グルっと速報

トレンド、芸能ニュースや
アイドル画像まとめ、面白ニュース
女優、俳優、お笑い芸人情報などを幅広く更新です!

    カテゴリ:芸能 > テレビ番組



    (出典 up.gc-img.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/10(水) 19:08:40.09 ID:CAP_USER9.net

    この10月から元NHKの有働由美子アナがメインキャスターを務めている「news zero」(日本テレビ系)に10月4日、同局の名物プロデューサーとして知られる谷生俊治氏が出演した。

    その谷生氏はかつて社会部で警視庁担当の記者を務め、カイロ支局長を経て「金曜ロードSHOW」プロデューサーに就任。
    現在は映画買い付けやPR戦略などを手掛けている人物だ。その一方でトランスジェンダーとして、女性の姿で生活していることでも知られている。
    その谷生氏の出演を巡り、有働アナに批判が集まっているという。

    番組放送後にネット配信される『ウドウ反省会』で有働アナは、「私、谷生さんに会って、こうやって出てくださって、日本テレビすごいなって思いました」と発言。
    それに対して谷生氏は「う~ん」と言葉に詰まった様子を見せていた。
    さらに有働アナは「我々、『普通にやりましょうよ』って言ったんですよね。もし出演していただくときは、当たり前のように谷生さんに出ていただいて、
    ニュースもコメントしていただいてということで」と裏事情を明かし、これまた谷生氏は「はい」とだけ返事していたのである。そのやり取りについて女性誌のライターが指摘する。

    「有働アナは話の端々でLGBTを特別視しないと強調していましたが、この発言そのものがLGBTを意識しまくりなのは明らか。
    そもそも『news zero』の本編で“当たり前のように”出演してもらっていたなら、その続編である『ウドウ反省会』でも同様にすればいいはずです。
    しかも自分からLGBTについて振っておきながら、谷生氏が『存在がやっぱり人と違うので、そこは意識しますかね』と自らについて語ると、
    すかさず『違うのかなあ?』と反応。いかにも『私はLGBTを特別視していませんよ』というアピールが鼻につきましたね。
    しかし実際にはコーナーの冒頭で、谷生氏にわざわざ化粧品について尋ねており、生まれつきの女性がゲストだったら、ここで化粧品を話題に出すことはないはずです。
    結局は谷生氏のトランスジェンダーを強烈に意識しているのに、それを否定する姿には『取り繕い』という言葉を思い起こしましたね」

    ちなみに谷生氏は2015年5月放送の「ウラカタ」(日本テレビ系)に、テレビ番組を支える裏方の一人として出演。

    この際に番組では女性の姿には一切触れることなく進行していた。
    そんな日本テレビの姿勢と、今回の有働アナの態度には、大きな乖離があるのではないか。

    「しかも有働アナは、今回もお得意の“上から目線”ぶりを発揮していました。
    谷生氏が『齢を重ねると母親に似てきたみたいで、鼻の下に汗かくんです』と語ったシーンで有働アナは、
    『それは母親に似てきたんじゃなくて、みんなそうなります』と断言。さらに『母親譲りとかじゃないです。みんななりますね』と被せ、谷生氏の発言を否定したのです。
    しかし汗の多さには個人の体質もありますし、そもそもここで相手の発言を否定する意味が分かりません。
    そんな有働アナの物言いに違和感を持った視聴者も多かったのでは」(女性誌ライター)

    反省するはずの「反省会」で、さらに反省点が見つかった有働アナ。
    それが番組に生かされる日は来るのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1537685/
    2018.10.10 18:15 アサジョ


    【【芸能】「news zero」有働由美子アナ、LGBTへの無理解を露呈!?】の続きを読む



    (出典 www.cinemacafe.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/09(火) 21:51:19.86 ID:CAP_USER9.net

    10月8日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)で、長期企画『東MAX、家を買う。』が完結を迎えた。しかしその終わり方をめぐり、視聴者からは批判の声が相次いでいる。

    同企画は番組の看板コーナー『家を買う。』シリーズの最新作。内容は芸能人が家を買うため物件探しをするもので、これまで坂上忍や的場浩司らが家を探してきた。
    東MAXこと『TAKE2』の東貴博は、家族3人が楽しめる別荘を求めて同企画に参加。企画開始半年間で数々の家を内見し、南箱根、熱海、湘南の3軒を“キープ”している。

