グルっと速報

トレンド、芸能ニュースや
アイドル画像まとめ、面白ニュース
女優、俳優、お笑い芸人情報などを幅広く更新です!

    カテゴリ:トレンドニュース > 経済



    (出典 www.cr.mufg.jp)



    1 サーバル ★ :2018/12/27(木) 10:44:41.04

    ファミマがスマホ決済 「ファミペイ」全店で
    2018年12月27日 6:30

    ファミリーマートは2019年7月、独自の電子マネーを導入する。スマートフォン(スマホ)を使った決済で消費者の購買データを分析し、商品開発や来店促進に生*。セブン―イレブン・ジャパンも19年夏までに独自のスマホ決済を導入する計画で、ネット系企業が競うキャッシュレス決済にコンビニ大手も本格参入する。

    ファミリーマートの全国1万7000店で電子マネー「ファミペイ」を始める。消費者がスマホ画面に表示し

    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO3942222026122018MM0000?s=1


    【【乱立】ファミマ独自の電子マネー「ファミペイ」全店で導入へ QRコード決済】の続きを読む



    (出典 ferret-one.akamaized.net)



    1 ばーど ★ :2018/12/25(火) 09:01:11.20

    NHK速報

    日経平均株価 リアルタイム
    https://nikkei225jp.com/chart/


    【【速報】日経平均株価、暴落 2万円割れ】の続きを読む



    (出典 www.s-pal.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/18(火) 06:25:57.14

    ドトール・日レスホールディングスが岐路に立たされている。
    これまで、同社の売上高は緩やかながらも増加傾向を示していたが、2018年3~8月期は、前年同期比1.2%の減収となってしまった。

    主力のコーヒーチェーン「ドトールコーヒーショップ」が不振に陥ったためだ。このまま一気に坂道を転がっていくのだろうか。

    ドトール・日レスの18年2月期(通期)の売上高は1311億円。8期連続での増収を達成しており、この間、3割増やすことに成功した。
    同社はドトールのほか、コーヒー店の「エクセルシオールカフェ」「星乃珈琲店」、パスタ専門店「洋麺屋五右衛門」など複数の飲食店を展開。
    それぞれ好不調があるが、全体としては増収を保っていた。

    近年で売上高に大きな貢献を果たしているのは、星乃珈琲店だ。店舗によってはブレンドコーヒーを700円以上で提供する高級店。
    アンティークのソファなどを配置するなどして高級感を演出しているのが特徴だ。11年3月に1号店をオープンし、今年8月末には223店を展開するまでに成長した。
    店舗の9割強が直営となるが、18年3~8月期の直営店売上高は79億円で、前年同期から9.3%増と大幅な増収を達成している。

    一方、エクセルシオールカフェは厳しい状況が続いている。低価格のドトールよりは高く、星乃珈琲店よりは安いという位置づけで、今年8月末時点で124店を展開している。
    ただ、近年は不採算店の閉鎖を進めたことで店舗数は減少傾向が続いている。
    08~10年ごろは170~180店程度を展開していたが、その頃からは3割減ったかたちだ。
    売り上げも減少傾向が続いている。店舗の8割が直営となるが、18年3~8月期の直営売上高は50億円で前年同期から2.2%減った。

    不調のエクセルシオールを立て直すにしても、好調な星乃珈琲店をさらに広げるにしても、“大番頭”のドトールがあってこそだ。しかし、そのドトールが近ごろ変調をきたしている。

    ●ドトール、急激な業績不振

    ドトールの1号店が誕生したのは1980年。当時のコーヒー1杯の価格は300円程度が一般的だったなか、150円という低価格で販売を始めた。
    価格の安さがビジネスパーソンを中心に受け、人気を博すようになった。

    以降、出店を進め、2004年には国内1000店を達成。
    00年代中盤から現在までは1100店台で概ね横ばいで推移している。

    このようにドトールは店舗数の伸びが止まっているが、安定はしている。既存店売上高も比較的安定している。
    08年のリーマン・ショック以降の景気低迷で09~11年ごろは落ち込みを見せたものの、それ以降は持ち直し、概ね横ばいで推移するようになった。
    既存店売上高も成長は止まってしまったが、安定はしていた。ドトールは成熟期に入っているので、これはこれで大きな問題はなかった。

