グルっと速報

トレンド、芸能ニュースや
アイドル画像まとめ、面白ニュース
女優、俳優、お笑い芸人情報などを幅広く更新です!

    カテゴリ: ひまつぶし



    (出典 i.gzn.jp)



    1 記憶たどり。 ★ :2018/12/03(月) 11:29:30.09

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00000032-it_nlab-life

    「道」「返」「逆」などの漢字に使われている部首は何でしょうか?

    難しい問題ではありませんが、答え方は「しんにょう」「しんにゅう」と人によって分かれるはず。
    一体、どちらが正しいんです?


    解説

    結論から言ってしまうと「どちらが間違いというわけではない」とされています。

    例えば、「しんにゅう/しんにょう」と呼ばれる部首には「迷」のように点が1つのもの、「遜」のように点が2つのものがあり、
    それぞれ「一点之繞」「二点之繞」と表現できます。

    この「繞」という字の読み方は「にょう」なので、「しんにょう」と読む方が正しそうに思えます。
    ただ歴史的には「しんにゅう」と呼ばれていた時代も長く、どちらも正しいとするのが一般的だといいます。

    ちなみに、筆者が調べた限り、文化庁Webサイトでは「基本的には『しんにゅう』が使われているが、
    議事録などを見ると『しんにょう』と呼んでいる人もチラホラ」という状態。どちらかというと“しんにゅう派”の方が
    多いのかもしれません。


    主要参考文献

    ・「運」や「進」の部首の名前は、「しんにょう」ですか「しんにゅう」ですか?(漢字文化資料館)
    ・「遡」や「遜」が点二つの「しんにゅう」で追加された理由(文化庁広報誌 ぶんかる)


    【【日本語】「道」の部首は「しん“にゅう”」なの? それとも「しん“にょう”」?】の続きを読む


    漢字力確認!「独擅場」を正しく読める?



    (出典 mitiyama.com)



    この漢字を読むことができますか。「読めるに決まっているだろう!”どくだんじょう”だろう?でも読めるよ!」と思 ...


    この漢字を読むことができますか。「読めるに決まっているだろう!”どくだんじょう”だろう?でも読めるよ!」と思っている方が大勢いるのでないでしょうか。2個漢字をもう一度よく見て下さい。2個漢字は”擅”です。”壇”ではありません。ですから、この漢字を”どくだんじょう”とは読みません。では一体何と読むのでしょうか。また、あなたはなぜこの漢字を”どくだんじょう”と読んだのでしょうか。

    なぜ、”どくだんじょう”と読んでしまったのでしょう。

    「独壇場」という言葉は、もともとは「独擅場」という言葉でした。大辞(三堂)によると、「独擅場」の意味として、「その人ひとりだけで、思いのとおりの振る舞いができるような場面・分野。ひとり舞台」と書かれています。私たちが、日常で使っている「独壇場」の意味そのものです。

    ですから、本来の意味を表す言葉としては、「独擅場」を使うはずです。ところが、「擅」という漢字と「壇」という漢字の形が似ていることから、多くの人が”どくせんじょう”を”どくだんじょう”と誤って読むようになり、表記も「独壇場」となり、「独壇場」の方が使われるようになったのです。

    答え「どくせんじょう」

    「独擅場」の読み方は”どくせんじょう”です。”どくだんじょう”と読むときには、「独壇場」と書きます。


    このように、誤った読み方や書き方が定着して慣用化してしまった漢字読み方を”慣用読み”といいます。日常的に慣用読みをしている漢字は多数あります。あなたは、それらの漢字本来の読み方をどのくらい知っているでしょうか。

