グルっと速報

トレンド、芸能ニュースや
アイドル画像まとめ、面白ニュース
女優、俳優、お笑い芸人情報などを幅広く更新です!

    カテゴリ:芸能 > 女子アナ



    (出典 noma66.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/16(水) 08:22:01.82 ID:d9X8YBUe9.net

    フリー転出前のTBS宇垣美里アナに、早くも“黄色信号”が灯っている。「このままでは所属事務所がない本当のフリーになるのではないか」という見方も出ているというのだ。

    「TBSに最も近いスポーツ紙が、芸能プロO社と“合意”したと書いています。合意というのは意思の合致だけで、契約成立ではありません。
    なぜ合意なのか、どうして所属決定とか内定としなかったのか。まだ正式契約ができていないとみられます」(女子アナライター)

    宇垣アナがフリーになるに当たって、彼女を拾う事務所はほとんどなかったといわれる。

    「フリーアナが多く所属するC社やS社は最初から彼女に興味を示さず、声すら掛けなかったといいます。
    また同じTBS出身の田中みな実を訪ねたものの、『ウチ、無理じゃない』と冷たく突き放されたそうです。
    みな実は大手芸能プロ系列T社に所属していますが、T社も全く相手にしなかったようです」(同・ライター)

    宇垣アナは大学時代『ミスキャンパス同志社』に選ばれているほどで、ビジュアルには問題はないように思えるのだが…。

    「女子アナ通は顔を見れば分かります。宇垣アナの顔に“ワガママ”の文字が見えるんです。
    実際、自分が自分がという自意識過剰で、常に仕事の不満を漏らしていた。
    アナウンス室でも浮いていました」(TBS関係者)

    契約金に納得していない?
    スンナリとO社入りとならない背景については、こんな話も囁かれている。

    「宇垣アナは“カトパン”ことを加藤綾子と自分は近いという自負がある。
    カトパンは音楽系S社所属ですが、契約金で最低5000万円、1億円をもらったという説もあります。
    だから自分も数千万円もらえると思ったら、100万円程度の提示だったとか。
    先輩・みな実も2000万円以上もらった。だから、まだ納得していないらしいのです」(前出の女子アナライター)

    拾い手がなく、O社に声を掛けられただけでも、本人も満足すべきところだろう。

    「宇垣アナは自分に対する評価基準が甘過ぎるんです。
    特別人気アナでもなく、トラブルなどで話題になっただけ。
    それを人気アナとして錯覚したフシがある。このままいくとO社とも破談になりかねません」(前出のTBS関係者)

    宇垣アナには「何でもやります!」の意気込みで頑張ってほしいのだが…。

    http://dailynewsonline.jp/article/1653980/
    2019.01.16 07:30 まいじつ


    【【芸能】TBS宇垣美里アナ「加藤綾子と同額要求」で芸能プロ入りピンチか】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/28(金) 08:59:02.78 ID:CAP_USER9.net

    2018年9月に『報道ステーション』(テレビ朝日系)のサブキャスターを卒業し、現在はAbemaTVのニュース番組『AbemaPrime』のキャスターとなっている小川彩佳アナウンサー。

    『報道ステーション』卒業以降の小川彩佳アナは地上波のニュース番組とは縁遠くなり、その一方でなぜか、
    12月13日放送のドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)に刑事役として出演して女優デビューを飾ったりしているが、
    そんななか「週刊文春」(文藝春秋)2019年1月3日・10日新春特別号に『報道ステーション』時代の驚くようなセクハラを明*記事が掲載された。

    「週刊文春」記事によれば、2016年4月から『報道ステーション』のメインキャスターを務めている富川悠太アナは小川彩佳アナのことを「ヒメ」と呼んでおり、
    打ち合わせのときには、小川彩佳アナの二の腕に触れて「ぷにぷにだね」などと言っていたというのだ。もちろん、小川彩佳アナは嫌がる素振りを見せていたという。

    これはテレビ朝日局員からの告発で、「週刊文春」側はテレビ朝日にこの証言の真偽を問い合わせているようだが、記事によればその答えは「何もお答えすることはありません」というものであったという。