    この日の放送で千葉県南房総エリアの物件を巡った東は、企画史上最高額の豪邸やログハウス風物件を内見。
    しかし最終的には妻の安めぐみと相談して決めることになり、結論はスタジオで発表することになった。

    結局“タイトル詐欺”の結末に
    そしてスタジオの東から告げられたのは「土地を買いました!」という驚きの発表。
    続けて家ではなく“土地”を買った理由を「(1から)建てた方が理想に近づくから」と説明し、今後は別荘建設に密着する続編企画が始動することも決定する。

    結局家を買わずに“タイトル詐欺”で終わった同企画だが、実はこれまで参加した芸能人は誰1人として家を買っていない。
    坂上は土地を購入して自分で家を建て、的場もキープを連発して未だ進展なし。
    シリーズ第1弾を飾った元大関・把瑠都に至っては、最終的な結末が有耶無耶のまま企画が終了してしまった。

    何度も繰り返される展開に、ツイッターでは

    《もう「結局買わない」流れには飽き飽きだ!》
    《散々引っ張っといてまたこれかよ》
    《どうせ買わないんなら最初から「家を見る」にしとけや》
    《もう何度目だよ。いい加減にしてほしい》
    《金かかるし慎重に選びたいんだろうけど、ならこんな企画やるなよ》

    と視聴者の怒りが続出。今後放送される別荘の建設企画にも、厳しい視線が向けられることになった
    。視聴者のストレスは限界に達しているが、製作陣は“お約束”の流れだと楽しんでいるのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1537017/
    2018.10.09 19:01 まいじつ


    【【芸能】酷い!『有吉ゼミ』“タイトル詐欺”の連続に視聴者の怒り爆発!】の続きを読む



    (出典 img.sp2.fujitv.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/09(火) 12:18:22.21 ID:CAP_USER9.net

    フジテレビの宮司愛海アナウンサーが、10月5日の放送をもって同局の『めざましテレビ』を卒業した。

    視聴者からは惜別の声が上がる一方、業界ではとある後輩アナウンサーをゴリ推しするための“被害者”だと囁かれている。

    この日の同番組終盤、メインキャスターの三宅正治アナウンサーが「宮司アナウンサーが今日で卒業します」と発表。
    その後、宮司アナがキャスターとなった2015年9月からの3年間をVTRで振り返っていった。

    初登場時や冠コーナー『宮司愛海の広人苑』の映像を織り交ぜ、感動的な編集で3年間の軌跡を振り返った同VTR。
    最後は宮司アナ自身も目に涙を浮かべながら「自分の幅が本当に広がった3年間だったと思います」「これからはスポーツという新しい場所で頑張っていきたいと思います」と述べ、
    現在メインキャスターを務めるスポーツニュース『S-PARK』でのさらなる活躍を誓った。

    宮司アナの卒業は視聴者にとってもショックだったようで、発表後のツイッターには惜別の声が続出。また宮司アナを、現在同番組メインキャスターを務める永島優美アナウンサーの後任と見ていた視聴者も多かったようで、

    《宮司さんが永島さんの後釜になると思ってたよ…》
    《宮司アナが次期メインキャスターの正当な後継者だと思うなー》

    とのつぶやきも上がった。


    現場は反発も上層部は久慈推し
    しかし永島アナの後任には、既に“ある女子アナ”が内定しているという。

    「次期メインキャスターは、現在スポーツコーナーを担当している久慈暁子アナでしょう。久慈アナは昨年の入社直後から上層部からの寵愛を受け、
    7月には冠番組『クジパン』がスタート。これはその年入社した新人アナの“エース”がMCを務める『パンシリーズ』10代目で、過去には高島彩や加藤綾子も担当してきた番組です。
    また永島アナが夏休みなどで『めざまし』を休んだ際、久慈アナは代役として度々メインを務めていました。上層部からの久慈アナの“ゴリ推し”がスゴいんです…」(テレビ誌ライター)

    一見順調そうに思える久慈アナだが、実は“ゴリ推し”に対する現場の反発はかなり強いようだ。

    「出世だけは着々とするくせに、実力が全く備わっていないのです。平昌五輪後の記者会見で羽生結弦選手に『平昌でおいしかった料理はなんですか?』と質問。
    ロシアW杯の日本代表帰国記者会見でも『長谷部選手のインスタグラムが感動を呼びましたが、どう捉えてますか?』とくだらない質問を繰り返し、他社の記者からは失笑を買いました。
    『めざまし』に関しては、現場で『次は宮司で』との声が強かったため、宮司の卒業に動揺の声が広がっていますよ」(フジテレビ関係者)