    「刺客」という漢字の本来の読み方は何でしょう。

    「刺客」という漢字を見せられると、”しかく”と読んでしまいます。この”しかく”という読み方は、慣用読みです。では、本来はどのように読むのでしょう。


    答です。

    「刺客」の本来の読み方は、”せっかく”です。キーボードから”せっかく”と入して変換すると、「刺客」という漢字が出てきます。


    「輸出」という漢字の本来の読み方は何でしょう。

    「輸出」という漢字を見て、”ゆしゅつ”以外の読み方を思いつくでしょうか。しかし、この”ゆしゅつ”という読み方も、慣用読みです。本来はどのように読むと思いますか。


    答です。

    「輸出」の本来の読み方は、”しゅしゅつ”です。こんな読み方ご存知でしたか。


    「煮沸」という漢字の本来の読み方は何でしょう。

    「煮沸」という漢字は”しゃふつ”と読みますよね。にとっても常識的な読み方ではないでしょうか。しかし、この読み方も慣用読みなのです。では、本来はなんと読むと思いますか。


    答えです。

    「煮沸」の本来の読み方は、”しょふつ”です。


    本来は読み方が間違っていても、一般的に浸透してしまいそのまま定着してしまうと、慣用読みとして認められてしまうのですね。最初に覚えた読み方が慣用読みだった場合には、それが慣用読みだとは知らずに本来の読み方だと思ってしまいますね。

    時代とともに、現在読んでいる漢字読み方も慣用読みに変わっていくこともあるのでしょうね。

    慣用読みと本来の読み方の両方を知っている人は、かなりの漢字通の人ですね。そのような人は、難読苗字なども簡単に読めてしまうのでしょうか。この意味不明な漢字、なんて読む?この漢字苗字らしいぜ! という漢字の問題もありました。



    画像が見られない場合はこちら
    漢字力確認!「独擅場」を正しく読める?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【漢字力確認!「独擅場」を正しく読める?】の続きを読む


    初代を縮小復刻「プレイステーションクラシック」12月3日発売。『鉄拳3』など名作20タイトル収録
    初代を縮小復刻「プレイステーションクラシック」12月3日発売。『鉄拳3』など名作20タイトル収録  Engadget 日本版
    (出典:Engadget 日本版)



    (出典 www.suruga-ya.jp)



    1 風吹けば名無し :2018/09/19(水) 22:42:31.00 ID:5YHWb5Yka.net

    サルゲッチュ


    【プレイステーションクラシックに収録してほしい作品】の続きを読む


     ニコニコ動画の勢いに陰りが見え始めている。

     昨年11月28日に開かれた新バージョンniconico(く)」(ニコニコクレッシェンド)の発表会では、「ニコニコ生放送配信者用の新機追加などが告知されつつも、大多数のユーザーが望んでいたであろう動画画質遅延といった諸問題は、解決が先延ばしという事態になった。

     これが“炎上”を巻き起こし、ユーザー離れを加速させ、ニコ動プレミアム会員540円・税込)は、2017年度の1年間で36万人も減少している。運営元のカドカワ5月10日に発表した18年3月期通期決算では、売上高が2067億円で、営業利益は31億円となっている。売上高こそ前期0.5増だが、営業利益は62.6減となっており、同社のWebサービス事業を担うニコニコ動画が全体の足を引っったとみられる。

     そのカドカワは19年3月期の業績予想として、売上高2310億円(前期11増)、営業利益80億円(同154増)という、大胆な数字を提示している。映像ゲーム事業では、前期の営業利益29億円が70億円へ増加するとし、ニコ動を含むWebサービス事業も10億円の赤字が10億円の黒字反転すると予想している。

     ニコ動における今後の方策として、カドカワは「システム根本的な強化」や、ユーザーへの“投げ銭”制度のような「都度課金の導入」を掲げているが、わずか1年間でこれほどまでの復活を遂げるのは、決して容易ではないだろう。

     そこで、ITジャーナリスト井上トシユキ氏に、ニコ動が不振に陥った原因をめて分析してもらいつつ、今後の行く末を占ってもらった。

    ニコ動元来の魅は、軽率なメジャー化によって損なわれた

    「そもそも運営元は、ニコ動サービスを開始した際、これほどメジャーな存在になることを、どこまで想定していたのかという問題があります。振り返ると、ニコ動が現れた07年頃は、『YouTube』以外に『Ustream』などのメディアも出てきていました。これらのメディアは最初からメジャー志向であり、放送局や新聞社などが、自分たちの公式チャンネルを持ちたがるような場所づくりをしていたといえるでしょう。

