    愛の葉Girls(えのはがーるず)は、2012年12月3日にデビューした愛媛県松山市を拠点に活動する日本のアイドルグループ。日本の美味しい「食」、日本の安全な「食」を推進する『農業アイドル』。実際に自分たちの農園をホームグランドにして農業の魅力を感じ、「農家後継者不足」の解消に努めている。
    36キロバイト (3,986 語) - 2018年10月12日 (金) 02:00



    (出典 geitopi.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/12(金) 07:07:09.23 ID:CAP_USER9.net

    愛媛県松山市を中心に活動する農業アイドル「愛の葉Girls(えのはがーるず)」のメンバーだった大本萌景(ほのか)さん(当時16)が自*たのは、
    パワハラや過重労働が原因だとして、遺族が当時の所属事務所などを相手どり、約9268万円の損害賠償を求めて松山地裁に提訴する。

    東京都内で開いた記者会見に参加した母幸栄さんと姉可穂さんは「ただただ真実を知りたい」「妹は稼ぎの道具だったのか」と訴えた。

    ●休日を希望すると「お前の感想はいらん」

    訴状などによると、萌景さんは中学2年の時に「自分をいじめている友達を見返したい」とオーディションを受け、
    2015年7月に農業生産法人「hプロジェクト」と専属マネジメント契約を締結。
    同社所属の「愛の葉Girls」のメンバーとして活動を始めた。

    1年間無給で研修生として活動したあと、2016年8月からはレギュラーメンバーに昇格。
    土日を中心にライブイベントを行なっていたが、早い時には午前4時半に集合し、解散は翌日の午前2時ごろになるなど長時間拘束されることも多くあったという。

    2017年4月からは通信制の県立高校に通ったが、平日もイベントに駆り出され、休みの日がほとんどなかった。
    そんな中、スタッフに脱退したい旨を伝えると、LINEで「次また寝ぼけた事言いだしたらマジでブン殴る」と返され、休日を希望すると「お前の感想はいらん」
    「その理由によって、今後事務所はお前の出演計画を考えにゃならん。そこまで考えて物を言え」などと返信されるなど、スタッフによるパワハラもあったと主張している。

    17年6月ごろには「日曜のイベントに出られる」という理由から、社長から全日制の高校進学を勧められた。
    その際、進学費用は会社側が工面すると聞かされ、萌景さんもそのつもりで進学を期待していたが、高校に納付する前日になって貸付を拒否されたという。

    萌景さんは貸付を拒否された翌日の3月21日に自ら命を絶った。
    友人には「グループを辞めるのであれば1億円支払えと言われた」と打ち明けており、遺族側は「貸付の拒否は、8月ごろから脱退したい旨を伝えていた意趣返しだ」と主張している。

    ●メンバーは家族への相談禁止

    「愛の葉Girls」ではメンバーが家族に相談したりメンバーの保護者同士が相談したりすることは禁止されていた。
    萌景さんは2018年1月にリーダーに就任してから、母の幸栄さんに対して度々「もう辛い」「やめたい」とLINEしていたが、何があったか尋ねても具体的には教えてくれなかったという。

    萌景さんの死後、幸栄さんが社長に責任を感じるか尋ねたところ「責任考えたことないですね」と言われたという。
    幸栄さんは「娘がなぜ社長をあそこまで信頼していたのかがわからなくなりました」と涙した。

    ●地下アイドル、相談相次ぐ

    アイドルの労働問題に取り組む安井飛鳥弁護士によると、最近はテレビなどのメディアに出演せず、
    ライブハウスや地方での活動を中心とする「地下アイドル」が増えているが、その契約の特殊性から相談も相次いでいるという。

    多くの場合、アイドルなど芸能人は芸能事務所との間で「専属マネジメント契約」を締結する。
    しかし、一般的に事業主間の契約であるため、一般企業で労使関係を結ぶ労働関係とは異なり、原則として労基法や労働法令が適用外だ。

    安井弁護士はこうした事情から「アイドルの場合は事後的な救済が主で、労働者への安全配慮が働きにくい」と指摘。
    「契約実態に照らして法令の適用判断がなされるため、専属マネジメント契約でも労働者性が認められる事例は多くある。
    今回の事例もそうだと考えている」と話した。

    「愛の葉Girls」は2012年3月、タレント育成などを行う「hプロジェクト株式会社」から日本の農業の魅力を伝える「農業発信ガールズユニット」としてデビュー。
    18年3月に活動を自粛すると発表した。
    18年6月1日からイベント会社「株式会社フィールド愛の和」に事業譲渡され、活動を再開している。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15431060/
    2018年10月11日 18時37分 弁護士ドットコム


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    (出典 endia.net)


    (出典 resuponsu240.com)


    (出典 bunshun.jp)


    【【芸能】「妹は稼ぎの道具だったのか」16歳で自殺した農業アイドル、遺族が提訴前に会見】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    1 アルテミス@ ★ :2018/10/09(火) 17:01:01.23 ID:CAP_USER9.net

    お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(53)が「大学に裏口入学したと虚偽の記事を週刊新潮に掲載され名誉を傷つけられた」などとして、発行元の新潮社に約3000万円の損害賠償と謝罪広告を求め、東京地裁に提訴した件で9日、第1回口頭弁論(沖中康人裁判長)が東京地裁で行われた。

     週刊誌「週刊新潮」は8月16・23日の夏季特大号で「爆笑問題『太田光』を日大に裏口入学させた父の溺愛」と題した記事を掲載。
    太田側は「記事の内容は事実無根で、社会的評価を低下させた」と主張し、中吊り広告に爆笑問題の写真を掲載したことは名前や写真から生じた利益を独占できる「パブリシティー権」の侵害であるとも訴えている。

     第1回の口頭弁論は太田側の代理人弁護士のみが出席し、新潮社側は欠席。次回の日程調整などで、わずか3分ほどで終了した。新潮社側は争う姿勢を示している。

     終了後、太田側の代理人弁護士が報道陣の囲み取材に応じ、3000万円の損害賠償の内訳について「名誉棄損は1000万円、パブリシティー権侵害については2000万円の請求をしました」と明かし、「太田光代社長、太田光さんも非常に怒っている。故人(太田の父・三郎さん)の名誉にかかわることなので」と話した。

     太田の出廷に関しては「可能性は非常に低いです」とのことだった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00000018-tospoweb-ent


    【【芸能】 爆笑・太田側の弁護士が週刊新潮への怒りを代弁「故人の名誉にかかわること」】の続きを読む

    このページのトップヘ