    低迷からの脱却が見えないフジテレビだが、人事を巡っても迷走しているようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1536525/
    2018.10.09 07:00 まいじつ


    【【芸能】『めざましテレビ』宮司愛海アナ「謎の番組卒業」と久慈暁子アナの関係とは】の続きを読む



    (出典 image.parco.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/09(火) 12:36:00.15 ID:CAP_USER9.net

    7日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、関口宏が西武ライオンズの優勝について失言を行い、物議を醸した。

    この日はレギュラーコメンテーターの張本勲氏に加え、元ロッテオリオンズで3回3冠王を獲得した大打者落合博満氏が登場。冒頭から早速プロ野球の話題となり、

    関口が「西武なんだけど、胴上げのシーンVありますか? ちょっと見せてください。優勝決めたシーンが情けなかったんだ。負け試合ですよねえこれ。
    負け試合で胴上げしなきゃなんないから、もうひとつ盛り上がりに欠けたのかなと私は感じました」

    と西武優勝を貶めるような発言を行う。これには、見かねたコメンテーターの落合氏が、「いや、関口さんねそういうけども、勝とうが負けようが胴上げはいいんですよ」と制す。
    そして、自分は「負け、雨でゲームがない、引き分けで優勝が決まったことがある」と諭すが、スタジオにいた女性コメンテーターからは、「つまらない…」という声がかかった。

    関口は落合氏に対し、「気分は変わらないものですか?」と質問すると、「1年間戦ってきてそこで優勝ってのは恥ずかしいような気もしますが、頭から外れます」と断言。
    これには関口も黙ってしまう。なお、張本氏も西武優勝について“あっぱれ!”を入れた。

    しかし、関口は西武を評価していないようで、「得点1位失点1位」のフリップを指差しながら「リーグ1位ワースト1位がぐちゃぐちゃになってる、
    ちょっと荒っぽいチームって感じがいたします」と畳み掛け、西武への祝福コメントは一切行わなかった。

    この様子に西武ファンが激怒。「関口は西武が嫌いでいつも貶めてくる」「優勝して情けないといわれるなんてありえない」「酷すぎる発言」など批難が殺到。
    そして、「西武ホールディングスの後藤高志社長が安倍晋三総理大臣の支援者であることが気に入らず、叩いているのではないか」という指摘もあった。

    西武ライオンズは今年、FAでエースの岸孝之と抑えや中継ぎで活躍した牧田和久を失いながらも、山川穂高ら若手野手の台頭で列強が揃うパ・リーグを制覇している。
    その戦績は素晴らしく、決して「情けない優勝」ではない。

    人間である以上、嫌いな球団があることは致し方ないが、それを放送で出してしまうのは、放送人としてありえない行為と言わざるを得ないだろう。

    なにかと張本氏の炎上発言がクローズアップされるが、「関口もひどい」という声が根強い『サンデーモーニング』。
    今回冷静な指摘で評価を得た落合氏など、的確なコメントのできるコメンテーターと司会者を用意するべきかもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15418526/
    2018年10月9日 12時10分 リアルライブ


    (出典 baseballking.jp)


    (出典 www.seibulions.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    【【芸能】関口宏、「西武の優勝は情けない」と発言しファン激怒 「アンチ西武」を指摘する声も】の続きを読む



    (出典 tvstation.jp)



    1 muffin ★ :2018/10/07(日) 13:32:05.82 ID:CAP_USER9.net

    https://news.mynavi.jp/article/20181007-702723/
    2018/10/07 07:35:33

    お笑いタレントの明石家さんまが、6日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『さんまのお笑い向上委員会』(毎週土曜23:10~)に出演。同時間帯にTBSで放送された『オールスター感謝祭'18秋』(18:30~23:48)の司会について「紳助やめたときに俺やと」「あれ俺やろー!」と話した。

    『オールスター感謝祭』の司会は、1991年の放送開始から島田紳助さんと島崎和歌子が務めていたが、紳助さんが芸能界を引退した後、2012年から今田耕司が新司会に。以来、今田と島崎のタッグで定着している。