     一方でニコ動は、“サブカルチャーのためのニッチなメディア”というのが基本スタンスだったはずで、『こういう話題の取り上げ方だってある』という、ほかのメディアに対する反がうかがえました。メジャーではない、ニッチなサブカルチャーに寄り添うことが、ニコ動のもともとの役割だったのです。本来なら、動画画質読み込み速度といった技術面は期待されておらず、運営元にとってもユーザーにとっても、ある程度の開き直りが通用していたように思います」(井上氏)

     しかし、近年は運営元とユーザーのすれ違いが大きくなってきており、それが今回の凋落に影を落としているのではないかと、井上氏は摘する。

    ニコ動が持つ二の面さは、プロセミプロも素人も、もが同じ土俵に上がれるというコンテンツの独自性でした。運営元にしてみれば、メジャーなものとマイナーなものを、うまく結びつけることができる場なのだという自負があったのでしょう。ただ、現実世界で活動していた有名人ニコ動に擦り寄ってくるようなケースがだんだんと増え始めたのです。その典例が政党ですね。

     イベントである『ニコニコ超会議』の第2回(2013年4月)に、政党自衛隊がブースを出すようになったあたりから、ニコ動空気感は明らかに変わってきています。サブカルチャーのみならず、歌舞伎相撲といったメインカルチャーを取り扱うようにもなりました。これにより、運営元には『ニコ動はもはやメジャーなのだ』という安堵、ひいては慢心が生まれたのかもしれません。

     恐らくユーザーは、ニコ動の守備範囲が広くなりすぎたことで、置いてきぼりにされたように感じてしまったのでしょう。そこでユーザーから、『本当にメジャーメディアになったつもりなら、技術面もしっかりしてくれ』というクレームが上がったのです。あえて触れずに長らく溜めてきた不満を、急にぶちまけるようになった、離婚で揉めている夫婦のようなものではないでしょうか」(同)

    ニコ動は先進的な方向へ行くより、むしろ原点回帰するべき?

     ニコ動は、メディアの立ち位置をマイナーからメジャーへと切り替えようとし、裏に出てしまったということのようだ。それにもかかわらず、再び増収増益に転じることができるとカドカワアピールする根拠はなんなのだろうか。

    「その自信がどこから来るのか、私にはわからないのが正直なところです。とはいえ、今回のようにユーザー運営元の間で一着あったというのは、ニコ動にとって新しく仕切り直すいい機会だとも考えられますので、運営元はトライ&エラーを繰り返してみるべきでしょう。プレミアム会員の数も減ってきてはいますが、今までができすぎだっただけで、数が一旦下げ止まったところが、実は適正規模なのかもしれません。

     しかし、運営元がさらなるメジャー化を推し進めるようなら、ニコ動はいよいよ危なくなるのではないでしょうか。例えばニコニコ生放送では、配信中に暴力沙汰が発生するなどの非常識な内容であれば途中で止める措置を取らなければいけませんし、所轄に通報がいくような仕組みだって必要。そうなると、これまで以上にスタッフや設備に投資する必要が出てきてしまい、どこで利益を上げればいいのかという話になります。

     何か事件が起こったら、世間からは『年端もいかない連中が好き勝手やっている、わけのわからないメディアだ』という印を抱かれるでしょうし、仮に運営元が『ニコ動では有権者と政治家が対等に議論できる』みたいなことをしても、『果たして本当か』とけてしまいますよね。メジャーになればなるほど常にリスクはつきまといますので、そこをコントロールするためのバランス調整がめられるということです」(同)

     なお、カドカワ自身は、ニコ動失速の原因に「システムの陳腐化による性劣後」「会員減少のニュースが解約を助長」「定額制課金サービス限界」を挙げている。このうち「定額制課金サービス限界」については、先述したように“投げ銭”制度(都度課金)の導入によって打破を試みるようだが、これを井上氏はどうとらえるのか。

