グルっと速報

トレンド、芸能ニュースや
アイドル画像まとめ、面白ニュース
女優、俳優、お笑い芸人情報などを幅広く更新です!

    カテゴリ:芸能 > テレビ番組



    (出典 arashi-fan.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/30(日) 12:40:18.22 ID:CAP_USER9.net

    大みそかに放送される「第69回NHK紅白歌合戦」(NHK)の曲順スケジュールが発表され、ネット上ではNHKとジャニーズ事務所の蜜月ぶりに苦言を呈すリアクションが飛び交っている。

    年末恒例の紅白歌合戦だが、69回目を迎える今年はトップバッターを白組の三代目J Soul Brothersが飾り「R. Y. U. S. E. I. 」を披露。
    そして紅組は「天城越え」を歌う石川さゆりがトリを務め、白組の“大トリ”は嵐の「嵐×紅白スペシャルメドレー」に決定。
    その後、紅にも白にも属さない特別枠としてサザンオールスターズが“最後の歌唱者”としてデビュー曲の「勝手にシンドバッド」と、大ヒットした「希望の轍」をお披露目する。

    「一部では急遽参加が決まった米津玄師などのサプライズ“大トリ説”も取り沙汰されていましたが、やはり紅白のラストを飾るのは、通算2回目の大役となった嵐。
    特別枠のサザンは“スーパー大トリ”などとも言われ最終歌唱者にはなりますが、あくまで“大トリは嵐”という形で、NHKとジャニーズ事務所の蜜月ぶりは変わりません。
    今回の曲順発表と嵐の大トリ決定に関して、ネット上からも『紅白での嵐の優遇ぶりは異常』『ジャニーズはもういいよ』
    『どうせ嵐がトリの番組は全部忖度でしょ』『NHKがジャニーズ忖度をやめない限り、受信料を払う気はない』などのブーイングが続々と集まっています。
    曲順だけでなく、司会抜擢においても嵐は紅白での特別待遇を受けており、視聴者はよりフェアな開かれたキャスティングを望んでいるのかもしれません」(テレビ誌ライター)

    思えば、先日の「ミュージックステーション スーパーライブ2018」(テレビ朝日系)でも嵐は大トリを務めており、各放送局の歌謡祭特番で“主役”としての立場を守ってきた。
    もちろん彼らの人気と実力には疑問の余地はないものの、長い歴史を誇る紅白歌合戦にまでジャニーズ事務所の“パワー”が及んでしまっていることに、純粋な音楽ファンは疑問を隠せなかったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1629287/
    2018.12.28 16:10 アサジョ


    【【芸能】嵐「紅白大トリ」に表れたNHKのジャニーズ特別待遇に大ブーイング!】の続きを読む



    (出典 kuroshiba0511.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/30(日) 09:10:29.58 ID:CAP_USER9.net

    クロちゃんの企画で遊園地周辺が地獄絵図に!12月26日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系)にて、お笑い芸人のクロちゃんを東京都内の遊園地「としまえん」に設置された檻に収容し、一般公開するという企画が実施された。
    だが、翌朝まで入場無料とアナウンスされたこともあり、としまえんにはクロちゃん目当ての一般客が殺到。大渋滞や騒音被害で110番通報が相次ぎ、警察署の指導で同企画は開始数時間で中止となった。

    「そもそもこの企画にゴーサインを出した番組制作陣の判断があり得ません。11月3日には立教大学の学園祭にて橋本環奈のトークショーに1000人超が殺到し、警察も出動する騒ぎになったのは記憶に新しいところ。
    そんな前例から何ら学ぶことなく、知名度の高いクロちゃんを入場無料の遊園地で一般公開したら、視聴者が殺到することなど目に見えています。
    れを予測できないとは、番組の制作陣がいかに社会常識をわきまえてないのかの証拠でしょう」(芸能記者)

    番組側では公式ツイッターに〈ご迷惑をおかけした近隣住民の皆様、関係者の皆様、イベントを楽しみにされていた皆様に深くお詫び申し上げます〉とのメッセージを掲載。
    公式サイトにも同様のお詫び文を掲載することで、番組として謝罪の意を表明した。ところが同番組を率いる名物プロデューサーが、反省の色を示していないというのだ。