    「週刊文春」では過去にも、富川アナが小川アナに対して「インタビューが下手」とダメ出し、反省会でもネチネチと叱ったりしていたとの記事が出ていたが、そのようなイビリに加えてセクハラまであったとはというのだろうか。

    テレビ朝日側が肯定していない以上、今回記事になったセクハラが事実かどうか断定はできない。

    ただ、富川アナは小川アナを「姫」と呼んでいた。

    小川彩佳アナに「プリンセス」「今日も可愛いね」
    テレビ朝日アナウンス部の公式サイト「アナウンサーズ」にその文言がある。

    「アナウンサーズ」のアナウンサー一覧のページでは、それぞれのアナウンサーに対して同じアナウンス部の先輩・同僚・後輩からメッセージが寄せられているのだが、
    そこで富川アナは彼女のことを「姫」と呼んでいると明かし、さらに、まるで憧れのアイドルに対するファンレターのような文章を寄せている。

    http://dailynewsonline.jp/article/1628409/
    2018.12.28 00:15 wezzy


    (出典 freshnowreport.net)


    (出典 portal.st-img.jp)


    【【芸能】小川彩佳アナの二の腕に触れて「ぷにぷにだね」!? 富川悠太アナによるセクハラ疑惑】の続きを読む



    (出典 kashiwanet.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/17(月) 09:57:53.06 ID:CAP_USER9.net

    テレビ東京の鷲見玲奈アナウンサーがインスタグラムに投稿した動画が話題になっている。

    「宇垣ちゃんが、ひたすらカワイイだけの動画です」

    「2枚目は鍋が光り過ぎていますが、それ以上に宇垣ちゃんが眩しい写真」

    こんなコメントとともにアップしたのは、TBSの宇垣美里アナウンサーが笑顔ではしゃいでいる様子を収めた動画だ。鍋の前で手を広げている宇垣アナの写真も一緒に投稿されている。


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    この投稿にコメント欄は「あー、かわいい」「癒やされる」「めちゃくちゃカワイイ」「ヤバイヤバイ」「溜息出るほど好きです」などと、宇垣アナのかわいさにメロメロになった投稿が相次いだ。


    “闇キャラ”なのに好感度上昇
    それを証明するかのごとく宇垣アナは、先日『ORICON NEWS』で発表された「好きな女性アナウンサーランキング」で9位にランクインするなど絶好調。
    しかし、同時に“闇キャラ”も相変わらず続けている。

    12月9日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に宇垣アナはVTR出演。
    後輩の山本里菜アナウンサーから直撃取材を受け、今回ランクインを逃した山本アナに「私がランクインするにはどうしたらいいですか?」と質問されると、宇垣アナは「才能」と容赦なく切り捨てた。

    この宇垣アナの発言にネット上では、

    《宇垣アナの言葉選び、天才かと思うしあれを咄嗟に考えて発信する頭の回転の速さよ》
    《この人、天使だよな。ドSの天使》
    《キャラがいいよね》

    などと絶賛の声ばかり。他にも最近、高校時代の痴漢は「ボールペンで刺した」などと発言するなど、強気な一面を見せ、女性からも好感を持たれ始めている。

    しかし、こちらも相変わらず、局内の評価はやっぱり真逆なようで、レギュラー番組が特に増える気配はない。
    日本テレビの水卜麻美アナ、テレビ朝日の弘中綾香アナなどに比べると、活躍が地味で、テレビで自由に発言できるような機会も与えられていないことが分かる。

    宇垣アナ、果たして何か“裏の顔”があるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1613803/
    2018.12.17 07:00 まいじつ


    (出典 tsukasastyle.com)


    (出典 kashiwanet.com)


    【【芸能】宇垣美里アナ「めちゃくちゃカワイイ」のにレギュラーが増えないワケ】の続きを読む



    (出典 www.news-postseven.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/15(土) 19:16:25.77 ID:CAP_USER9.net