    それが、今年に入って異変が起きた。10月こそ既存店売上高は前年同月を上回ったが、1月から9月まで9カ月連続で前年を下回ってしまったのだ。
    客数は9月まで14カ月連続でマイナスだ。

    ドトールの不振が影響し、ドトールとエクセルシオールを運営するドトールコーヒーグループにおける業績は悪化している。
    18年3~8月期の売上高は前年同期比3.9%減の403億円、営業利益は同2.6%減の29億円と減収減益だった。
    18年2月期は売上高が前期比4.3%増の817億円、営業利益が同6.9%増の47億円と増収増益を達成しており、一転して不調に陥ったことがわかる。
    売上高は18年2月期まで5年連続で前年を上回るほど好調を維持していた。

    なお、ドトールコーヒーグループと双璧をなす日本レストランシステムグループにおける売上高は好調だ。
    星乃珈琲店や洋麺屋五右衛門など多数の飲食店を運営しているが、特に星乃珈琲店が増えたことが大きく影響し、18年3~8月期の売上高は前年同期比5.8%増の226億円と大きく伸びている。
    ただ、アルバイトの時給上昇などによる人件費増により、営業利益は同13.7%減の23億円と大幅減益となった。

    ドトールは業績不振に陥っただけでなく、顧客満足度の順位も低下しており、今後の雲行きが怪しくなってきている。
    日本生産性本部・サービス産業生産性協議会の「日本版顧客満足度指数(JCSI)」でドトールはカフェ部門の「顧客満足」で17年度まで3年連続で1位だったが、
    18年度第1回調査ではカフェ・ベローチェに1位の座を明け渡し、ドトールは2位に転落してしまったのだ。顧客満足のスコアも74.1から73.3に低下した。

    https://biz-journal.jp/2018/12/post_25934.html
    2018.12.17


    【【企業】ドトール、突然の業績不振…14カ月連続客数減、顧客満足度も低下の理由】の続きを読む



    (出典 www.appps.jp)



    1 ばーど ★ :2018/12/16(日) 00:28:18.71

    PayPayからのお知らせ

    クレジットカードに利用した覚えのないPayPayからの請求がきた
    身に覚えのないPayPayからの請求が発生している場合は、下記の点をご確認ください。

    ■PayPayを登録している場合
    PayPayアプリのレシートでご利用状況が確認できます。該当の利用がないか確認してください。

    <レシートの確認方法>
    1.アプリの左上のメニューアイコン[≡]をタップ
    2.画面上部中央に表示されている[レシート]をタップ

    レシート画面に表示されている各取引をタップすると決済番号などの詳細が確認できます。

    《参考》
    お支払い後のキャンセルについては、ご利用いただいた店舗の手続きが必要となります。
    恐れ入りますが、ご利用いただいた店舗へご連絡ください。

    ■PayPayを利用したことがない場合、レシートを見ても対象の履歴がなかった場合

    お客様の携帯電話やクレジットカードを知りえるご家族様や知人のかたの利用の可能性についてご確認ください。

    ご家族の方も含めてご利用にお心当たりがない場合は、ご利用のクレジットカードが不正に利用されている可能性がありますので、速やかにカード会社へご連絡ください。

    PayPay株式会社 2018年12月14日
    https://www.paypay-corp.co.jp/notice/20181214/01/
    https://support.paypay.ne.jp/consumer/s/article/10003

    関連スレ
    PayPayで「クレジットカードを不正利用された」報告相次ぐ PayPay「情報流出した事実ない」 被害の声はサービス未登録者からも ★8
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1544875407/

    ★1が立った時間 2018/12/15(土) 22:35:17.50
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1544880917/


    【【PayPayからのお知らせ】見に覚えのない請求が来たら、ご家族様や知人の方の利用の可能性についてご確認下さい】の続きを読む



    (出典 www.sbbit.jp)