    「この『水曜日のダウンタウン』ではテレビ業界で鬼才と呼ばれるTBSテレビの藤井健太郎氏が演出を務めており、番組を特徴づける“悪意の込もった”演出には藤井氏のアイデアが色濃く反映されています。
    今回の件でも放送前には《今夜の「水曜日のダウンタウンSP」は一部生放送でお届けします》と藤井氏自身のアカウントでツイートしており、その後も番組公式アカウントの『あなたの1票でクロちゃんの運命が決まります!』というツイートをRT。
    みずからこの企画を盛り上げていたのですが、いざ騒動に発展するとすっかり頬かむりしてしまい、お詫びの言葉ひとつツイートしていません。
    それどころから騒動の翌日には知らん顔で、自分が関わる番組の告知をツイートしていたのですから、無神経と言わざるを得ませんね。
    本来なら演出の藤井氏が真っ先に謝罪の言葉を述べるべきで、それがイヤならツイッターをやめたほうがいいんじゃないでしょうか」(前出・芸能記者)

    藤井氏は以前からメディアへの出演には積極的で、「水曜日のダウンタウン」に関連してのインタビュー出演も少なくない。それほど出たがりなら、今回の件でも表に出て謝罪すべきではないだろうか。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12104-119183/
    2018年12月29日 17時59分 アサ芸プラス


    【【芸能】クロちゃん、としまえん大騒動でも「水ダウ」制作陣に反省の色ナシ!】の続きを読む



    (出典 3.bp.blogspot.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/30(日) 10:05:35.35 ID:CAP_USER9.net

    今や大みそか恒例番組となっている、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』(日本テレビ系)の年越しスペシャル、『絶対に笑ってはいけない』シリーズ。

    ダウンタウンら『ガキ使』メンバーが、仕掛けられたトラップで笑ってしまうと罰ゲームを受けるという企画で、毎年いろいろな趣向が凝らされていることが話題になる。
    2018年末は『絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!』と題し、新人トレジャーハンターにふんした『ガキ使』メンバー5人が、訓練や研修に挑む。

    毎年この番組を楽しみにしている人たちも多いことだろう。
    そこで今回は、10~50代の男女200人に、これまで放送された年末のシリーズの中で「一番面白かった『笑ってはいけない』」についてアンケート。
    ここでは、みんなが選んだ上位5つをご紹介!

    まず、第4位(7.5%)は、『絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時』と『絶対に笑ってはいけないホテルマン24時』の2つが同率でランクイン。

    2013年に放送された『絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時』は、地球防衛軍の新人隊員にふんしたメンバーたちが研修に参加。
    スペシャルゲストとして、当時、プロ野球広島東洋カープの選手で、現在メジャーリーグのロサンゼルス・ドジャーズで活躍中の前田健太が登場し、注目を集めた。

    2009年に放送された『絶対に笑ってはいけないホテルマン24時』は、メンバーが新人ホテルマンとしてホテルに入社、数々のミッションに臨むという内容。

    同作では、タレントのジミー大西がクレーム処理係のホテルウーマンにふんしたり、歌手の森昌子の登場が話題になった。
    結婚披露宴のシーンで、ココリコの遠藤章造の、実弟が登場した。

    第3位(12.3%)には、2017年放送の『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』がランクイン。

    メンバーは、新米アメリカンポリスにふんする。
    同シリーズではメンバーのココリコ田中直樹が理不尽にタイキックを受けることがお約束となっているが、
    今作ではタレントのベッキーが2016年に発覚した不倫騒動の“みそぎ”としてタイキックの餌食になり、そのインパクトの強さに視聴者は騒然となった。

    第2位(14.9%)は、2007年に放送された『絶対に笑ってはいけない病院24時』。

    病院を舞台に、ナースにふんしたメンバーたちが奮闘した。メンバーの月亭方正がプロレスラーの蝶野正洋から理不尽なビンタを浴びる“蝶野ビンタ”が初めて登場、その後シリーズの定番となっている。

    そして第1位(34.7%)に選ばれたのは、2006年に放送された『絶対に笑ってはいけない警察24時!!』。

    大みそか特番となったシリーズ最初の回で、メンバーが新人警察官にふんし、研修に参加。
    引き出しを開けるとネタが仕込まれている“机トラップシリーズ”は、ここからスタートした。
    基本的に笑ってはいけないルールだが、「交通機動隊訓練」の場面では笑ってもOKで、悲鳴を上げたらアウトという特別ルールのもと、
    過激なドライブ走行に悲鳴を上げたダウンタウン浜田雅功らが罰ゲームを受けていた。

    毎回、思わぬ大物芸能人がゲスト出演することでも話題の『笑ってはいけない』シリーズ。
    2017年『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』では、俳優の西郷輝彦や、山崎賢人、ムロツヨシなどの登場が話題になった。
    2018年にはどんなゲストや仕掛けが飛び出すのか、今から楽しみだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1631549/
    2018.12.30 08:30 日刊大衆


