グルっと速報

トレンド、芸能ニュースや
アイドル画像まとめ、面白ニュース
女優、俳優、お笑い芸人情報などを幅広く更新です!

    カテゴリ:スポーツ > サッカー



    (出典 www.hochi.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/24(水) 19:54:01.92 ID:CAP_USER9.net

    歴代の彼氏がみなマッパ写真を持っている。コーチにハラスメントを受けた。彼氏から8股をかけられたなど
    ぶっちゃけ発言を連発している元なでしこジャパンの丸山桂里奈。またしても秘密を告白し、注目を集めている。

    ぶっちゃけ発言を行なったのは10月22日放送の「おぎやはぎの『*』テレビ」(AbemaTV)でのこと。
    丸山は初めて大人の男女の営みをするにあたって、母親にわざわざ「今日、行ってきます」と宣言していったのだという。
    丸山は続けて「お父さんに(報告するの)はさすがに無理でした」と話している。

    「この衝撃の告白をしたのは彼女が大学生の時だったそうです。つまり丸山は大学生で“挿入”を許したということです。
    これがアイドルやグラドルの発言なら興奮ものですが、丸山では…」(テレビ誌ライター)

    視聴者の反応も同様で「まったくいらない情報を公開して」「誰がよろこぶんだ」と大ブーイングが起きている。

    「さらにアキレるのは彼女の母親の反応です。丸山によるとヤリます宣言を聞いた母親は『ついに来たね』という反応だったとか。
    もっと早くこういうことがあっても良かったと思っていたはず、と、その時の母親の気持ちを代弁しています。
    正直に言って母親の反応としてこれはどうなんでしょうか」(前出・テレビ誌ライター)

    この時の体験が丸山桂里奈を“奔放肉食系キャラ”に変えてしまったのかもしれない!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1548123/
    2018.10.24 17:59 アサ芸プラス


    【【芸能】丸山桂里奈が初体験を大学生の時と告白も“いらない情報”とブーイング!】の続きを読む


    ウルグアイサッカー協会(AUF)は21日、オスカル・タバレス監督(71)と2022年まで契約を延長したことを発表した。この結果、同監督2022年カタールワールドカップ(W杯)までチームを率いることになった。

    惜しくもベスト8で敗退したロシアW杯までウルグアイを率いていたタバレス監督71歳という高齢と近年の健康問題を理由に、同大会限りで指揮官の座を下りることが濃厚とみられていた。また、今の代表ウィークは同監督に代わってファビアンコイト氏が暫定指揮官として揮を執っていた。

    しかし、AUFは21日にタバレス監督と新たに2022年までの4年契約を結んだことを発表した。これにより、2006年に2度指揮官に就任した同監督は16年の長期政権を継続することになった。

    現役引退後の1980年監督キャリアスタートしたタバレス監督はダヌービオ、ペニャロールなど内の強クラブ指揮官を歴任し、1988年から1990年までウルグアイ代表を率い、1990年イタリアW杯出場に導いた。

    その後、一度代表から離れてボカ・ジュニアーズやミランなど外のクラブ指揮官を務めた同監督2006年3月に2度ウルグアイ代表監督に就任。そして、2010年南アフリカ大会で3位に導くなど、2014年ブラジル大会、直近のロシア大会と3大会連続で同を本大会の舞台へと導いてきた。また、同監督の代表通算185試合揮、4度のW杯本大会での揮はいずれもウルグアイ歴代最多の数字だ。

    なお、タバレス体制の継続が決まったウルグアイは、来16日に埼玉スタジアム2002で行われる『キリンチャレンジカップ2018』で日本代表と対戦する予定だ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 f.image.geki.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【ウルグアイ代表、71歳のタバレス監督と2022年まで契約延長! 来月日本代表と対戦!】の続きを読む


    Football League)は、日本のプロサッカーリーグ。略称はJリーグ(ジェーリーグ、英語: J.LEAGUE)。 主催団体は公益財団法人日本サッカー協会(JFA)、公益社団法人日本プロサッカーリーグ。主管団体はJリーグに加盟する各クラブ。加盟するには参加カテゴリーに対応した単年のみ有効のクラブライセンスが必要である。
    169キロバイト (14,037 語) - 2018年9月14日 (金) 21:38



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 Egg ★ :2018/09/13(木) 10:02:20.85 ID:CAP_USER9.net

    Jリーグの原博実副チェアマンが元日本代表監督のオシム氏と会談を持った。12日、都内で取材に応じ明かした。

    9月頭にオーストリアを訪ね、Jリーグの今後などについてアドバイスをもらったという。「非常にお元気だった。ワールドカップ(W杯)では日本とクロアチアが新しい発見だったとおっしゃっていた」。