    13日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、元フィギュアスケート日本代表・小塚崇彦と元フジテレビ人気アナウンサー・大島由香里が離婚危機にあると報じた。

    2人は2016年2月に入籍し、翌3月に小塚は現役を引退。大島は翌年7月に長女を出産したのを機にフジテレビを退社したが、
    「文春」記事によれば小塚は結婚後もクラブやキャバクラなどでの夜遊びをやめられず、今年10月から別居。
    同記事では、12月に小塚が深夜にホテルの部屋へ女性を連れ込む一部始終も報じられている。

    人も羨む元人気フィギュアスケーターと元人気女子アナの結婚生活は、なぜ入籍から実質2年ほどで破綻してしまったのだろうか。
    夫婦問題研究家でNPO日本家族問題相談連盟理事長の岡野あつこ氏は、次のように語る。

    「結婚した時の大島さんの年齢も関係しているのではないでしょうか。というのも、大島さんが小塚さんと結婚したのは、彼女が31歳の時。
    その年代の女性は、『このままこの仕事ひと筋で生きていくべきか』『結婚や出産をして家庭を支える側にまわるか』で悩む時期でもあります。
    そうした微妙なタイミングであったことに加え、相手の親に反対されてまで何年も交際を続けた恋人だったからこそ、
    大島さんには『ここでチャンスを逃すわけにはいかない』と焦る気持ちも、どこかにあったのではないでしょうか。

    ただし、まだ“その気”になっていない男性を結婚に持ち込むにはリスクもあるということ。
    結婚を機に“家庭的な夫”に変わる男性もいれば、結婚しても独身時代のライフスタイルやマインドを変えようとしない男性もいます」

    大島といえば、フジの夜の報道番組『ニュースJAPAN』でメインキャスターを務めるなど、局の将来を担うアナウンサーと目されていたが、
    岡野氏は「仕事がデキるタイプの女性が陥りがちなパターンでもある」と解説する。

    「仕事がデキるタイプの女性は、自分に自信がある一方で、仕事で壁にぶちあたった時に自分の能力に限界を感じ、『そろそろ結婚でもして癒されたい』と考えることは少なくありません。
    相手が人気フィギュアスケーターなら、自分のプライドも守れる。ただし、男社会でもまれてきただけあって、男女平等意識も強く、夫に対する結婚後の家事や育児参加への要求も多いはず。

    負担が大きくなるほど『家庭を持つこと』をプレッシャーに感じる夫もいます。その結果、“要求の多い妻”と“家庭に縛られたくない夫”が、お互いに『こんなはずじゃなかった』となるケースも多いのです」(同)

    ●産後クライシス

    ではなぜ、小塚は夜遊びをやめなかったりと、大島を苦しませたり、自ら家庭を壊すような行動を続けたのだろうか。

    「あえて苦しませたり、家庭を壊すような行動を続けたのではなく、5歳年下でまだ落ち着きたくない20代の小塚さんは、
    独身時代のライフスタイルとマインドを変えるつもりがなかっただけなのではないでしょうか。

    大島さんは、2017年に出産したばかり。本来なら夫婦にとって子育ては最大の関心事のはず。ところが最近では『産後クライシス』といって、出産後に夫婦が離婚の危機を招くケースが増えています。
    産後クライシスのきっかけの多くは、妻側の不満が募ることが多いのも特徴的。『子どもが生まれてから、睡眠時間も十分に確保できず自分の体調管理もままならないのに、夫が家事や育児を手伝おうとしない』
    『何もかも初めてのことで不安だらけなのに、夫が話を聞いてくれない』といった、夫の家事や育児への非協力と妻への思いやりの欠如が不満の主な原因です。
    やがてその不満が爆発し、離婚という選択をする夫婦も少なくありません。