    『感謝祭』と放送時間がかぶっているため、今田はこの日の『さんまのお笑い向上委員会』を欠席。普段は今田や雨上がり決死隊の宮迫博之が座っているさんまに一番近い席に、ネプチューンの堀内健が座った。

    さんまは「ホリケン、お前がここにいるということは、今田は感謝祭。紳助やめたとき俺やと思ったら、今田に切り替わったから。あれ俺やろー!」と主張。土田晃之が「そうですけど、もうよくないですか? もう今田さんで定着してますよ」と言うも、「島崎からも『やってください』って言われたくらいだからそのつもりでやってたら…」とぼやいた。

    NON STYLEの石田明は「あれさんまさんがやったらクイズ1問くらいしかいかないですよ」としゃべりすぎて番組が進まないと意見。するとさんまは「できるできる! お前らがそういうこと言うから、俺そういう仕事どんどん減って来てる」と反論し、「ちゃんとできるところはできるから、広めといてくれ他局に」とアピールした。


    【【芸能】明石家さんま、オールスター感謝祭MCの今田耕司を妬む「紳助やめたとき俺やと…」】の続きを読む



    (出典 www.kayou-center.jp)



    1 ホイミン ★ :2018/10/06(土) 20:58:41.82 ID:CAP_USER9.net

    フリーアナウンサーでタレントの徳光和夫(77)が6日、TBSで生放送された「オールスター感謝祭,18」に出演。カツラを見破るコーナーに登場し、ヒヤリ発言でザワつかせた。

     石原良純、長澤まさみとともに「カツラをかぶっているのは誰?」と4人の中から、カツラの人を1人あてるクイズに登場した。

     司会の今田耕司が「確認ですけど、良純さんはヅラではない?」と聞かれた石原は「それはない!それはない!」と声を裏返らせながら否定。今田は「徳光さんも…」と徳光にも同じ質問を振ると、「そういう司会者じゃないですから」とニヤリ。
    今田は思わず「アッ!」と言葉を失い、スタジオもザワついた。今田は「徳光さ~ん、生放送ですよ。誰も司会者の話してません」と限りなくツッコミに近いフォローを展開していた。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/10/06/0011708557.shtml


    【【芸能】徳光和夫 カツラ疑惑に「そういう司会者じゃないですから」】の続きを読む



    (出典 img.jisin.jp)



    1 メアリー ★ :2018/10/03(水) 19:10:17.90 ID:CAP_USER9.net

    https://myjitsu.jp/archives/63651
    まいじつ
    2018.10.03 10:25

    9月30日、『ザ! 鉄腕! DASH!!』(日本テレビ系)の2時間特番『DASH島~男だらけのリゾラバSP』が放送された。この日は『TOKIO』元メンバーの山口達也を思わせる場面が多く、一部視聴者の間で「山口復帰への伏線では!?」と話題になっている。

    山口といえば周知の通り、今年4月に明るみとなった強制わいせつ事件でグループを脱退。同時にジャニーズ事務所からも契約を解除され、事件以降、一切メディアに出ない状態が続いている。

    しかし今回のSPでは、山口を思わせる場面がたびたび登場。『DASH島』のコーナーでは砂浜で夏を満喫する過去VTRを流していたのだが、そのVTRにわずかに見切れる山口の姿が。

    「過去映像の編集は、山口を切るようにスタッフが賢明に努力した跡が垣間見えていました。そのため、“うっかり”山口が写り込んでしまうとは考えにくい。意図的に山口の姿を“チラ見せ”させたのでしょう。ネット上では山口の“チラ出演”が大いに盛り上がっていましたよ。製作スタッフももちろん反応を見ているはずです」(芸能関係者)

    さらに、ナレーションでは「今年はいろいろあった… だからこそ、夏くらい年甲斐もなく盛り上がりたい!」と山口の事件をイジり、テロップでも「気苦労の絶えない年――」と自虐ネタにしていた。



    お騒がせタレントが山口復帰をアシスト!?