    (出典 Youtube)

    田中直樹 タイキック


    【【芸能】『絶対笑ってはいけない』シリーズ、歴代で一番面白かった回は?】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/20(木) 12:30:09.46 ID:CAP_USER9.net

    『水曜日のダウンタウン』(TBS系)のコーナー『モンスターハウス』に出演する芸人・クロちゃんへの「袋叩き」が止まらない。ただ、12月19日放送分では出演女性に対するバッシングも相次いだ。

    視聴者からやり玉に挙げられたのはタレントの百瀬はるか。前回放送から「モンスターハウス」に入った新参者だ。
    ハウス内で開いたパーティーでは、リビングの中で寝込んだクロちゃんと添い寝するなど、クロちゃんに対して一定の恋愛感情があることをうかがわせた。

    百瀬は自ら食事を作り、2人きりで朝食をとるなどいちゃいちゃぶりは加速。クロちゃんに「ハグしたくなる」と告げるなど、思わせぶりな態度を続けるとクロちゃんは後ろからハグする「暴挙」に出た。

    ハウスから外出したクロちゃんは、理容室で施術を受けながら「僕、(ハウスに入居する全員の女性から)モテてると思う」と手応えを口に。
    自らクロちゃんのほほにキス「本気なのか?」
    さらに百瀬とクロちゃんはアイドルグループのコンサートに一緒に向かい、夜景のもとでデート。
    「私のことを好きになってほしい」と事実上の告白をすると、クロちゃんは前回放送に引き続き「僕とキスできる?」と問う。
    百瀬は「恋愛経験がないから…」と恥ずかしながら、「ほっぺたになら…」とクロちゃんの頬にキスをしていた。

    女性部屋で出演女性3人が「ガールズトーク」を展開した際には、「頬にキスをした」と他の女性2人に告白した百瀬。
    2人からは「口、臭くなかった?」と心配されていたが、クロちゃんへの気持ちは変わらない様子だ。

    この日もクロちゃんへのバッシングは止まらなかったが、百瀬を批判する声も相次いだ。その大半は百瀬の行動を「売名行為」と断罪するもので、

    《百瀬はるかは絶対売名だろ》
    《百瀬はるかは本気だったら絶対女に嫌われるタイプ》
    《会って1週間も経たずにキスしてる。台本のないヤラセでもないんだったら嫌いだわ、こういう女》
    《こいつのせいで番組の趣旨変わってきたわ。クロちゃんよりもこいつが気持ち悪い》

    次週が最終回であることが伝えられた。まさか2人が結ばれることはないだろうが…。

    http://dailynewsonline.jp/article/1618098/
    2018.12.20 11:01 まいじつ


    【【芸能】「クロちゃんよりも気持ち悪い」!?『モンスターハウス』出演女性に批判続出】の続きを読む



    (出典 jprime.ismcdn.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/20(木) 08:37:24.64 ID:CAP_USER9.net

    NHK大河ドラマ「西郷どん」も12月16日の放送で最終回を迎え、
    政府軍に追い詰められた西郷隆盛(鈴木亮平)と私学校の生徒たちが、城山に立て篭もり壮絶な最期を遂げる最終回には“神回”の声すら上がっている。

    「近年の大河ドラマは、2016年に放送された『真田丸』で“ナレ死”という言葉が流行るほど合戦シーンが少なく、
    昨年の『おんな城主 直虎』でも戦国時代を描きながら物足りなさを覚える視聴者から不満の声が上がっていました。
    ところが今回は徴兵された町民や農民の政府軍に兵器と兵力に劣る西郷軍が追い詰められていくシーンは、
    リアルで迫力があり往年の大河ドラマファンも納得しているようです」(テレビ誌ライター)

    さらに西郷を演じた鈴木は、幕末から明治時代に入ると体重を大幅に増やすなど役作りに励み、“カメレオン俳優”の名に恥じない演技。
    島津斉彬を演じた渡辺謙も「“よくやった!”というよりも、少し口幅ったい言い方ですが“俺の目に狂いはなかった”」と賛辞を惜しまなかった。しかしそんな中、番組冒頭のあるシーンにクレームが殺到しているという。

    「夜8時、『明治37年 京都』と時代背景を説明するテロップにかぶさるように、“佐賀県知事選 現職の山口祥義氏 2回目の当選確実”というテロップが挿し込まれたんです。
    これには視聴者も不満だったようで『なんでテロップが…』『テロップ邪魔!』『最終回くらいテロップ消してほしい』といったクレームがネット上に噴出しました。中には内容が佐賀に関することからか、
    西南戦争以前に起こった佐賀の乱にちなんで『いきなりテロップ佐賀の乱』『江藤新平の呪いテロ』といったコメントも書き込まれています」(エンタメ誌ライター)