    ちなみに、子どもの顔を見ても“一家の大黒柱”としての自覚が芽生えない夫が、その後に変わるタイミングはゼロではありません。
    実例として、それまで家庭を顧みることのなかった夫が、子どもが幼稚園に上がる時に“家庭的な夫”に変わったケースもあります。
    入園式や各種イベントへの参加など、たびたび家族単位で行動する必要性が生じるため、少しずつ“よき父親”としての心の準備も整っていくからです。
    子どもの成長とともに、子ども本人から父親の役割を求められることもしばしば。
    愛情が薄れてしまった妻のからの要求はスルーできても、愛する我が子からのリクエストには応えたいと思うもの。
    そこでようやく家庭と向き合おうとする夫もいるのです」(同)

    小塚・大島夫婦の危機は、私たち一般人にとっても他人事ではないようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1611911/
    2018.12.15 19:00 ビジネスジャーナル


    【【芸能】人気アナ・大島由香里、小塚崇彦と結婚破綻…「31歳独身女性」の“焦り婚”とプライドがアダ】の続きを読む



    (出典 newspo24.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/16(日) 19:17:15.55 ID:CAP_USER9.net

    米大リーグ、ア・リーグ新人王に輝いたロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が、人気女子アナの取材を断ったという話がまことしやかに囁かれている。
    それが驚くことに「大谷に最も近い女子アナ」といわれるフジテレビの久慈暁子アナだというのだ。

    大谷と久慈アナの関係は、同郷にして知人。
    共通の友人までいる間柄だ。

    「今オフ、大谷のロングインタビューや特番出演を要請できるのはフジテレビだけといわれていました。もちろん取材や司会は久慈アナ。久慈アナなので大谷も断らないと考えられていた。
    でも、逆に大谷は久慈アナだから断ったというのです」(フジテレビ関係者)

    大谷の女子アナの取材は原則NGだ。渡米前、取材を口実に寄ってくる女子アナが無数にいたので、当時の北海道日本ハムファイターズ栗山英樹監督が「悪い虫(女子アナ)が寄ってきて困る」と取材規制。
    大谷も女子アナ取材を嫌がったといわれる。

    「最大の理由は、“カトパン”こと加藤綾子が私情丸出しで単独インタビューしたことだとされます。
    カトパンは目をハートにして恋愛話に持ち込んだため、そばにいた広報が止めたほどです」(スポーツ紙記者)

    しかし、久慈アナに限っては拒否することはないと考えられていた。

    「大谷は現在、芸能プロに所属していますが、久慈アナの取材を受けてしまうと、何かと2人の関係を誇張されるのを嫌がったようですね」(同・記者)

    ではフジテレビの単独取材はなくなったのか。ここに意外な話が浮上した。

    大谷争奪戦は続く…

    「久慈アナに代わって“ミタパン”こと三田友梨佳アナが浮上。青学大時代に公式野球部のマネジャーだった彼女は、専門知識が野球記者並み。
    ミタパンも大谷のファンらしく、一番手に名前が挙がっています。インタビュアーの本命です」(前出のフジテレビ関係者)

    しかし、意外な対抗馬も浮上。ナント、問題の根源であるカトパンだという。

    「カトパンは、前回の失態の汚名をそそぎたい。恋愛感情を抜きに大谷に正攻法で取材し、キャスターの格を上げたいようです。
    局としても大谷&カトパンなら、話題性もすごい。完全にミタパンと一騎打ちです」(同・関係者)

    “パン系”の争いの中、クジパンは脱落したようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1612545/
    2018.12.16 07:31 まいじつ


    (出典 netacube.com)


    (出典 stat.ameba.jp)


    (出典 ripples-of-caret.com)


    (出典 www.gc-inside.com)


    (出典 netacube.com)


    (出典 i2.wp.com)


    前スレ 2018/12/16(日) 08:34
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1544916852/


    【【野球・芸能】大谷翔平「お嫁さん最有力候補」久慈暁子アナの取材を断る】の続きを読む



    (出典 taishu.jp)



    1 湛然 ★ :2018/12/15(土) 04:19:18.14 ID:CAP_USER9.net

    2018.12.15 03:00 サンケイスポーツ
    フジ・生野アナ妊娠!改元ベビー、来年5月に第1子誕生

     フジテレビの生野陽子アナウンサー(34)が、夫で同期入社の中村光宏アナ(34)との第1子を妊娠したことが14日、分かった。
    結婚5年目で待望の子宝を授かり、複数の関係者によると、来年5月に出産予定という。
    現在は同局系「FNNプライムニュース イブニング」(月~金曜後4・50、土・日曜後5・30)の土・日メインキャスターとして活躍。人気アナ“ショーパン”はママとなり、さらに充実の時を迎える。

