グルっと速報

トレンド、芸能ニュースや
アイドル画像まとめ、面白ニュース
女優、俳優、お笑い芸人情報などを幅広く更新です!

    カテゴリ: 芸能



    (出典 para-site.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/25(金) 05:50:00.14 ID:uDwJjsS19.net

    3日に放送されたワイドショー番組『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)でのお笑い芸人・カンニング竹山の発言が、ネット上で波紋を呼んでいる。

    この日は秋篠宮家の長女・眞子さまとの結婚が延期となっている小室圭さんが、22日に母親の婚約者の男性との金銭トラブルについて、
    「解決済み」であることを示した文書に関する騒動が取り上げられ、元婚約者の男性のインタビューなどを放送。
    小室さん側の「支援したお金の返済を求めなかった」という主張に対し、男性は「返さなくてもいいですとは一言も言っていないです」と反論していた。

    また、番組内では昨年11月、秋篠宮さまがおふたりの結婚について、「きちんと整理をして問題をクリアにする」
    「多くの人がそのこと(トラブル解決)を納得」「(国民が)喜んでくれる状況」という“3つの条件”を出していたこともあらためて紹介されていたが、
    そんな中、竹山は「宮様がおっしゃってる3つの条件って、まだギリギリ間に合うような気がするんですよね。なぜかっていうと国民は眞子さまに幸せになってほしい
    、お二人に結婚してほしいと思ってるじゃないですか」と発言。続けて、小室さん側は男性にお金を返済した上で眞子さまと結婚し、国民の祝福を受けるべきだとした。

    また、コーナーの終わりにも竹山は今回の文書公開について、「20代の時に先走っちゃって、やらかしちゃうことはよくあること」としつつ、
    「宮様に許してもらえるんだったら、これはいい機会と考えて、こっからどうするかをちゃんと契約的に話し合えばもういいんじゃないですかね」と結婚について前向き。
    最後には「結婚することが一番幸せなことですから」と断言していた。

    しかし、この発言についてネットからは、「結婚しても幸せになれなそうだから国民も不信感持ってるんでしょ」
    「幸せになるために結婚するんであって、最初から不幸になりそうな結婚を勧めるなんて鬼畜かよ」「2人が結婚して欲しいって思ってる国民はほとんどいない」といった声が殺到。
    世論と真逆の意見だったこともあり、反論が多々寄せられる事態となってしまった。

    「今回、小室さんが文書を出したことで、男性の反論も大きく取り上げられており、小室さんの印象はさらに下がる事態になっています。
    贈与だとしてもネットからは“脱税疑惑”も浮上。今やおふたりの結婚を応援する声がほとんど聞かれていないこともあり、
    結婚に積極的な竹山の発言に違和感を抱く人が続出してしまったようです」(芸能ライター)

    国民が懸念するおふたりの結婚の行方。今後も注目したい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15918521/
    2019年1月24日 12時0分 リアルライブ

    前スレ                   2019/01/24(木) 17:18
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1548336741/


    【【芸能】「国民は結婚してほしいと思ってる」小室圭さん騒動について、カンニング竹山の発言が物議】の続きを読む



    (出典 news.walkerplus.com)



    1 ばーど ★ :2019/01/24(木) 14:17:54.29 ID:67If+vDu9.net

    俳優の野村周平(25)が24日までに自身のツイッターを更新。「マスコットキャラクターじゃねーんだよ」などとつづり、1500件近いリプライが集まるなど賛否両論を呼んでいる。

    野村は22日夜に「写真撮ってんのに対応冷たいとかマスコットキャラクターじゃねーんだよ」とツイート。ツイートするに至った経緯や詳細については記していないが、野村のツイッターには「どうした?」「写真撮ってくれるだけでも神対応」「まず撮ってくれることに感謝するべき」「こういうツイートするところが好きです」「言葉が荒っぽい」「落ち着け」などと様々な意見が寄せられている。

