グルっと速報

トレンド、芸能ニュースや
アイドル画像まとめ、面白ニュース
女優、俳優、お笑い芸人情報などを幅広く更新です!

    カテゴリ:芸能 > お笑い芸人



    (出典 static.hokkaido-np.co.jp)



    1 ひかり ★ :2018/12/09(日) 19:22:54.73 ID:CAP_USER9.net

     2日の漫才日本一決定戦「M―1グランプリ2018」で審査員を務めた上沼恵美子(63)に対して暴言を吐いたお笑いコンビ「とろサーモン」
    久保田かずのぶ(39)は9日、大阪市内でスポニチ本紙の取材に「すべて会社を通して下さい」と答えるにとどまった。

     本紙の「今後、会見で話すつもりはあるのか?」などの質問に、久保田は「答えられません」「すみません」「すべて会社を通してください」と
    一貫して取材拒否の姿勢を崩さなかった。

     この日、久保田は大阪・梅田の「よしもと西梅田劇場」の公演に出演。3度の出番では持ち味であるいつもの歯切れのいい毒舌が影を潜め、
    相方の村田秀亮(39)が「騒がせてます。申し訳ありません」と謝罪すると「大炎上して。すみません。これじゃ炙りサーモンということに…」と
    笑いを誘うのが精一杯。「応援してくださってる皆さんにも謝りたいです」と頭を下げた。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00000130-spnannex-ent

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1544345895/


    【【芸能】とろサーモン久保田 取材には騒動語らず…「答えられません」「会社通して」】の続きを読む



    (出典 grapee.jp)



    1 shake it off ★ :2018/12/08(土) 20:44:45.54 ID:CAP_USER9.net

     ザ・ドリフターズの加藤茶(75)が8年前に結婚した45歳下の妻・綾菜さんとともに8日放送のカンテレ「おかべろ」に出演し、「8時だヨ!全員集合」時代にもらっていた仰天の高額ギャラを明かした。


     MCのナインティナイン・岡村隆史が若手時代、東京でレギュラー番組を持っていたが1本あたりのギャラが2万円だったという話題になり、加藤は「ヒドイよな~。普通、東京でレギュラーを持ったら、だいたい100(万円)はいくぜ。ビックリした」と憤慨。

     昭和の怪物番組だった「全員集合」時代のギャラを「分かんないけどよ、1本ねえ、800万くらいいってたんじゃないかな。ドリフ5人で」と明かし、さらに「営業がデカい。1日だから1800万」と、仰天の高額ギャラを打ち明けていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000111-dal-ent


    【【芸能】 加藤茶 「全員集合」時代の仰天ギャラをTVで告白「1本800万くらいじゃ…」】の続きを読む



    (出典 newsmatomedia.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/08(土) 10:24:38.98 ID:CAP_USER9.net

    お笑いコンビ「ハライチ」の岩井勇気(32)が、7日放送のTBSラジオ「ハライチのターン」(木曜深夜0・00)に出演。「M―1グランプリ2018」決勝の審査を巡り、
    昨年王者の「とろサーモン」久保田かずのぶ(39)と今年のファイナリストである「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)が、
    審査員を務めたお笑いタレント・上沼恵美子(63)に対する暴言を動画配信し、騒動になっている問題に言及した。

    M―1の話題で岩井は「久保田さんがまた…。武智さんの声も入ってたんだよな」と騒動に言及。
    「あれ言うんだったら、その気持ちがあったなら、(大会に)出る前に言うべきじゃない?あの人たち(スーパーマラドーナ)はラストイヤーだったんだよ。
    それが終わってから言うのはおかしくない」と疑問を呈し、「(批判を)言うんであれば、出ていって
    開口一番『お前の審査なんか、俺は全然アテにしてないからな』って言ってから漫才始めた方がいいと思う」と持論を展開した。

    相方の澤部佑(32)が「どこかにそれ言ったら点数下げられるからっていうのがあるんじゃない」とフォローしたが、
    岩井は「そうでしょ。M―1がラストイヤーが終わるまではゴマすってたってことじゃん。それはおかしいと思う。だめなのよ。声明してからやるべきなのよ。
    それをしないならもう(批判は)言わない」と再び指摘。これには澤部も「言葉に重みがありますね。料理もする正直芸人の言葉は」と笑っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15709659/
    2018年12月8日 8時5分 スポニチアネックス