    ロシアでの日本の戦いや、日本人の良さ、特長など話し合いは食事も挟み約5時間のロングランだったという。その場では「『ハリルは何であのタイミングでクビになったんだ? だけど西野はいい仕事をした』という話にもなった」という。

    9/13(木) 7:53配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00328718-nksports-socc


    【【サッカー】<Jリーグの原博実副チェアマン>オシム元監督と会談!「ハリル何でクビ?」】の続きを読む


    〇〇になった元代表主将に・・・・



    BBC』は30日、「サミュエル・エトーは、元カメルーン代表キャプテンのノルベール・オウォナにを買うことを約束した」と報じた。

    ノルベール・オウォナは今年67歳。1970年ワールドカップの予選に出場したカメルーン代表MFで、1972年アフリカネイションズカップキャプテンを務めた選手だ。

    しかし彼は引退後厳しい生活を余儀なくされ、家族とも死別。現在はドゥアラのホームレスとして生活しつつ、ヘルニアに苦しんでいる。

    それが先日ドキュメンタリーで放映されたことで話題を集めたところ、サミュエル・エトーはなんと50CFAフラン(10万円)を寄付するとともに、提供することを申し出たとのことだ。

    エトーは先日トルコのコンヤスポル突然退団し、カタールリーグカタールSCに加入。自身初めて中東リーグプレーすることを決断している。

    エトーさんカッコイイ…ホームレスになった元代表主将に「家」を買う


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【〇〇になった元代表主将に・・・・】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 3倍理論 ★ :2018/08/28(火) 17:48:23.44 ID:CAP_USER9.net

    サッカーJ1神戸に加入したイニエスタが期待に違わぬ活躍を見せている。世界中のサッカーファンを魅了してきた元スペイン代表はあっという間にチームにフィット。この司令塔見たさにホーム戦だけでなく、アウェー戦もチケット完売が続き、海外メディアもイニエスタの動向を追っている。

     スペイン1部のバルセロナ、そしてワールドカップと欧州選手権のメジャータイトル3連覇を達成したスペイン代表の黄金期を中心選手として支えたイニエスタへの期待は加入前から高かった。

     ドリブル、パス、華麗なターンといった技術だけではない。Jリーグの原博実副理事長は「体つきはむしろ日本人よりもきゃしゃ。手本になるし、夢を与える存在になってくれる」と語り、チームメートだけでなく、未来の日本代表を背負う子供たちへの好影響に期待を込める。

     イニエスタはJ1第17節の湘南戦(7月22日)にデビューすると、第21節・磐田戦(8月11日)、第22節・広島戦(同15日)で連続得点と上々のスタートを飾った。

     海外メディアもすぐさま反応した。元ドイツ代表FWポドルスキからのパスを受けて、ワンタッチで前を向き、GKも交わして決めた磐田戦の得点について、英BBC放送は「ブリリアント(素晴らしい)」と称賛。英メディア「メトロ」も「センセーショナル」と報じた。別の英メディアは「彼は日本に行っても自身の能力を失っていない。日本での生活を楽しんでいる」と伝えた。

     海外で報道されることがJリーグに恩恵をもたらすと指摘する声もある。

     「Jリーグがスタートして25年。リーグとして成熟した半面、創成期に比べて大物が減った。今はネットを通じて多くの人が情報を得る。イニエスタのプレーを見て『自分も行ってみようか』と思う選手も出てくるはず」と話すのはあるJリーグクラブの関係者。近年中国勢に押され気味のリーグの存在感が高まることへ期待を示した。

     5月のイニエスタ入団決定から2カ月、J1鳥栖には元スペイン代表フェルナンドトーレスが加入した。スペイン代表でともに戦った名FWはイニエスタに日本行きについて話をしていたといい、鳥栖行きの決断に影響を与えたことは間違いない。2人は来日後、初の対戦となった天皇杯4回戦(8月22日)後、ツイッターに投稿し再会を喜び合った。

     今季3位以内でシーズンを終えれば、アジア・チャンピオンズリーグの出場権を手にすることができる。「すばらしい雰囲気でやれていることに喜びを感じている。勝ち点を積み上げていくだけさ」とイニエスタ。終盤に入ろうとするリーグ戦で天才司令塔がどんなプレーを見せてくれるのか。ますます目が離せなくなりそうだ。

    https://www.sankei.com/premium/news/180827/prm1808270007-n2.html


    【【サッカー】イニエスタ効果続々 海外メディアも注目で次なる“大物”来日も】の続きを読む



    (出典 jprime.ismcdn.jp)



