グルっと速報

トレンド、芸能ニュースや
アイドル画像まとめ、面白ニュース
女優、俳優、お笑い芸人情報などを幅広く更新です!

    カテゴリ:芸能 > 歌手



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/09(日) 13:42:06.21 ID:CAP_USER9.net

    演歌の大御所・北島三郎(82)が、大みそかのNHK紅白歌合戦に特別枠で復帰を果たし、サブちゃんの周囲はまさに“お祭り騒ぎ”。
    その一方で「復帰するかも!?」と騒がれながら、果たせなかったのが和田アキ子(68)だ。
    今年はデビュー50周年で新曲もヒット、平成最後の紅白に出場すれば40回目の節目だっただけに復帰への条件は揃っていたが、かなわなかったのはナゼか? 
    実は、紅白スタッフの間に強烈な“和田アレルギー”が残っていることを本紙は突き止めた――。

    特別企画で出演することになった北島とその周辺は大いに盛り上がっていることだろう。

    ある音楽関係者は「北島さんが卒業発表(2013年)した翌年から、NHKは『出てもらえないか』とオファーを続けていた。
    それこそ毎年のように『自宅からの中継でもいい』とか『何なら審査員で』『ゲストでいいから』と、いろいろな条件で引っ張り出そうとしていた。
    視聴者から『紅白で見たい』という声が届いていたのは確かですからね。
    今回、その思いが実現してNHKも相当、喜んでいるんじゃないんですか」と明*。

    さらに15~17年までは、北島の愛馬・キタサンブラックが日本の競馬界を席巻し、年末恒例の大一番・有馬記念にも3年連続で出走。
    レース後、勝っても負けても「まつり」を熱唱する姿にNHKは悔しい思いをし、紅白出場を熱望するファンの声も年を経るごとに増していたという。

    そんななか、ようやく実現した北島の紅白復帰。
    どんなステージになるかは不明だが、大いに盛り上がることだろう。

    こうした“お祭り騒ぎ”を横目に、復活できなかったのが和田だ。

    1968年10月にシングル「星空の孤独」でデビューし、今年は50周年の節目の年。
    5月には名古屋発の人気男性グループ「BOYS AND MEN」(略称・ボイメン)の研究生とコラボし「和田アキ子 with BOYS AND MEN 研究生」名義でシングル「愛を頑張って」をリリース。
    これまで「天使になれない」(1971年)の8位が自己最高だったオリコン週間シングルランキングで2位に入るなど、大きな話題を集めた。

    「このヒットでスタッフは、50周年の最後を飾るステージとしてふさわしいのは紅白と目標を定めた。
    NHKに強いパイプを持つスタッフを動員して、なんとか紅白に復帰させようと必死になっていた」とはある音楽関係者。

    一時はそれこそ、“さもありなん”という雰囲気になったとも言われていたが、結局のところ復帰はならず。
    ある芸能プロ幹部は「紅白の出場者を見れば分かるが、
    NHKとジャニーズの蜜月関係を考えれば、『研究生』とはいえ同系統の男性アイドルグループのボイメンが出るのは現実的には難しいでしょう。
    しかし、それ以上に、局内での“和田アレルギー”が強かった」と語る。

    きっかけとなったのは、2016年に落選したときの和田の対応だ。

    当時、和田はファクスで「40回という節目でもありましたので、正直悔しい気持ちもあります」とコメント。
    テレビ番組などでは、NHKからは前触れなくいきなり落とされたというニュアンスの発言をしていた。

    だが、前出の幹部は「NHKとしては“何を言ってんだ!”という心境なんです。
    実は“そろそろ紅白出場は難しいですよ”という話は、和田が落選した年の3、4年前からNHK側が毎年のように和田さんのスタッフに通達していた。
    それを何とか先延ばしにしたNHKの“温情措置”や努力が、和田本人に伝わっていなかったようです。
    それで、いざ落とすと決定したとき、本人は恨み節を連発。NHKにしてみれば逆恨みもいいところ、という印象がある」というのだ。

    だからこそ、今年も選考から漏れた。

    「節目の年だからといって出場させたはいいが、来年、落としたら、また何か言われないかとNHKサイドとしては当然、心配します。
    今年入れなかったのも無理はないです」と同幹部は語る。

    節目の年にようやくヒット曲が生まれたのに…和田のスタッフにとっては、なんとも悔しい結果になってしまった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15713853/
    2018年12月9日 11時0分 東スポWeb


    【【芸能】和田アキ子「紅白」復帰ならず 40回目の出場狙うもNG理由が】の続きを読む



    (出典 lyfe8.com)



