グルっと速報

トレンド、芸能ニュースや
アイドル画像まとめ、面白ニュース
女優、俳優、お笑い芸人情報などを幅広く更新です!

    カテゴリ: スポーツ


    ヤクルト山田哲人「結果出ていない」誕生日白星逃す


    ヤクルト山田哲人「結果出ていない」誕生日白星逃す ヤクルト山田哲人「結果出ていない」誕生日白星逃す
    …<ヤクルト3-6巨人>◇16日◇神宮ヤクルト山田哲人内野手の27歳の誕生日を、白星で祝えなかった。「“一日一善”のように1日1日を頑張る」と誓って臨ん…
    (出典:野球(日刊スポーツ))



    【 ヤクルト山田哲人「結果出ていない」誕生日白星逃す】の続きを読む


    八村塁が同僚に紹介「白えびビーバー」 反響でメーカーのウェブサイトがダウン状態に…


    八村塁が同僚に紹介「白えびビーバー」 反響でメーカーのウェブサイトがダウン状態に… 八村塁が同僚に紹介「白えびビーバー」 反響でメーカーのウェブサイトがダウン状態に…
    NBAのウィザーズの八村塁(21)がチームメートに“お裾分け”した地元北陸の菓子「白えびビーバー」を製造する北陸製菓のホームページが14日、“ダウン状態”となった。
    (出典:エンタメ総合(デイリースポーツ))


    八村 (はちむら るい, 1998年(平成10年)2月8日 - )は、日本の男子バスケットボール選手。富山県出身。身長203cm、体重106kg、父親がベナン人、母親が日本人。ポジションはパワーフォワード/スモールフォワード。2019年NBAドラフト一巡目でワシントン・ウィザーズより指名を受けた(全体9位)。
    15キロバイト (1,525 語) - 2019年7月14日 (日) 13:56



    【 八村塁が同僚に紹介「白えびビーバー」 反響でメーカーのウェブサイトがダウン状態に…】の続きを読む


    <ガンバ大阪>清水エスパルス戦は矢島慎也に初ゴールが生まれ1-0勝利!!


    <ガンバ大阪>清水エスパルス戦は矢島慎也に初ゴールが生まれ1-0勝利。ファン・ウィジョの胴上げも。
    …前節のFC東京戦では7試合ぶりに黒星を喫したガンバ大阪。その悔しさを断ち切るためにも、また順位的にも近い相手だと考えても勝利が欲しい一戦だったが、0-…
    (出典:サッカー(高村美砂))


    ガンバ大阪ガンバ おおさか、Gamba Osaka)は、日本の大阪府吹田市、茨木市、高槻市、豊中市、池田市、摂津市、箕面市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 1980年創部の松下電器産業サッカー部が前身であり、1993年のJリーグ開幕時より加盟し
    178キロバイト (16,805 語) - 2019年7月8日 (月) 16:36



    【<ガンバ大阪>清水エスパルス戦は矢島慎也に初ゴールが生まれ1-0勝利!!】の続きを読む


    中島翔哉、違約金97億円に設定…ポルトと5年契約「すごく好きな・・・」


    中島翔哉、違約金97億円に設定…ポルトと5年契約「すごく好きなチームだった」 中島翔哉、違約金97億円に設定…ポルトと5年契約「すごく好きなチームだった」
    ポルトガル1部ポルトは5日、日本代表MF中島翔哉(24)が、カタール1部アルドハイルから加入すると発表した。契約は2024年までの5年で、背番号は8…
    (出典:サッカー(スポーツ報知))


    中島 翔哉(なかじま しょうや、1994年8月23日 - )は、東京都八王子市出身のサッカー選手。FCポルト所属。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。日本代表。 サッカー選手の小池龍太は母方の従弟。 6歳の時にサッカーを始めるも、同時期に両親が離婚し、母子家庭に育ち、2つのサッカースクール
    43キロバイト (4,672 語) - 2019年7月6日 (土) 17:53



    (出典 portal.st-img.jp)