    前スレ                      2018/12/08(土) 08:32
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1544225547/


    【【芸能】ハライチ岩井 M―1暴言騒動に指摘「ラストイヤーが終わるまではゴマすってたってこと」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 ひかり ★ :2018/12/08(土) 21:37:14.72 ID:CAP_USER9.net

     タレントの上沼恵美子(63)が8日、大阪読売テレビで行われた冠番組「上沼・高田のクギズケ!」(日曜、前11・40)の収録に参加した。
    2日の「M-1グランプリ」終了後に、とろサーモンの久保田かずのぶ(39)とスーパーマラドーナの武智(40)が上沼に対する暴言をSNS配信した
    騒動に関して、「興味ない」と一笑に付した。

     暴言騒動が勃発して以降、上沼が初めて公式の場に姿を現したとあって、その発言に注目が集まった。

     デイリースポーツの取材では、上沼は9日に放送される番組の収録冒頭で、「いろいろ言われてますけど」と騒動に言及。あくまで自身はM-1の
    審査員として真剣に取り組んできたとの趣旨で、思いを語った。

     その上で、久保田と武智の暴言が大炎上に発展し、上沼の反応に興味が集まっていることを「大したことじゃないです」と一蹴。「興味ない」と言い放ち、
    笑いを誘った。

     久保田と武智はM-1終了後に居酒屋からインスタライブを配信して、上沼批判を展開。久保田が「自分の感情だけで審査せんといて」と発言すると、
    武智が「オバハンにはみんなうんざり」「嫌いです、って言われたら更年期障害かって思いますよね。売れるために審査員するならやめてほしい」などと
    暴言を吐いた。2人は4日にツイッターで謝罪した。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000119-dal-ent
    番組収録を終え、タクシーでテレビ局を出る上沼恵美子=読売テレビ(撮影・北村雅宏)

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】上沼恵美子、久保田&武智の暴言一蹴「興味ない!」…M-1審査は真剣にやった】の続きを読む



    (出典 img.asagei.com)



    1 muffin ★ :2018/12/07(金) 13:04:23.30 ID:CAP_USER9.net

    https://dot.asahi.com/dot/2018120400006.html
    2018.12.6 11:30

    ■坂上忍の登場でブームが去ると見られていたが……

    2018年の「ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされるなど、日本でも徐々に盛り上がってきた「eスポーツ」。10月からテレビ東京でタレントの有吉弘行(44)をメインにした新番組「有吉ぃぃeeeee!そうだ!今からお前んチでゲームしない?」の放送が開始し、話題となっている。

    ゲーマーとしても知られてきた有吉が、お笑いコンビ・タカアンドトシやアンガールズの田中卓志(42)などとともに、ひたすらゲームをし続ける同番組。実際に芸能人たちがオンライン対戦に参加したり、ゲームを練習するものの、なかなかなうまく行かなかったりとゲーム実況的な要素もあり、まるで友人の家でゲームを見ているような番組構成が注目を集めている。また、放送終了後にテレビ東京の公式YouTubeチャンネルで練習風景なども見られることも好評を博している。
    中略
    テレビで有吉を見ない日はないという状況になったが、2015年ごろから「そろそろ限界」といった声が囁かれてきた。同じく毒舌を売りにした坂上忍(51)がブレイクしたこともあり、一時の有吉フィーバーは去ったかに見えた。

    「有吉さんが本格的に再ブレイクして話題となっていたのが、たしか2010~2011年頃。当時は、有吉さんはテレビが映っていないところだとやたら暗くて、性格も気難しかった。そうした対応に対して苦労していたスタッフがいたことも事実です。2010年頃から続いていた冠番組でもさすがに5年もやれば視聴率も落ちますからね。そういった部分を切り取って、悪いニュースに仕立て上げられたこともありました」(民放バラエティー番組ディレクター)