    1 muffin ★ :2018/12/07(金) 21:09:17.10 ID:CAP_USER9.net

    https://www.oricon.co.jp/news/2124982/full/
    2018-12-07 17:56

     シンガー・ソングライターの松任谷由実(64)が、文学、映画・演劇、新聞、放送などの文化活動で創造的業績をあげた個人・団体に贈られる『第66回菊池寛賞』(日本文学振興会主催)を受賞し7日、都内で行われた授賞式に出席。「そう遠くない未来に私が*で、私の名前が消えても、私の歌だけ残っていくことが、私の理想です」と、一言一言に重きを置いて音楽への想いを口にしていた。

     松任谷は「最初はなんだか、かっこいいかも」と受賞の連絡が届いた時の感想を話し「メディアの取り上げ方、音楽関係の方が本気で喜んでいるのを見て、大きな意義があるかもしれない」と実感が込み上げいき「5分で味わえる短編小説を作るつもりで45年間たくさんの歌を作ってきた。ノベルの仲間に加えていただいて、心から光栄に思っています」と喜びを話した。

     続けて「大好きな日本語、ある時は憂いを含み、雨の匂いや風の匂いを人々に運んで無限のストーリーになっていく。世界中で年間に500近い部族や言語が失われていると聞いています。歌は口ずさむ人が死に絶えてしまったら消滅する。そう遠くない未来に私が*で、私の名前が消えても、私の歌だけ残っていくことが、私の理想です」と言葉の重みと音楽に対する想いを熱弁していた。

     最後に「この菊池寛賞を励みにして、集中力、注意力を働かせて、大胆なパフォーマンスをやっていきたいです」とこれからへの決意も語った。

     そのほか、来年5月17日に映画公開を控える『居眠り磐音 江戸双紙』などを執筆した小説家の佐伯泰英氏、『ヤクザと憲法』『人生フルーツ』など独自の地方発ドキュメンタリーを制作した「東海テレビドキュメンタリー劇場」、中国古典の代表的文献を幅広く網羅し58年の歳月をかけ全120巻(別巻1)で完結させた明治書院『新釈漢文大系』が受賞した。

    『第66回菊池寛賞』贈呈式

    (出典 Youtube)



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【【芸能/菊池寛賞】松任谷由実、音楽への想いを熱弁「私が死んでも、私の歌だけ残っていくことが、私の理想です」】の続きを読む



    (出典 tunegate.me)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/06(木) 08:29:52.32 ID:CAP_USER9.net

    演歌歌手の氷川きよしに容姿の“劇的変化”がささやかれている。

    12月4日に放送されたNHKの番組「うたコン」に出演し、シャ乱Qの「ズルい女」や「勝負の花道」など披露。
    衰えぬ歌声で番組を盛り上げたのですが、それを見ていた一部の視聴者から「彼の顔が変わってしまった」としてネット上で指摘が相次いだ。

    「新しい歌手かな、と思ったら氷川きよしだった」
    「氷川きよしって整形した?」
    「これはソックリさん!?」
    「私の知っている人とは違う」
    「なんかいじった?」
    「化粧の濃さなのか?」
    「まるで別人! 誰だかわからなかった」

    など、氷川きよしの顔の変化に関する話題でネット上は一時騒然となった。

    「彼が整形しているかどうかは確証はありませんが、変化したことは間違いないでしょう。よく観察してみると、以前と比べて妙につっぱった肌や、輪郭、顔の彫りの深さに違いが出ています。
    そして、大きく変化したのは目でしょう。以前と比べて明らかに大きくなっています。
    とはいえ、肌はピーリング剤を使ったケア、輪郭や目はマッサージ、顔の彫りもメイクで演出している可能性がありますから、整形だと決めつけるべきではないでしょう。
    髪型でも人の顔の印象は大きく変わりますからね」(事情通)

    「そもそも氷川きよしの整形疑惑は今に始まったことではありません。数年前にも『目の二重幅が変わった』『顔の印象が変わった』など騒がれています。もしかしたら日によって顔の印象が違うタイプなのかもしれません」(事情通)

    20年近く演歌界のトップを走り続ける氷川きよしももう41歳。
    多少の顔の変化はあれど、いまだに“貴公子”然としたスタイルと容姿をキープしているのは間違いない。
    顔は変化したかもしれないが、むしろ以前より垢抜けてスター性が増したようにも見える。
    さらに、今日放送されたうたコンの会場にいたと思われる人の書き込みでも「抜群に歌がうまい」「声量がすばらしい」など、歌唱力の高さが絶賛されていた。