    日曜日は選挙の投票日が多く、NHKとしては8時の投票締め切り直後に選挙速報を流すのは致し方ないところ。

    「だからでしょうか、熱心な大河ドラマファンの間では夕方6時スタートのNHK-BSプレミアムで見るファンが急増中なのです。
    ちなみに“3%台で健闘、4%台だと異例”と言われるBSの視聴率で、『西郷どん』は初回4.9%を記録。
    初回視聴率で比べると2016年『真田丸』3.3%、2017年『おんな城主 直虎』4.3%と、年々BSの視聴率が伸びています。
    こうした傾向の背景にも“テロップ問題”があるのかもしれません」(前出・エンタメ誌ライター)

    地上波の視聴率を上げたいなら、テロップは控えめに!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1617816/
    2018.12.20 07:15 アサジョ


    【【芸能】“神回”だった「西郷どん」最終回に視聴者のクレームが殺到した理由】の続きを読む



    (出典 cleaningblog.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/18(火) 21:50:21.38 ID:CAP_USER9.net

    12月13日に放送された情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)での、MC・加藤浩次の発言が注目を集めている。
    番組では、専業主婦に関するアンケートが紹介されたという。

    「番組では、『専業主婦の5割強が罪悪感を抱いている』という、調査機関によるアンケートを取り上げました。
    一部の主婦は、『健康なのに働かないなんて』など陰口を言われることもあるようで、悩んでいるのだとか。
    これに加藤は『それぞれの夫婦の形がありますから』『罪悪感を感じる必要はない』ときっぱりコメントし、視聴者の主婦から『救われた』と称賛の声が飛び交いました」(テレビ誌記者)

    かつては狂犬と呼ばれるバラエティのイメージが強かった加藤だが、2006年に同番組が始まって以降は、バランス感覚に優れたコメントで人気を博し、長年、朝の顔を務めている。
    しかし12月14日発売の「フライデー」によると、番組が近々打ち切られる可能性があるというのだ。

    「『フライデー』が日テレスタッフに取材したところ、近年は羽鳥慎一の『モーニングショー』(テレビ朝日系)に視聴率が大きく離されているそう。
    その原因は、サブMC・ハリセンボンの近藤春菜のコメントが説得力に欠け、主婦層に支持されていないからだと考えているようです。
    それならば近藤だけを降板させればいいのですが、どうやら彼女は加藤の推薦で加入した背景があるため、クビにするわけにはいかないとのこと。
    そのため、このまま数字が下がり続ければ、番組ごと打ち切りとなる可能性があるようです」(前出・テレビ誌記者)

    朝の情報番組は「PON!」を9月に打ち切ったばかりの日テレ。今度は「スッキリ」に大ナタを振るうことになるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1615721/
    2018.12.18 17:58 アサ芸プラス


    【【芸能】ハリセンボン春菜が原因?「スッキリ」がついに打ち切り間近の大ピンチ!】の続きを読む



    (出典 www.tv-asahi.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/07(金) 08:13:59.76 ID:CAP_USER9.net

    元テレビ朝日アナウンサーの徳永有美アナ(43)を迎え、10月から新たなスタートを切ったテレ朝の看板番組『報道ステーション』。

    「今テレ朝内では、『報ステ』は禁句になっている。数字が芳しくなく、なぜ徳永さんを起用したのか、という声がある。
    でも、早河(洋)会長直々の抜擢だから、何も言えない雰囲気がある」(テレ朝関係者)

    2カ月が経過した現在、視聴率が伸び悩んでいるばかりか、徳永アナに対する視聴者からの苦情が絶えない。

    「11月の平均視聴率は10パーセント台です。報ステの前枠で高視聴率の『相棒』と『リーガルV』が放送される、
    水曜と木曜の視聴率はなんとか2桁台に乗せますが、それ以外は1桁台の日も珍しくない。
    古舘(伊知郎)さんの時代には、なかったことです」(テレ朝局員)