    【 中島翔哉、違約金97億円に設定…ポルトと5年契約「すごく好きな・・・」】の続きを読む


    錦織 準優勝した2014年全米OPとの共通点。悲願達成への期待高まる[ウィンブルドン]


    錦織 準優勝した2014年全米OPとの共通点。悲願達成への期待高まる[ウィンブルドン] 錦織 準優勝した2014年全米OPとの共通点。悲願達成への期待高まる[ウィンブルドン]
    …「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月1日~男子14日・女子13日/芝コート)で、4度目のベスト16進出を果たした錦織圭(日本/日清食品)。ここ…
    (出典:スポーツ総合(THE TENNIS DAILY))


    錦織 (にしこり けい、1989年12月29日 - )は、島根県松江市出身の男子プロテニス選手。日清食品所属。松江市立乃木小学校、開星中学校、青森山田高校卒業。 身長178cm、体重75kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。 ATP(男子プロテニス協会)が発表する世界ランキング自己最高
    115キロバイト (15,228 語) - 2019年7月2日 (火) 12:37



    【 錦織 準優勝した2014年全米OPとの共通点。悲願達成への期待高まる[ウィンブルドン]】の続きを読む


    【MLB】大谷翔平の本塁打競争出場は? 米メディア注目「間違いなくファンの関心を集める」


    【MLB】大谷翔平の本塁打競争出場は? 米メディア注目「間違いなくファンの関心を集める」 【MLB】大谷翔平の本塁打競争出場は? 米メディア注目「間違いなくファンの関心を集める」
    …)の本拠地アスレチックス戦で今季初の1試合2本塁打を放ったエンゼルスの大谷翔平投手。7月8日(同9日)に行われるホームランダービーに出場するかに注目が…
    (出典:野球(Full-Count))



    【【MLB】大谷翔平の本塁打競争出場は? 米メディア注目「間違いなくファンの関心を集める」】の続きを読む



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/21(金) 16:53:40.92 ID:CAP_USER9.net

    「1年ってすごく早いなと思った」

    21日に開幕する全日本フィギュアの公式練習が行われた20日、こう吐露したのは女子の本田真凜(17)である。

    平昌五輪の出場権がかかった昨年の全日本ではショート(SP)、フリー(FS)ともにジャンプにミスが出て7位。
    五輪代表を逃し、同大会で優勝した宮原知子(20)と2位の坂本花織(18)が選出された。昨年、彗星のごとく現れた坂本は一躍「時の人」に。
    今年はグランプリ(GP)ファイナルで平昌金メダリストのザギトワ(ロシア)を破って優勝した紀平梨花(16)がその椅子に座った。

    さかのぼること2年前、真凜にもそんな時代があった。2016年に初出場した世界ジュニア選手権でSP、FS共に自己ベストを大きく更新して優勝。
    瞬く間に注目を浴び、JALとスポンサー契約を結んだ。人気先行と揶揄されながらも、引退した浅田真央(28)の“後継者”として常に耳目を集めていた。

    が、今季はGPシリーズで表彰台はゼロ。今年4月には幼少期から指導を受けてきた濱田美栄コーチの元を離れ、米国に拠点を移したものの、
    世界のトップに躍り出たのは皮肉にも、濱田コーチの指導を受ける同門の後輩・紀平だった。

    「環境が変わって全てが変わって、自分が一番変わった年だった。ジャンプはまだうまく噛み合わない部分もあり、精神的な部分でもうまくハマっていないところもある。
    自分が一番試されている年。目標は点数に関係なく、SPもFSもクリーンな演技を目指してベストな演技ができたら」

    この全日本で自分を追い抜いていった後輩に一矢報いることはできるか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181221-00000021-nkgendai-spo
    12/21(金) 12:00配信


    【【フィギュア】2年前はアイドル級の人気…本田真凛“元ポスト真央”の悲哀】の続きを読む



    (出典 about.smartnews.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/21(金) 17:54:41.81 ID:CAP_USER9.net

    内海哲也投手(36)の西武移籍のショックの余波が止まらない。FA(フリーエージェント)に伴う人的補償で巨人から西武へ移籍した内海が2018年12月21日、西武の球団事務所で入団会見を行った。
    背番号は巨人時代の「26」から「27」に決まり新天地での活躍を誓ったが、精神的支柱を失った巨人投手陣のショックは大きく、今後の士気に影響を及ぼす可能性も出てきた。