    「コンサートに行けば今でもキャーキャー言われていますよ。デビュー時と変わらぬアイドルっぷりに驚かされますね」(事情通)

    今年、紅白歌合戦19回目の出場となる氷川きよし。今回の白組の出場者の中では、五木ひろしの48回、郷ひろみの31回に次ぐ多さでまさに日本を代表する歌手といえる。
    いつまでもその天下一品の歌声と美貌を保って、重力に負けず「ヨイショー」とリフトアップしてほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1598918/
    2018.12.06 07:00 トカナ


    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【芸能】氷川きよしが「誰だかわからないほど劣化」「別人」との声! 目も輪郭も大変なことに…整形疑惑が浮上!】の続きを読む



    (出典 www.m-on-music.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/04(火) 20:53:38.45 ID:CAP_USER9.net

    二股だけでも十分イタいのに…。

    人気ロックバンド「ba* number」のボーカル・清水依与吏が、過去に二股交際をしていたことを「週刊文春」のインターネット番組「直撃!週刊文春ライブ」が1日に報じている。

    清水は実は既婚者で幼稚園に通う男児がいたことを11月16日発売の「フライデー」が報じ、清水は同バンドの公式サイトで結婚の事実を発表していた。
    しかし清水は、12年8月から14年7月まで関西在住の女性タレント・A子さんとも交際しており、現在の妻と二股関係にあったとのこと。

    A子さんによれば、大阪でライブがあった時には決まって清水は招待券をとってくれていたといい、デートは人目を気にしてほとんどが清水のホテルの部屋だったそうだ。
    しかし、東京にある清水の家に遊びにいくために、A子さんが上京した際に突然音信不通となり、関係はシャットダウンしてしまったというのだ。

    清水の所属事務所も清水がA子さんと男女の関係にあったことを認めているが、A子さんがあまりにひどい仕打ちを受けたこともあって、幻滅するファンも多かったようだ。
    また、2股以外にも今回の報道で清水の衝撃の性癖が明らかになり、ファンをザワつかせている。

    「A子さんのスマホには、A子さんの水着を着てはしゃぐ清水の画像が保存されており、『週刊文春デジタル』のオリジナル記事にも掲載されています。
    女性の水着を着用するというのは、普通の男性であればまず経験しないことですから、『二股より水着のくだりが…』『ただの*やん』『水着のインパクトが強すぎて、
    他の情報が入ってこない』など、ありがちなバンドマンの2股より、この清水のマニアぶりに衝撃を受ける人が続出しています」(エンタメ誌ライター)

    「花束」や「クリスマスソング」などのラブソングを世に送り出してきた清水は、結婚の事実を伏せていた理由について
    「自分達の私生活を公の場でベラベラ話す事はその美学に反しますし、聴く人に要らぬ先入観を与える事になりかねないので、極力避けてきました」と語っていたが、
    今回の報道でその世界観は見事にひっくり返ったことだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1596447/
    2018.12.04 11:40 アサジョ


    【【芸能】曲の世界観が崩壊!? back numberボーカルのヤバい性癖にガッカリ】の続きを読む



    (出典 ichef.bbci.co.uk)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/03(月) 08:36:53.74 ID:CAP_USER9.net

    派手なファッションや独特の楽曲で、2012年から注目されだしたきゃりーぱみゅぱみゅ。
    しかし、話題を集めたのも今や昔という感じで、現在の芸能活動はかなり悲惨なものとなっているようだ。

    近年のきゃりーは音楽活動が低調気味で、シングルはオリコンランキングトップ10から漏れ続けている状態。
    今年9月、4年ぶりにリリースした4枚目のアルバム『じゃぱみゅ』も、最高12位と物足りない結果に終わっている。

    「きゃりーは過去3枚のアルバムで1位か2位しか取ったことがなく、シングルよりもアルバムに強かった歌手。
    ましてや今作は4年ぶりというファン待望の1枚だったため、人気低下が如実に現れる形となってしまいました」(音楽誌記者)

    常連だった『紅白』も当たり前のように落選

    さらに彼女の凋落ぶりを示すのが、この時期立て続けに放送される音楽特番。
    年末は各局が『NHK紅白歌合戦』(NHK)、『ベストアーティスト』(日本テレビ系)、『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)など、
    こぞって音楽特番を放送しているが、今年のきゃりーはどの番組からもオファーがかからなかった。