     しかし、実際蓋を開けてみればそうでもない。もちろん終わった番組もあるが、2018年末現在、冠番組だけで7本。不定期放送も入れたら10本以上。さらにレギュラーもいれたらテレビに出ていない日はないほどの相変わらずの売れっ子ぶりなのだ。

    「実はいろんな好感度ランキングで有吉さんはトップ3の目立つ位置に入らないんです。好きとも嫌いともならない。それでもCM出演は続いていて、安定した人気がある。持ち味の毒舌にしても奇抜なコメントをいいまくるというよりは、うまく視聴者の心理を代弁して的確なタイミングでズバッと言いますし、自分以上に濃いキャラがいたらすっと譲ることもできる。そうした力の抜けた巧みさが視聴率を維持し、人気を保つ秘訣なんでしょうね。それらはMCとしてだけでなく、トーク番組の“裏回し”としても生きているので、重宝されると思います」(同)


    >>2以降に続く


    【【芸能】有吉弘行、「ブーム終焉」どころか露出増…10年以上も人気を保っている理由】の続きを読む



    (出典 brandnew-s.com)



    1 Egg ★ :2018/12/06(木) 02:41:07.57 ID:CAP_USER9.net

    12月4日、とろサーモン・久保田かずのぶと、スーパーマラドーナ・武智が、「M‐1グランプリ2018」(テレビ朝日系)で審査員を務めた上沼恵美子を批判した件について謝罪した。
    しかし彼らが謝罪してからも、炎上は収まっていないという。

    「謝罪文を掲載した久保田や武智のツイッターには『性格よくないのは知ってたけど、ここまでとは思いませんでした』『主張したいことがあるなら酔った勢いで
    動画配信なんてダサい事はせずにM-1の生放送中のコメント振られた時に言えば良かったのでは?』など、大量の批判コメントが殺到。
    さらにネットニュースでもこの件は多く取り上げられており、今後、彼らの仕事に影響する可能性があります」(テレビ誌記者)

    久保田と武智は今回、インスタライブで「自分目線の自分の感情だけで審査せんといてください」「『嫌いです』って言われたら、更年期障害かって思いますよね」と、上沼と思われる相手に対し暴言を吐き、炎上へとつながった。

    この発言は、あるM-1コンビへの不満が爆発した結果だった可能性があるという。

    「M-1終了後、GYAO!で配信された『大反省会』にて久保田は、上沼がミキに98点を付けたことについて『上沼さんが評価するのは女子が好きな笑い』とコメントしています。
    ミキといえば、アイドル的な人気で出待ちナンバー1芸人として知られ、弟のルックスありきで応援している女性ファンが多い。

    そんな状況からか、久保田はM-1当日も、名前こそ出しませんでしたが『(敗者復活戦は)カッコいいとか可愛いの一票で入れないであげてください』と、彼らを想像させるツイートをしていました。
    にもかかわらず、ミキは敗者復活戦を突破し、女の上沼1人が異常な高評価を下したことで、ついに久保田の堪忍袋の尾が切れたのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

    男女の笑いに関する好みの差が、今回の事態を招いてしまったのかもしれない。

    アサ芸プラス / 2018年12月5日 17時58分
    https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_117268/

    写真

    (出典 image.infoseek.rakuten.co.jp)


    【【芸能】<あのコンビが原因?>とろサーモン久保田が上沼恵美子にキレた本当の理由】の続きを読む



    (出典 corobuzz.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/06(木) 08:36:39.17 ID:CAP_USER9.net

     漫才日本一を決める「M-1グランプリ2018」がスタートし、霜降り明星、和牛、ジャルジャルの3組が最終決戦に進出し、霜降り明星4票、和牛3票で霜降り明星が優勝した。

     今大会は4640組がエントリー。和牛、霜降り明星、ゆにばーす、見取り図、かまいたち、スーパーマラドーナ、ジャルジャル、トム・ブラウン、ギャロップのファイナリストに、敗者復活戦を勝ち上がったミキを加えた10組が出場。
    審査員はオール巨人、上沼恵美子、中川家・礼二、松本人志、立川志らく、サンドウィッチマン・富澤たけし、ナイツ・塙宣之の7人がつとめた。


    ●ここ最近の優勝者が売れていない!?