     10年以上にわたり“フジの顔”として活躍してきた2人のもとに、結婚5年目でコウノトリが舞い降りた。

     2007年入社の生野アナと中村アナは、ともに同局系「めざましテレビ」にレギュラー出演していた14年9月に結婚。
    同番組で結婚をツーショットで生報告し、幸せいっぱいの夫婦として視聴者に親しまれてきた。

     複数の関係者の話を総合すると、生野アナは来年5月に出産予定。現在妊娠4、5カ月で安定期に入ったとみられる。

     結婚後の14年11月には、サンケイスポーツのインタビューで「将来、いつか母親になれたら」とママ願望を吐露。
    続けて「母親になっても報道キャスターは続けていたい」と将来のビジョンを描いていた。

     フジの女子アナといえば、今年10月に松村未央アナ(32)が、夫でタレント、陣内智則(44)との第1子となる女児を出産。
    6月に竹内友佳アナ(30)、10月には椿原慶子アナ(33)がともに一般男性と結婚し、まさに幸せラッシュとなっている。

     生野アナは、入社1年目で冠番組「ショーパン」を担当。福岡出身の癒やし系アナとしてブレークし同局のエースとして貢献。
    現在は「FNNプライムニュース イブニング」など報道で活躍している。

     中村アナは、情報・バラエティー番組やスポーツ実況などで幅広く活躍。
    現在は「S-PARK」や「ノンストップ!」などに出演し、同局のスポーツ実況・情報番組を代表する三宅正治アナ(56)の背中を追い続けている。

     出産予定の来年5月は生野アナの誕生月で、平成から新元号に変わる歴史的な“瞬間”でもある。
    新時代の幕開けとともに最愛の子を授かる2人は、公私にわたりさらに輝きを放つ。


    結婚5年目で待望の子宝を授かった生野アナ。夫の中村アナとママ、パパになる日を心待ちにしている

    (出典 www.sanspo.com)


    https://www.sanspo.com/geino/news/20181215/mrg18121503000001-n1.html


    【【芸能】フジ・生野アナ妊娠!改元ベビー、来年5月に第1子誕生】の続きを読む



    (出典 xn--vgu128a.club)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/13(木) 08:12:42.74 ID:CAP_USER9.net

    日本テレビの水卜麻美アナウンサー(31)といえば、『幸せ!ボンビーガール』や『有吉ゼミ』などのバラエティ番組の他、朝の情報番組『スッキリ』などでも大活躍する女性アナウンサー。

    明るいキャラクターで視聴者人気も高く、『週刊文春』(文藝春秋)恒例のアンケート企画「アナウンサー好感度ランキング」での「好きな女子アナ」部門で今年V5を達成。
    日本テレビのエース女子アナの座を不動のものにしている。

    「水卜アナといえば、言わずと知れた『ヒルナンデス!』の食レポロケでの食べっぷりが受け、一気に好感度を上げたアナウンサー。
    ですが、ここ最近はふっくらした体型をいじられるのを不満に思っているためか、担当スタイリストに“膨張色を使うのはやめて”と要請しているようなんです。
    “特に黄色は絶対ダメ”だそうで、“なるべく黒い衣装を用意してほしい”とリクエストがあったとか。

    『スッキリ』の一部のスタッフからは“朝の番組なのでもう少し爽やかな色合いがいいのでは”といった声もあるようですが、水卜アナは極めて暗い色調の服を好んでいるようです」(制作会社関係者)