    1 Egg ★ :2018/08/28(火) 06:22:58.06 ID:CAP_USER9.net

    日本代表とU―21代表を兼任する森保一監督(50)が、A代表初陣となる9月の親善試合(7日・チリ戦、11日・コスタリカ戦)で16年リオデジャネイロ五輪代表のMF南野拓実(23)=ザルツブルク=を招集することが27日、濃厚になった。

     複数の協会関係者によると、森保監督は南野のドリブルや高いシュート技術などを高く評価。15年11月のロシアW杯アジア2次予選以来A代表からは遠ざかっているが、リオ五輪では主力として全3試合に出場。

    ザルツブルクでも昨季は28試合7得点6アシストで5連覇に貢献した。今季も開幕から公式戦全8試合に出場し、同リーグ出場100試合目となった25日のアルタッハ戦では決勝点をアシストするなど好調を維持している。

     森保体制の初陣となる今回はロシアW杯の主力メンバーは呼ばない方針で、国内組と海外組の若手を中心にメンバー編成する見リオ五輪世代は南野のほかにFW浅野拓磨(23)=ハノーバー=やDF遠藤航(25)=シントトロイデン=ら、東京五輪世代ではMF堂安律(20)=フローニンゲン=、MF伊藤達哉(21)=ハンブルガーSV=、DF冨安健洋(19)=シントトロイデン=ら10人前後の欧州組の招集が検討されている。

    8/28(火) 6:11配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00000061-sph-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【サッカー】<日本代表>森保監督、若手を中心にメンバー編成】の続きを読む


    ヤングなでしこ、ドイツに3-1勝利でU-20 W杯4強進出



    遠藤、植木、宝田のゴールでU-20女子日本代表が勝利、準決勝でイングランドと激突へ

     ヤングなでしこの愛称を持つU-20女子日本代表は、強豪ドイツに3-1と勝利し、U-20女子ワールドカップ(W杯)の準決勝進出を決めた。互角の前半を終え、MF遠藤純(JFAアカデミー福島)の先制ゴールを皮切りに後半3ゴールを奪った一方、反撃を1点に抑え込んだ。

     前半は立ち上がりから池田太監督が「失点を先にしたくなかったので重いゲームになった」と振り返ったように、互いに崩れない守備をベースにした戦いでチャンスが生まれなかった。それでも日本は前半35分くらいからペースを奪い始め、徐々にゴール前の形も生まれていった。試合後、池田監督はハーフタイムに「狙いは間違っていなかったので、精度と思い切りを高めようと話した」と指示を明かしている。

     攻撃でチャレンジする場面が生まれ、リズムをつかんでいった日本は、後半14分に均衡を破った。右サイドのMF宮澤ひなた(日テレ・ベレーザ)のサイドチェンジを受け取った遠藤は、利き足の左足でのシュートと見せたキックフェイントで中央に切り込むと、右足でファーサイドに流し込んで値千金の先制ゴールを奪った。

     さらに日本は同25分、FW宝田沙織(セレッソ大阪堺レディース)のスルーパスからゴール前に抜け出したFW植木理子(ベレーザ)が相手GKと1対1になると、足の間を狙ってシュート。GKの足に当たってコースは変わったものの、ゴールポストに当たったボールはそのままゴール内に吸い込まれて貴重な追加点となり2-0とリードを広げた。

    池田監督が「このチームの良さ」として二つの要素を強調

     すると3分後にはMF林穂之香が左サイドに展開し、オーバーラップしたDF北村菜々美がクロスを上げると宝田が右足で合わせてゴール。C大阪でプレーする息の合ったトリオが日本に試合を決定づける3点目をもたらした。

     同37分にはゴール正面からのミドルシュートで1点を返されたものの、日本はこのまま3-1で勝利。オランダを破ったイングランドと対戦する準決勝に進出した。もう一方の準決勝はグループリーグで日本に勝利したスペインと開催国フランスの対戦となり、4強のうち3チームをヨーロッパ勢が占めることになった。

     池田監督は「選手たちは凄い。いろいろなプレッシャーのなかで経験を積み上げている。またこのチームの良さであるハードワークと笑顔で準決勝を迎えたい」とベスト4以降の戦いを見据える。欧州勢の壁を打ち破り、ヤングなでしこはこのU-20世代では初となる世界の頂点を奪うべく、勢いに乗ったチームはチャレンジを続けていく。(Football ZONE web編集部)

    ヤングなでしこ、ドイツに3-1勝利でU-20 W杯4強進出へ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ヤングなでしこ、ドイツに3-1勝利でU-20 W杯4強進出】の続きを読む

    このページのトップヘ