    球界に激震が走った内海の流出劇。内海は自身が28人のプロテクトリストから漏れていたことを知らず、人的補償に伴う西武への移籍は巨人の球団関係者からのいきなりの通告だったという。
    「ルールなんで仕方ない」と達観する内海だが、投手陣のみならずナインに与えた精神的動揺は計り知れない。

    巨人の「慌てぶり」感じさせるコメント
    投手陣のリーダー的存在で、6度のリーグ優勝、2度の日本一に貢献し、最多勝(2回)、最多奪三振(1回)のタイトルを獲得するなど若手投手から全幅の信頼を寄せられていた。
    他球団から移籍してきた投手への気配りも怠らず、気兼ねなく練習が出来る環境を整え、生え抜き選手との壁を作らぬように食事会などを催していた。

    投手陣のみならず捕手陣からの信頼も厚い。西武移籍に際しては、阿部慎之助捕手(39)をはじめとし、小林誠司捕手(29)、大城卓三捕手(25)らが続々とコメントを発表し、一様に「さびしい」と口をそろえた。
    関係各所に連絡したという内海は「やっぱりみんな寂しいと言ってくれた」と話し、巨人に残った後輩らに「頑張れ」とエールを送ったという。

    今回の内海の移籍に関して球界関係者は「巨人は内海をプロテクトリストから外した時点で西武に取られることをある程度は想定していたはず。来季、菊池が抜けることを考えれば、西武は当然、左の即戦力がほしいところ。
    ただ、これだけの騒動になるとは想定していなかったのでしょう。球団のトップが移籍する選手にコメントを出すのは異例で、巨人の慌てぶりが見て取れますね」と話した。

    巨人は今オフ、FAでの補強に加え、次々と補強を重ねてきた。投手陣に目を向ければ、マリナーズを自由契約になった岩隈久志投手(37)、巨人から自由契約となり再契約をした上原浩治投手(43)らベテランが加入。
    岩隈と上原はともに日米のリーグで実績を残しており、若手投手の生きた手本になることが補強の決め手になったと見られるが、36歳の内海をプロテクトから外したことについて、ネット上ではファンから疑問の声が多数寄せられている。

    内海見送り...広島の狙いは?
    28人のプロテクトリストから内海が漏れていたことを考慮すると、巨人は若手を中心としたリストを作成した可能性が高い。
    内海はチームにとって精神的支柱であったが、昨季は2勝7敗、今季は復活の兆しは見られたものの5勝5敗に終わっている。
    球団はベテランの復活の可能性よりも、若手の将来的な可能性を選択したとみられる。

    巨人投手陣の絶対的な存在が抜けたことは、ナインにどのような影響を及ぼすのだろうか。前出の関係者は次のように指摘する。

    「巨人の投手陣の結束は固い。内海が抜けたことで若手投手は相当なショックを受けている。
    これが球団への不信感につながる恐れもあります。一番心配されるのが若手のモチベーション低下ですね」
    今回、巨人は西武と広島に対して人的補償をする可能性があった。FAのルールでは、西武と広島の獲得希望選手が重複した場合、同一リーグが優先されるため、広島に選択権があった。
    だが、広島は事前に西武から内海を指名する旨を聞いた上で、これを了承し、今回の移籍が成立した。

    広島は人的補償での獲得選手について慎重な姿勢を崩さず、年越しを辞さない構えを見せている。
    チーム事情から投手の獲得に動く可能性が高く、内海を見送った経緯から若手投手の獲得も十分に考えられる。
    今オフ、FAで炭谷銀仁朗捕手(31)、丸佳浩外野手(29)を獲得し、より一層の厚みを増した原巨人だが、その代償は大きなものとなりそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15774419/
    2018年12月21日 17時3分 J-CASTニュース


    【【芸能】内海ショック広がる巨人投手陣 「若手のモチベ低下」リスクも】の続きを読む

    このページのトップヘ