    「“投げ銭”自体はよくある手法で、ネットでは多くの人々が試行錯誤してきています。古くは01年に開設された『1ch.tv』という掲示板サイトで、情報コンテンツ提供者に、1アクセス5~10円ほどの報酬を与える構想がありました。ニコ動も、ユーザーにタダで配信させるわけではなく、ちゃんと報酬を支払うのだというエコシステムを、に見えてわかりやすいかたちでつくり上げたいのでしょう。

     ですが、昨今では『SHOWROOM』のような事例もあるにせよ、“投げ銭”の成功例はそこまで多いわけではなく、1ch.tvでも未遂に終わっています。それだけに、今回ニコ動が軌に乗せることができれば、一つの武器になるのではないでしょうか。これが業績の立て直しに直結するとは断言できませんが、『やっぱりニコ動は、ネットならではのユニークな取り組みをするんだ』と、ユーザからのイメージ回復にはなりそうです」(同)

     ではニコニコ動画は今後、どのような未来をたどりそうか。

    「結局ニコ動にとっては、“共通した趣味や嗜好を持っている人同士が、心ゆくまで楽しむためのメディア”という現在ポジションを保つことが、長く続けるためのなのだと思います。そうすれば運営元もユーザーも、画質などの技術的な部分は、さほど意識しなくて済みそうですからね。

     逆に、企業としての業績や規模の拡大を性急に追求してしまうようだと、数年後にメディアそのものが消滅するとまではいいませんが、少なくとも影を失うことになるでしょう。ひとまず落ち着いて深呼吸し、足元を見てみるという時期があってもいいのではないでしょうか」(同)

     ニコ動は今、原点回帰をするべきタイミングに差しかかっており、その判断こそが将来の命運を分けるのかもしれない。
    (文=A4studio

    「ニコニコ動画」より


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 i.gzn.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【ニコ動、1年でプレミアム会員36万人減少の衝撃…なぜユーザーが不満ぶちまけ始めた?】の続きを読む


     No More RobotsイギリスゲームデベロッパーBroken Bear Gamesは、一人称視点RPG『Family Man』2019年初頭に発売すると発表し、新たなトレイラー開した。対応プラットフォームはPCとコンソール。価格は現時点では発表されていない。発表に合わせてSteamのストアページ開されている。
     なお、公式Discordチャンネルではクローズベータテストへの参加者を募集している。テスト2018年後半に開始予定だ。

     Family Man』の主人公どこにでもいる普通の父親だ。にはする妻とひとりの子どもがいる。
     しかしある日突然、彼は会社をクビになってしまう。プレイヤーは職を失い追い詰められた父親となり、借返済までの30日間を家族を養いながら生き残ることになる。

     『マインクラフト』を彷彿とさせるボクセルグラフィックながらも、ゲーム家族を確かめるような生易しい内容ではない。むしろ父親麻薬ビジネスに手を染める『ブレイキング・バッド』のようなクライム・ストーリーだ。
     ゲームの舞台となるのは少し変わりな沿いの町で、一見平和に見えるが犯罪組織が裏で暗躍している。プレイヤーはこの町に住む住人と協したり、あるいは邪魔をすることも可で、その洗濯と結果によってさまざまな影ゲーム内に現れる。

    (画像は『Family Man』Steamストアページより)

     生き残るためにどのような仕事に就くのかもプレイヤー自由だ。アルバイトに働き、父親としてモラルを保ったまま借返済をすのもいいだろう。
     しかし、アルバイトのような合法的な方法だけで、借を返済し家族を養えるほどのお金を稼ぐことはできるだろうか?