    同番組で山口脱退がイジられるようになったのは、事件の余波も落ち着き始めた夏ごろからのこと。9月16日の放送でも、「(春は)サクランボの種飛ばしが島の恒例行事となっていたが、今年はそれどころじゃなかった」と、山口の事件を思わせるナレーションをしている。

    「確かにここ最近、芸能界では山口にとって不幸中の幸いともいうべき出来事が続いています。先月は元『モーニング娘。』の吉澤ひとみが、飲酒ひき逃げという凶悪事件を起こして逮捕・送検。また『バナナマン』の日村勇紀は、16歳の少女に飲酒をさせた上、肉体関係を持っていた過去が発覚したばかりです。しかし日村に至っては咎めるどころかネタにされているだけなので、業界内では『日村がセーフなら山口も許さざるを得ないのでは?』といった“復帰説”が囁かれています」(同・関係者)

    同様の声はネット上にも多く

    《正直山口が消えてからの『DASH』はつまらないし、復帰してもいいと思う》
    《自虐ネタにするくらいだし許すムードになってね?》
    《やってることは日村と大して変わらないもんな》
    《このままダラダラ続く『DASH』は見たくない》
    などの書き込みが。

    山口脱退以降の視聴率が下落傾向にあることも、テコ入れとしての“復帰説”に一役買う状態となっている。押しも押されぬ人気番組の『DASH』だが、今後の展開はどうなるのだろうか。

    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1538547636/


    【【芸能】山口達也『鉄腕DASH』で“チラ見せ”は「復帰」の予告か?】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/04(木) 22:10:00.65 ID:CAP_USER9.net

    10月1日より、『報道ステーション』(テレビ朝日系)のメインキャスターを務めているフリーアナの徳永有美。
    2005年の同局退社以来13年ぶりとなる番組復帰を果たしたが、視聴者からの評判は芳しくないようだ。

    1日放送の冒頭、徳永は「13年ぶりに『報道ステーション』の場に帰ってまいりました」と視聴者にあいさつ。
    さらに「10年以上、いち視聴者として『報道ステーション』を見守ってきて、そのときに感じたり考えたりしたこと、
    そのときの気持ちを忘れずにありのまま自然に、皆さんとともにいろいろなことをお伝えできればと思っております」と、
    報道番組らしい真面目なコメントから切り出して番組を進行していった。

    一方、徳永と交代で番組を卒業した同局の小川彩佳アナは、10月2日に『AbemaTV』の報道番組『Abema Prime』に初登場。
    出演者のケンドーコバヤシに髪を切ったことをイジられると、「先週の金曜日まで『報道ステーション』を担当していたので、
    週末だけでは気持ちを切り替えられないと思いまして一気に髪を切りました」と、照れ笑いを浮かべて答えていた。

     さて、注目された徳永の番組進行だが、13年というブランクからか、ぎこちなさがにじみ出る結果に。ネット上では放送後から、
    《噛み噛みだったよ》
    《なんか不安そうな顔してる》
    《なぜこの人をメインに持ってきたのか謎だわ》
    《小川さん返して。もう見る気なくなった》
    《『NEWS ZERO』のキャスター交代は新鮮だったけど、こっちは改悪でしかない》

    などと厳しい声が上がってしまった。さらに徳永が不評な理由としては、夫である『ウッチャンナンチャン』内村光良との結婚経緯にあるという。

    「内村の妻としても有名な徳永ですが、2人は不倫の末に結婚した夫婦なんですよ。
    2003年、当時『テレ朝』の局アナだった徳永は、既婚者でありながら内村との熱愛が発覚して担当番組を軒並み降板。
    2年後に内村と結婚して寿退社しましたが、“不倫愛”だけあっていまだに悪いイメージが拭いきれていません。
    ネット上にも『不倫アナは報道番組には不適格』『昔のこととはいえ顔を見たくない』といった声が続出。
    また、視聴率に関してもこれまでと横ばいで、リニューアル効果は全くなさそう。
    それどころか、今後は下がる一方になる危険も予想されます」(業界関係者)

    一方、日本テレビの『NEWS ZERO』は、メインMCを元NHKの有働由美子に変更して視聴率が大幅アップしている。
    長年メインキャスターを務めていた古舘伊知郎の降板以来、迷走が目立つ『報道ステーション』。
    この「誰からも支持されない」MC交代劇が、番組終焉のきっかけになるかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1533498/
    2018.10.04 21:15 週刊実話


    【【芸能】「小川アナを返せ!」徳永有美で大不評の『報ステ』視聴率暴落の危機】の続きを読む

    このページのトップヘ