    1 孤高の旅人 ★ :2018/12/15(土) 09:39:03.05

    ・PayPayで、クレジットカードの不正利用があったとの報告が相次いでいるそう
    ・中には、サービスに登録していないにも関わらず被害にあったとの声も
    ・PayPay社は「弊社から情報が流出した事実はない」と否定している

    スマートフォン決済サービスの「PayPay」で、見に覚えのないクレジットカード利用があったとの報告がTwitterで相次いでいる。PayPay社に確認したところ、同社から情報が流出した事実はないとのことだった。

    100億円相当を利用者に還元するキャンペーンを展開し急激に利用者を増やしている「PayPay」だが、11日ころから身に覚えのない「PayPay」決済についてクレジットカード会社から連絡を受けたというTwitter投稿が相次いでいる。中には、「paypay経由でカード80万円不正利用されちゃいました」「合計100万に近い金額だったのでとても不安」と高額の被害を訴える声も存在。また、「paypayは登録すらしてないので完全に不正利用だ」などサービスに登録していないにも関わらず被害にあったという報告も複数寄せられている。

    PayPay社に状況を確認したところ、「弊社から情報が流出した事実はない」とのこと。数件の問い合わせがあるが、「PayPay」側では不正使用かどうかを判断できないため、「お客様自身でクレジットカード会社にお問い合わせくださるよう」案内しているとの回答だった。今後については、不正使用が判明した場合、アカウント停止などの対応や不正防止の対策を検討するとした。

    PayPay社の回答を踏まえると、不正利用の被害報告が本当の場合、「PayPay」アカウントの乗っ取りではなく、何らかの手段で入手したカード情報を第三者が「PayPay」に登録して利用した可能性がある。このため、「PayPay」の利用登録をしていなくても被害にあうこともあり、「PayPay」で使えるVISA、MasterCard、Yahoo! JAPANカードの利用状況には注意する必要がある。

    2018年12月14日 19時48分
    BIGLOBEニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/15742025/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    ★1が立った時間 2018/12/14(金) 22:11:06.55
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1544825197/


    【PayPayで「クレジットカードを不正利用された」報告相次ぐ PayPay「情報流出した事実ない」 被害の声はサービス未登録者からも】の続きを読む



    (出典 codomoto.net)



    1 ガーディス ★ :2018/12/10(月) 23:29:17.84

     携帯電話大手のソフトバンクは10日、東京証券取引所に上場する際の株式の売り出し価格が1株あたり1500円に決まったと発表した。

     親会社のソフトバンクグループ(SBG)は保有するソフトバンク株の約36%を売り出し、国内最大となる約2兆6千億円を調達することが確定した。

     ソフトバンクの上場は19日の予定。今後、投資家による株式購入の申し込みが始まる。売り出し価格をもとにした同社の時価総額は約7兆円にのぼる。

     新規上場に伴う調達額としては、これまで国内最大だった1987年のNTTの約2兆3千億円を上回る。海外では、中国のネット通販最大手アリババグループが2014年、米ニューヨーク市場に上場し、約2兆7千億円を調達したのが過去最大とされる。

     SBGの孫正義会長兼社長は調達する資金を元手に、AI(人工知能)などの先端技術を持つベンチャー企業への投資を加速させ、市場が頭打ちの携帯電話事業から投資会社への脱皮を急ぐ。これまで大型買収を繰り返し、有利子負債が9月末時点で約16兆6千億円にのぼることから、調達資金は負債の削減にも使われる見通しだ。(徳島慎也)

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15718880/


    【【一株1500円】ソフトバンク上場で2.6兆円調達 NTT超え過去最大】の続きを読む



    (出典 tech.s-cubism.jp)



    1 ばーど ★ :2018/12/11(火) 07:02:50.41

    仮想通貨相場の下落が続いている。代表的な仮想通貨ビットコインは一時1ビットコインあたり40万円を割り込み、昨年8月以来1年4カ月ぶりの低水準となった。昨年12月の最高値200万円超の5分の1以下だ。通貨として利用されるのではなく投機対象となっているが、相次ぐ不正流出や規制強化などで逆風にさらされ、投機としてのうまみも失われつつある。