    霜降り明星は、コンビ2人が2017年に若手芸人を対象にした第38回ABCお笑いグランプリや第7回ytv漫才新人賞などで優勝するなど、着実に力をつけて今回の結果を出し、
    まさにスター街道まっしぐらといったところだが、最近のM-1は「優勝したからといって、売れるとは限らない」という話がある。

     M-1グランプリ過去の優勝者をみてみると、どれも売れっ子ばかりだが、売れない可能性などあるのだろうか?

    2001年 中川家
    2002年 ますだおかだ
    2003年 フットボールアワー
    2004年 アンタッチャブル 
    2005年 ブラックマヨネーズ
    2006年 チュートリアル
    2007年 サンドウィッチマン
    2008年 NON STYLE・ノンスタイル 
    2009年 パンクブーブー
    2010年 笑い飯
    2015年 トレンディエンジェル
    2016年 銀シャリ
    2017年 とろサーモン

    「まずは、2004年のM-1。優勝したのはアンタッチャブルでしたが、テレビ露出が一気に増えたのは南海キャンディーズでした。
    また、2008年の優勝はNON STYLEでしたが、準優勝のオードリーの方が注目された。
    09年はパンクブーブーが優勝しましたが、売れたのはハライチ。10年は笑い飯が優勝しましたが、売れたのはスリムクラブ。
    2015年はトレンディエンジェルが優勝しましたが、メイプル超合金も知名度を上げ売れました。

    http://dailynewsonline.jp/article/1597615/
    2018.12.05 07:30 トカナ

    前スレ                       2018/12/05(水) 08:36
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1543966608/


    【【芸能】M-1優勝「霜降り明星」は売れない!? お笑いコンテスト覇者芸人が成功しない悲しい現実】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/05(水) 23:12:16.56 ID:CAP_USER9.net

    12月2日に生放送された『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)の後、流出した動画による騒動が尾を引いている。

    決勝7位となったお笑いコンビ、スーパーマラドーナの武智正剛と、昨年優勝のとろサーモン・久保田かずのぶが、審査員の上沼恵美子(63)を批判した動画だ。

    2日、『M-1グランプリ2018』後に出演芸人たちが集った打ち上げの酒席で、泥酔した様子の久保田は漫才についての情熱を吐露し、“右側の審査員”に対して物言いをつけた。

    「すんません、酔ってるから言いますけど、そろそろもう(審査員を)やめて下さい」

    「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください。一点で人の人生変わるんで」
    「お前だよ、いちばん、お前だよ! わかんだろ、右側のな」
    「めちゃくちゃ申し訳ないけど、審査するってことはさ、演者と一緒で同じ熱量で点数同じだって思いたいやん、演者やから。
    アンタがつけた点数とこっちが思った点数一緒でありたいやん。
    これが、格差が生まれたら違うやん。それを、私が好き~とか言い出したら、もう」

    動画を撮影していた武智も、「言うた! 右のオバハンや。いや、右のオバハンにはみんなうんざりですよ」「更年期かって思いますよね」……と、これに追随。
    いわずもがな、審査員席で一番右に座っていたのは関西の女帝・上沼恵美子だ。

    この内輪の愚痴大会の様子を、なぜか武智はインスタライブで配信。動画はすぐ削除されたもののネットで拡散した。

    4日朝、久保田と武智はそれぞれTwitterを更新し、この動画の存在を認めて謝罪した。

    久保田は「この度は私の不徳の致すところで、上沼恵美子さまに失礼極まりない言動をしてしまい申し訳ございませんでした。
    今後は二度とこのような事がないよう深く反省しお詫び申し上げます」と投稿。
    また、武智も「昨日の僕の醜態について、上沼恵美子さん、 M-1に携わる方々、すべての方々にお詫びしたいです。申し訳ございませんでした」と、陳謝している。

    http://dailynewsonline.jp/article/1598217/


    【【芸能】上沼恵美子批判のとろサーモン久保田、スーマラ武智はテレビを“干される”のか】の続きを読む

    このページのトップヘ