    テレ朝の視聴者センターにはこんな意見が届いていた。

    〈不倫して辞めた人がなぜ戻ってこられるのか。(他人の)不倫ニュースがあったらどう報じるのか。(60代女性)〉

    〈あの方はよく噛むし、進行が下手。とても聞き苦しく感じます。(60代男性)〉

    〈徳永さんはただの主婦が出ている感じ。政治に詳しい人に出てほしい。(70代女性)〉

    別のテレ朝関係者が続ける。

    「報道・情報番組全体に寄せられる視聴者の意見は、多い日で1日150件前後。これまでの『報ステ』には、出演者のコメントやVTRの内容に対する批判が多かった。

    ですが、徳永さんの起用後、彼女の不倫問題や資質にネガティブな意見がほぼ毎日寄せられている。
    とても珍しい事態なんです」

    徳永アナといえば、2003年に内村光良(54)との不倫騒動が発覚し、担当していた番組を降板。
    2004年に『報ステ』のスポーツ担当キャスターを務めたものの、2005年に内村との結婚を選び、退社している。

    苦情が絶えないことについて、本誌はテレ朝に問い合わせると、真っ向から否定した。

    「苦情が殺到しているという事実はまったくありません。
    (平均視聴率は)2017年の同じ時期と比較しても上回った数字となっています」(テレビ朝日広報部)

    さて、当の徳永アナはどう感じているのか。
    11月28日、彼女を直撃した。

    「まだ始めたばかりなので、私自身は数字を気にしても、という感じです。今は楽しくさせていただいてます。
    いろんなご意見があるのは承知のうえで、そのことも覚悟して頑張って、向き合っていきたいなと思っています」

    気丈に、暗雲に立ち向かっていた。

    (週刊FLASH 2018年12月18日号)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181207-00010000-flash-ent
    12/7(金) 6:03配信


    【【芸能】なぜ不倫した女が…『報ステ』徳永有美アナに苦情殺到中】の続きを読む



    (出典 www.allnightnippon.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/14(水) 22:16:51.70 ID:CAP_USER9.net

    大晦日に放送される「第69回NHK紅白歌合戦」の出場者が、2018年11月14日に発表された。初出場は紅組があいみょん(23)、DAOKO。白組はKing & Prince、Suchmos、純烈、YOSHIKI feat. HYDE。

    初出場組のファンを中心にネット上では歓喜の声が広がっているが、その一方で、出場が有力視されていた「落選組」のファンの「なぜ落選したの?」といった声も続々と上がっている。

    米津玄師さん落選にネットどよめく
    事前情報では「当確」の報道もあった米津玄師さん(27)だったが、紅白の公式サイトで発表された出場歌手のリストにその名前は無かった。
    落選の一報を知ったファンからは、「あれ? 米津玄師さんは?」「落選は意外」など驚きの声が殺到。
    ほかにも、有力視されていたことを引き合いに出した上で、「本人が辞退したんじゃないか?」と、オファー自体はあったのではとする声もある。

    米津さんは18年1月から3月にかけて放送されたドラマ「アンナチュラル」(TBS系)の主題歌「Lemon」を担当。
    同局のミュージックビデオはYouTubeでの再生回数が2億回を突破するなど今年を代表する歌手だったため、驚きが広がっているようだ。

    なお、J-CASTニュ-ス編集部では、当選者以外に「#紅白で見たかった アーティストはいますか?」と、ツイッターの公式アカウントを通じてネット上に呼びかけた。
    その結果、秦基博さん、Nulbarich、THE ORAL CIGARETTES、BOYS AND MENといった名前が挙がった。

    「モーニング娘。」「TOKIO」も落選
    また、今年については世の中を騒がせた「事件」と紅白を絡める向きも多い。9月に飲酒運転とひき逃げの容疑で逮捕された吉澤ひとみ被告(33)の所属先だったモーニング娘。
    は、今年が結成20周年ということで、ファンの間では紅白への復帰を期待する声が大きかったが、その期待に反して落選となった。
    モーニング娘。が最後に紅白に出場したのは2007年であり、吉澤被告の事件と今年の落選は関係ないようにも思えるが、それでも、ネット上では「吉澤さんが面子潰した結果でたね」など、吉澤被告への怨嗟の声が噴出している。

    また、4月に当時の現役メンバーである山口達也さん(46)が未成年との淫行騒動を起こしたTOKIOだが、出場者リストの中に名前はなく、連続出場回数は昨17年までの24回で止まった。
    こちらについてもネット上では、「山口達也の責任を取らされた形」など、騒動さえなければとの声は多い。

    国民的歌番組の当落だけに、落選した歌手本人やファンの落胆ぶりはこの上なく顕著だ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15594721/
    2018年11月14日 16時23分 J-CASTニュース


    (出典 Youtube)

    米津玄師 MV「Flamingo」


    【【芸能】紅白でアノ人「なぜ落選?」 納得いかないファンから「怨嗟の声」も】の続きを読む

    このページのトップヘ