     世の中にはもっと薄汚くてたくさんのお金を稼げる職業もある。プレイヤー家族を守るため、人間のモラルを捨てるような行動を取ることもできる。開されたトレイラーではを手に人を脅したり、隣人バットで襲いかかったり、殺し屋として拳銃かを暗殺するシーンを見ることができる。
     ただし、どんな選択にも責任が伴う。選択による結果は周囲に住む人々との人間関係も左右するが、もっとも身近な存在である家族にはさらに大きな影を及ぼす。父親犯罪に手を染めたことを家族が知れば、一家の心はバラバラになってしまうだろう。あるいは、家族を一層強くする方法も存在している。

     借返済をす方法は自由だが、プレイヤー父親としてモラル家族を守る現実との間で、難しい決断を迫られることになる。

    (画像は『Family Man』Steamストアページより)

     『Family Man』は2015年Steam Greenlightに登録され、2016年の発売をしていた。しかし開発は難航し2017年へ延期。新たなスクリーンショット動画も散発的に開される程度で、ひさびさに「大きなニュースがもうすぐ発表される」と2017年末に告知があったものの、以降は音沙汰もなくなっていた。
     開発当初デベロッパーBlue Button Gamesという名前だったが、発売にあたってBroken Bear Gamesと名称が変更されている。紆余曲折あったことが推察されるが、待ちわびたようやくファンも安心できるといったところだろう。

     なお2015年Steam Greenlightページで発表されたこのゲームの構想には、返済をさずそのまま死ぬといった結末を含む複数のエンディングや、ライフサイクルを設定された住人、Oculus Riftサポートなどが挙げられていた。
     それから3年、発売される頃にはほぼ4年の日が流れることになるが、これらの要素がどうなっているのかも気になるところだ。

     プレイヤー父親としてのモラルを問う一人称視点RPGFamily Man』は、2019年初頭にPCとコンソールで発売予定。公式Discordではベータスターを募集しているので、気になる人はそちらにも応募してみてほしい。

    (画像は『Family Man』Steamストアページより)

    文/古嶋 誉幸

    一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Life人生屋台を折られてから幾霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 1.bp.blogspot.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【バイトから裏稼業まで選択肢が用意された借金返済RPG『Family Man』2019年リリースへ】の続きを読む


    いくつ知ってる?『意外すぎる意味を持った英単語』10選



    【いくつ知ってる?『意外すぎる意味を持った英単語』10選】の続きを読む


    『ちびまる子ちゃん』食い意地張りすぎの小杉にツッコミの声 「いい奴なんだか悪い奴なんだか…」



     8月26日放送のTVアニメちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)で、食い意地を小杉の行動が話題に。今回もネット上で大反が起こっていたので、ネット民のと共に内容を紹介していこう。

     話題のエピソードは『まる子のあるの日』の巻。まる子おじいちゃんからお小遣いをもらい、ウキウキ気分でアイスを買いにお店へ向かっていた。店のベンチでは、すでに小杉アイスを食べていて、そこに偶然杉山くんも合流して3人で食べることに。

     この時点で小杉の両手には2本もアイスがあり、まる子杉山くんは心配そうに見つめている。しかし小杉は「アイス2本で壊れるほどヤワじゃないぜ! 10本でも20本でもドンと来いだ!」と言いながら自慢のおを一叩き。2人は少し飽きれた表情で、再びアイスを食べ進めた。

     すると、まる子の食べていた棒アイスが“あたり”に。喜びながら2人に見せびらかすと、小杉が「なぁ」と一言だけまる子をかけてきた。まる子は一で感づき、手に持っていたアイスの棒を小杉に取られないように隠す。だが小杉はしつこく「2本じゃ足りねーんだよ、くれよ。いいじゃねーか友達だろ?」と言いながら理やり奪おうとする。人の物を強引に取ろうとする小杉に、視聴者からは「さすがにこの行動はクズすぎるwww」「食欲があるからってなんでも許されると思うなよ!」といったが続出している。

     その後まる子必死に応戦するも、小杉に取られそうになった拍子にアイスの棒が落下。しかもそこに偶然現れた野口さんのアイスの棒を踏み、足をどけてくれず、取れなくなってしまう。さらに横暴な態度の野口は、3人にラムネを買ってくるように命令。小杉が「が買ってきてやる。その変わりお駄賃に半分飲ませてくれよな」と交換条件を提示すると、野口が「何厚かましいこと言ってんだよ!」と怒りを露わに。ところが小杉は「厚かましいのはどっちだよ! に買わせるならお駄賃よこせ!」と言ってひるむ様子は見せず、最後には舌打ちまでしていた。