    メインキャスターの加藤浩次(49)がスーツ姿のため、合わせるということもあるのか、『スッキリ』ではバラエティ番組に比べ重い色の衣装を着ていることが多い水卜麻美アナ。
    12月4日の放送ではグレーのワンピースを着用し、5日の放送では黒色のシャツに深いグレーのロングスカートを着用。
    16日の放送ではグレーのシャツにまだらな模様のあるグレーのスカート姿で、7日の放送では、薄紫色のニットにチェック柄のガウチョパンツをはいていた。
    10日の放送では、月曜日らしくシャツこそ真っ白な爽やかなものだったが、黒色のスカートを着用。11日の放送ではチャコールグレーのカットソーに薄いグレーのスカートを合わせていた。

    「もともと地味な服装が目立つ水卜アナですが、『スッキリ』では如実に暗い。ほぼほぼグレーなんですよね。
    さらに最近ではスタイリストだけでなく、カメラマンに対しても注文が多いようで、“太って見えるからこの角度ではなるべく撮らないで”ともリクエストしたとか。
    今、自分のスタイルに関してかなり気にしているみたいです」(前出の制作会社関係者)

    大食いキャラで売ってきたミトちゃんも、やっぱりキレイに見られたいですよね!

    http://dailynewsonline.jp/article/1608517/
    2018.12.13 07:10 日刊大衆


    【【芸能】水卜麻美アナ、スタイリストに飛ばした「黄色は絶対NG!」指令】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/03(月) 08:39:34.58 ID:CAP_USER9.net

    「この激安メニューを、ミトちゃんが大口を開けて食べている写真が、彼女のインスタグラムに上がったら、36万人いるフォロワーが相当盛り上がったのは間違いないでしょう」(放送作家)

    これまで何度も糾弾されてきたNHKの隠蔽体質が、またもや明らかになった。
    今回、奇しくも隠蔽疑惑の関係者になったのは、日本テレビの水卜麻美アナ(31)。どういうことなのか?

    「9月22日に、ともに開局65年になるNHKと日テレがコラボレーションイベントを行ったんです。
    その一つで、両局のアナウンサーが局を行き来したんです。

    NHKからは武田真一アナ(51)と桑子真帆アナ(31)、日テレからは桝太一アナ(37)と水卜アナが選ばれて、互いの局に出演しました」(スポーツ紙記者)

    その中で、水卜アナは渋谷のNHK内のスタジオで収録される『土曜スタジオパーク』に出演。いつも通りの笑顔を見せたのだが、十八番の“食”でもいつも通りだった。

    「水卜アナはNHKの社食に行ったそうですよ。そのことは後日、レギュラー番組の『スッキリ』でも明かしていたんですが、彼女は“時間がなくて食べれはしなかった”と語ったうえで、
    “こんなメニューあるの!? ってビックリしました。ご当地ラーメンとか丼とか、いろいろあって、いいな、いいな、いいなって、ずっと言ってたんです”と明かしてました」(前同)

    だが、日テレ関係者はこう話す。

    「実際は食べて、写真も撮ったそうです。
    それで水卜アナは、一応確認のためにNHKに“SNSにアップしていいですか?”と確認を取ったところ、先方からは、“国民の皆様からのお金でやっていますので、
    なんで国民のお金で、こんなもの食べているんだと言われてしまうので、やめてください”と回答があったそうなんですよ。それで、彼女は写真をアップしなかったそうです」

     NHKは、言わずと知れた国民からの受信料収入で運営されている公共放送。2017年度は過去最高の6914億円が集められたのだが……。

    「確かに破格に安い。寿司サービス握りは450円。ラーメン270円。チキンカレー250円……。
    社食で寿司があるのも、他局では聞いたことないですね」(前出の放送作家)

     食堂の料金すら“隠蔽”するということは、もっと重大なことも隠している可能性も? 現在発売中の『週刊大衆』12月17日号ではこの他に、
    0月25日に離婚していたことを発表した貴乃花についての独占情報など、多ジャンルにわたるニュースを詳しく報じている。

    http://dailynewsonline.jp/article/1594814/
    2018.12.03 07:30 日刊大衆


    【【芸能】隠蔽疑惑! 水卜麻美アナ“封印”された「NHK食堂のマル秘写真」】の続きを読む

    このページのトップヘ