     仮想通貨交換業者ビットフライヤーのデータによると、7日は前日比6%安の38万円台に下落。週明け10日はやや戻した。

     1月のコインチェックでの不正流出事件後、金融庁は仮想通貨業界への規制を強化し、相場は冷え込んでいる。一時は次世代の通貨といわれたが、通常の決済ではほとんど使われず、投機目的の売買が目立った。ビットコイン相場は昨年1年間で20倍も上昇したが「バブル」ははじけた。

     相場下落には別の要因も指摘される。ビットコインは、「ブロックチェーン」と呼ばれるシステム上で、有志が取引を承認し、対価にコインを得ることで成り立つ。作業には多額の費用が必要だが、相場が上がれば採算は合っていた。

     金の採掘になぞらえて「マイナー(採掘者)」と呼ばれるこうした業者は、最近の相場下落で苦しくなった。手元の仮想通貨を売却し、さらに相場下落を呼んでいるとみられる。大和総研の矢作大祐氏は「ビットコイン相場が5千ドル(56万円)を割ると多くのマイナーはコスト割れに陥るとみられる。マイナーが多い中国では撤退の動きもある」と指摘する。(榊原謙)

    12/10(月) 21:06
    朝日新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000055-asahi-bus_all

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【仮想通貨】ビットコイン、40万円を割り込む…最高値の2割以下に】の続きを読む



    (出典 www.denkishimbun.com)



    1 がしゃーんがしゃーん ★ :2018/11/24(土) 20:02:42.14


    (出典 dotup.org)

     2025年国際博覧会(万博)の開催地に立候補している日本(大阪)、ロシア(エカテリンブルク)、アゼルバイジャン(バクー)の3カ国は23日、パリで開かれた博覧会国際事務局(BIE)の総会で、開催地を決める投票直前の最終プレゼンテーションに臨んだ。日本からは世耕弘成経済産業相らが登壇。大阪開催の意義を訴え、支持拡大に向けて加盟各国の政府代表に最後の呼びかけを行った。

    >

     総会での投票は、現地時間の同日午後(日本時間夜)から無記名方式で実施される。結果の判明は日本時間の23日深夜~24日未明になる見通し。

     日本の最終プレゼンでは世耕氏が最初に演説し、万博史上最大となる約240億円の途上国支援策について説明。「大阪、関西にはすべてがある。迎える準備は完了している」と呼びかけた。続いてパナソニック執行役員の小川理子(みちこ)さんが世界的な課題である「持続可能な開発目標」(SDGs)について、万博で答えを追求すると誓った。

     一方、日本に先立ってプレゼンを行ったアゼルバイジャンは、自国で初めての万博になることを強調。石油資源で急速な経済成長をとげた新興国としての勢いを前面に出し、「私たちが最適な万博開催地であると確信している」と訴えた。

     ロシアもプーチン大統領がビデオメッセージで、今夏のサッカーワールドカップ(W杯)を成功させたことに言及。こちらも自国初開催となる万博の意義をアピールした。

    >

     日本のテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。仮想現実(VR)や拡張現実(AR)などのテクノロジーを駆使し、大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)を会場に、25年5~11月の会期中に2800万人の来場、1・9兆円の経済効果を見込む。

     政府は1970年の大阪、2005年の愛知以来、3度目となる大規模万博の実現を目指し、17年4月に25年万博開催地への立候補を閣議了解し、BIEに届け出た。当初はフランス(パリ郊外)を含めた4カ国の争いだったが、今年2月にフランスが撤退し、三つどもえの激しい誘致レースが繰り広げられていた。
    http://www.iza.ne.jp/smp/kiji/world/news/181123/wor18112322330021-s1.html

    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1543023772/


    【【大阪万博】万博史上最大となる約240億円の支援を世耕弘成経済産業相が約束 もちろんポケットマネーからではなく税金からです】の続きを読む

    このページのトップヘ