     相手がであろうと、ひるまずに食い意地を見せつける小杉視聴者は大爆笑。「まる子の棒を奪うのはひどいけど、野口に対して立ち向かうのはかっこよかったwww」「いいなんだか悪いなんだか…」「小杉の性格がどんどん暴になってない?」といった反が起こっている。小杉食欲が抑まる日は来るのだろうか……。

     この放送の翌27日、『ちびまる子ちゃん』の作者さくらももこさんが15日にがんのため死去していたことが知らされ、多くの人に衝撃を与えている。

     アニメちびまる子ちゃん』は、次回の9月2日放送分について、放送の内容を変更し、2011年10月16日に放送された『まる子、きょうだいげんかをする』『まる子つづらの中身が知りたい』が再放送されることとなった。『まる子、きょうだいげんかをする』は、原作25周年を記念して放送されたエピソードで、1990年1月7日に放送されたTVアニメ第1話のリメイク。また、16年5月がんで亡くなったおちゃん役・水谷優子さんのも聞ける回となる。

    ちびまる子ちゃん 公式サイトより


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【『ちびまる子ちゃん』食い意地張りすぎの小杉にツッコミの声 「いい奴なんだか悪い奴なんだか…」】の続きを読む


    ジャンプ最強のライバルキャラランキング | ニコニコニュース



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    創作作品において主人公を引き立て、かつ成長の材料としても重要なポジションとなる「ライバル」。作品によって立ち位置は異なりますが、主人公の超えるべき壁として現れる事が多いですね。
    中でもバトルものやスポーツものの多い少年漫画ではかっこいい「ライバル」が登場する事が多く、主人公との熱い戦いなど、作品を大いに盛り上げてくれています。

    そこで今回は「ジャンプ最強のライバルキャラ」について調査・ランキングにしてみました。一体どのキャラクターが選ばれるのでしょうか?

    1位 ベジータ
    2位 ラオウ
    3位 日向小次郎
    4位以降のランキング結果はこちら!

    1位は『ドラゴンボール』の「ベジータ」!

    誇り高きエリート戦士、『ドラゴンボール』の「ベジータ」が堂々の1位に輝きました。
    初登場時は侵略者としての側面が非常に強く、「ライバル」というよりは残虐な「悪役」だった彼、悟空に敗れナメック星やセルゲームでの葛藤や修行を経て、いつの間にか悟空の良きライバルとなっていましたね。
    中盤ではセル(完全体一歩手前)を追い詰めるほどの強さを見せつけ、終盤ではバビディの術を利用して自身を強化し悟空に戦いを挑むなど、作中でも悟空に一番近しい強者として活躍していましたね。

    2位は『北斗の拳』の「ラオウ」!

    世紀末覇者、『北斗の拳』の「ラオウ」が2位を獲得しました。
    北斗4兄弟の長男として北斗神拳を会得しようとしたものの伝承者はケンシロウに決まり、自身の拳を封じようとした師リュウケンを殺害、各戦争後の世界を文字通り身一つで征服せんとしたラスボス兼ライバルでした。

    3位は『キャプテン翼』の「日向小次郎」!

    明和FCのエースストライカー、『キャプテン翼』の「日向小次郎」が3位にランク・インしました。
    翼たちとは異なり「負けないサッカー」を信条としており、スポーツとして楽しむというよりは勝負に勝ちにいく姿勢が強い彼は、時に攻撃的で野生を感じさせるプレーで翼たちを圧倒しました。

    いかがでしたか?
    1位と2位はなんとなく想像通りだったのですが、3位の「日向小次郎」のランク・インには素直に驚かされました。

    今回は「ジャンプ最強のライバルキャラランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位~46位のランキング結果もぜひご覧ください!

    調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
    有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
    調査期間:2018年7月19日~2018年7月19日
    ジャンプ最強のライバルキャラランキング


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ジャンプ最強のライバルキャラランキング !】の続きを読む

    このページのトップヘ