    「テレビで見掛けないだけで、ライブでは活躍している!」という声もあるだろう。
    しかし、こちらも“空席祭り”の様相を呈しており、 関係者は一様に頭を抱えているという。

    「『じゃぱみゅ』を引っ提げて9月から全国ツアーを開催しているきゃりーですが、会場はどこも数千人規模の小さな箱ばかり。
    開催地にはホールやアリーナではなく、『文化会館』や『市民会館』といった名前がズラリと並んでいます。
    また、12月1日の福岡、2日に行う熊本のライブと、8日に行う東京ライブは、11月末の段階でもチケット購入が受け付けられているありさま。
    そのくせ派手で金のかかるセットや演出を好みますから、はっきり言って“赤字垂れ流しツアー”ですよ」(音楽ジャーナリスト)

    「数千人」規模のホールを埋められるなら、アーティストとして十分な実力と収益力のはずだが、アリーナクラスでないと「売れてない」と言われてしまうようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1594849/
    2018.12.03 07:01 まいじつ


    (出典 news.walkerplus.com)



    ?


    【【芸能】きゃりーぱみゅぱみゅ『文化会館・市民会館』ライブが精一杯の悲惨な現状とは】の続きを読む



    (出典 yukawanet.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/30(金) 18:55:12.12 ID:CAP_USER9.net

    ここ最近の歌声を鑑みると、心配されるのも仕方なしか?

    浜崎あゆみが12月5日に放送されるフジテレビ年末恒例の音楽特番「2018FNS歌謡祭」に出演し、宇多田ヒカルの名曲をカバーすることが発表された。

    スペシャルコラボとして浜崎が披露するのは、宇多田が1999年にリリースした2ndシングル「Movin’on without you」。
    ミリオンセラーを記録した同楽曲は、恋人への別れを告げる女性の気持ちを表した疾走感あふれるナンバー。
    14年に宇多田がリリースした自身初のカバーアルバム「宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について-」内で、
    浜崎はすでに同曲をカバーしており、ライブでも披露しているため、浜崎にとってもなじみのある曲といえる。

    だがこの告知がされると、ネット上では「え、宇多田ヒカル本人の歌声で聞きたいよ」「今の浜崎に歌えるのか」「自分の歌もまともに歌えてないのに、カバーって…」
    「お浜さん、恥かくだけだからやめればいいのに」などといった辛口の書き込みが連打されている。

    「浜崎がカバーしたバージョンは原曲とテイストが変わり、いい意味で浜崎風という感じで、カバーアルバムが出た当初は評判も悪くありませんでした。
    ただ、それも4年も前の話で、ここ最近の浜崎の歌声は高音があまり出ていなかったり、音楽番組に出るたびにネット上が荒れる有様。
    そのため、純粋に宇多田のオリジナルを聞きたいという宇多田ファンに加え、ここ数年で急増した浜崎アンチが今回のカバーについて批判しているようです。
    本家は高い歌唱力を持つ宇多田ですから、比較されて公開処刑とならなければいいのですが…」(エンタメ誌ライター)

    音楽番組への出演が決まると毎度話題に

    http://dailynewsonline.jp/article/1591698/
    2018.11.30 18:15 アサジョ


    (出典 Youtube)

    宇多田ヒカル - Movin'on without you


    【【芸能】ファンも憂慮!浜崎あゆみ「FNS歌謡祭」で宇多田ヒカルの名曲をカバー「今の浜崎に歌えるのか」】の続きを読む



    (出典 www.cinra.net)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/11/29(木) 07:14:26.25 ID:CAP_USER9.net

     左手で頬杖をつき、勝ち誇ったような余裕の微笑み。11月21日、ある女性のインスタグラムにアップされた写真が物議を醸している。

    「構図が大塚愛さん(36才)の公式サイトの写真そっくりなんです。わざと似せたとしか考えられない。しかも、大塚さんの離婚発表日にわざわざアップするなんて…」(芸能関係者)

     その日、大塚愛とRIP SLYMEのSU(45才)の離婚が発表された。不適な笑みを浮かべたのは、SUの不倫相手とされるモデルの江夏詩織(23才)だ。

     この投稿のコメント欄は《人の家庭を壊しておいてインスタを更新するのはどうかと思う》《不倫した挙句嫌がらせとかヤバイ》など、投稿の真意を探るような言葉で溢れかえった。

     また、離婚と同時に、信じられないような嫌がらせがあったことも発覚した。

    「2016年の秋頃、真夜中に江夏さんが大塚さん夫婦の自宅に押しかけたそうです。SUさんは不在で、江夏さんは何度もインターホンを押し、それを不安に思った大塚さんは警察に通報、被害届を提出しました。江夏さんは連行されたそうです」(スポーツ紙記者)

     大塚とSUは2010年6月に結婚し、2011年3月には長女に恵まれた。

    「ただ、2人の結婚の行く先を不安視する声は当時からありました。SUはモテ男ですし、大塚さんは相手一筋。いつか破綻するのではとみられていたのです」(音楽関係者)

     ほころびは昨年4月に発覚。SUと江夏の不倫報道だ。SUが江夏の自宅に泊まり、仲睦まじくドライブする様子などが報じられた。その時点で、不倫関係は長く続いていたという。その報道後、SUは活動自粛に。そして、出た答えが離婚だった。そこに至るまで、大塚は「深夜の襲来」のほかにも攻撃を受けていた。

    「SNSなどを通じて江夏さんから、“彼を自由にしてあげてほしい”“あなたのような人だと彼の才能をつぶしてしまう”“彼にふさわしいのは私”といったメッセージ攻撃を受けていたそう。江夏さんは過去にインスタでも“さくらんぼだいすき”と、大塚さんのヒット曲を揶揄するような投稿もしていました」(前出・スポーツ紙記者)

     そうした嫌がらせを、大塚は当初、無視していた。

    「お子さんが小学校に入学したばかりで、不安もあったようですが相手にしなかった。ところが、それが相手をエスカレートさせ、直接自宅まで押しかける事態に発展したようなのです」(前出・芸能関係者)

     大塚は子供を守るため、昨年からSUと別居を始めた。

    「離婚に至るまでは弁護士を立てて話し合ったので、2人が直接やりとりをすることはなかったそう。親権は大塚さんが持つことで決まったが、慰謝料や養育費の話し合いは続いているそうです」(前出・スポーツ紙記者)

     江夏のインスタの更新は離婚発表日以来、止まったままだ(11月27日現在)。

    ※女性セブン2018年12月13日号


    11/29(木) 7:00配信 NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181129-00000004-pseven-ent

    (出典 img2.news-postseven.com)


    (出典 img2.news-postseven.com)


    【【芸能】離婚の大塚愛とSU 慰謝料の話し合いは継続、親権は大塚に】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/01(土) 06:50:19.55 ID:CAP_USER9.net

    歌手の西野カナが、11月25日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)に出演。自身の作詞法を大公開したのだが、ネット上ではその手法に賛否が別れている。

    この日の同番組は「共感ソング特集」と題し、世の女性が「これ、私のことだ!」と共感するような歌を徹底深掘り。
    若い女性を中心に絶大な支持を誇る西野をゲストに招き、共感される歌詞作りの秘密を聞き出していった。

    多数の「共感ソング」を持つ西野だが、中でも特に有名なのが、2015年リリースの『トリセツ』という楽曲。
    当時から「女心がそのまま表れてる」「分かるけど男からしたら面倒くさい」などと大論争を巻き起こしている同楽曲について、西野は作詞法を赤裸々に公開した。

    したたかな“マーケティング作詞法”
    西野はまず、“企画書”として楽曲のコンセプトや設定を考えだした後、一旦自身で詞を書きだすと告白。
    その後はアンケートや友人への取材を行い、多かった回答や自分の意見を交えながら歌詞に落とし込む“マーケティングリサーチ”手法を採っていると明かしていった。

    統計や聞き込みといった大掛かりな作詞法に、ネット上では驚きの声が続出。しかし一方で、

    《ネタ集めてるだけやん》
    《そりゃ多かった回答使えば共感を得られるわな》
    《何か薄っぺらい歌詞だと思ったら自分の経験じゃなかったのかよ…》
    《「トリセツ」を「私のための歌」って言ってる子がめちゃくちゃ多い理由が分かった》
    《共感性のために多かった回答を利用するって、要はウケだけを狙った産業音楽なのね》
    《アーティストなら人がどう思うかより自分の伝えたいことを詞に載せようよ》

    などといった声も目立ち、楽曲同様に“賛否両論”を巻き起こす事態となっている。

    “アーティスト”に対して作家性やクリエイティビティを求めている視聴者は、まるでIT企業のようなヒットさせることを主眼にした“マーケティング作詞法”に裏切られたように感じたのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1591291/
    2018.11.30 10:30 まいじつ

    前スレ 2018/11/30(金) 16:39:
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1543583582/


    【【芸能】“売れれば”いいのか?西野カナが公開した“作詞手法”に批判の嵐】の続きを読む

    このページのトップヘ