    野村は昨年6月のサッカー・ロシアW杯でボール回しで時間稼ぎした日本代表に対し、「えー。なにこの試合」などとツイートして炎上。のちに「軽はずみな発言をして本当に申し訳ない気持ちでいっぱい」と謝罪した。

    また昨年8月には「タバコ吸ってたら印象悪い。タトゥー入ってたら印象悪い。意味わからない」とツイートし、炎上状態になっていた。

    1/24(木) 14:10
    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00000072-sph-ent

    関連スレ
    【芸能】俳優・野村周平、“歩きタバコ”動画流出で批判も「盗撮だろその前に」「マスコットキャラクターじゃねーんだよ」と反論 ★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1548230267/


    【【芸能】野村周平“歩きタバコ”動画で「マスコットキャラクターじゃねーんだよ」ツイート 賛否の声続々「感謝するべき」「落ち着け」】の続きを読む



    (出典 www.hochi.co.jp)



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2019/01/25(金) 11:15:23.94 ID:n39MAn039.net

    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設で、工事中止を求めるネット上の署名活動が注目を集めた。
    ところが、タレントのローラさんがSNSで署名を呼びかけたところ、ネットなどで批判や疑問が相次いだ。

    なぜ日本では、芸能人らの「政治的」な発信が物議を醸すのか。一方、ネット署名は「民意」を示す手段として広がりを見せている。

    辺野古への移設工事中止を求める署名はハワイ在住の作曲家が呼びかけ、米ホワイトハウスの嘆願書サイトで昨年12月8日に始まった。
    このサイトは、オバマ前大統領時に市民の声を聞くために設けられ、1カ月以内に10万筆を超えると、米政府は内容を検討し返答することになっている。
    署名は期限内に約20万筆が集まった。

    ローラさんは12月中旬、SNSで「美しい沖縄の埋め立てをみんなの声が集まれば止めることができるかもしれないの」と署名を呼びかけた。
    賛同や応援の一方、ネットや一部のテレビ番組では「政治的発言」として、CM出演に影響が出るのではないか、工事中止の代案はあるのか、といった批判や疑問も相次いだ。

    欧米では、芸能人らが政治的なメッセージを発信するのは珍しいことではない。
    昨年秋の米中間選挙では、人気歌手のテイラー・スウィフトさんがSNSで民主党候補の支持を表明し、若者の投票行動に影響を与えたとされる。

    今回の署名では、英ロックバンド「クイーン」のギタリスト、ブライアン・メイさんも参加を呼びかけた。

    日本ではなぜ、芸能人らの「政…
    https://www.asahi.com/articles/ASM1L4VQ4M1LUCVL013.html

    【芸人】ウーマン村本、ローラCM「降ろす」高須氏を批判「スポンサーの頭が高い。稼がせてやってんだから対等だろ」★8
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1545860456/

    【芸能】<モデルのローラさん>辺野古工事停止の署名呼び掛け 「埋め立て止めることができるかも」★5
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1545303575/

    【サンジャポ】 西川史子&デーブ・スペクター、ローラ「辺野古埋め立て中止の署名発言」をバッサリ斬る★4
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1545902339/

    【芸能】高木美保がローラの〝署名呼びかけ〟全面支持「政治的発言はタブーっていう発想を変えるべき」★4
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1545395465/

    【テレビ】<ローラの政治的発言>テリー伊藤「この程度の発言でCM降ろす会社って何なの?」★4
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1545780046/


    【【朝日新聞】 芸能人の政治的発言なぜ物議 「政権批判がたたかれる」】の続きを読む



    (出典 data.smart-flash.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/24(木) 16:43:55.30 ID:nrxteeQ19.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    「徴用工」問題や、レーダー照射問題など、複数の政治問題が重なり、日韓関係は現在「過去最悪」とも言われている。
    そんななか、1月20日放送『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、藤田ニコルが日本国内に渦巻く「嫌韓」の深刻さがよく分かるコメントをした。

    この日の『サンデー・ジャポン』では、文筆家の古谷経衡氏をゲストに迎え、ここ最近における日韓関係の悪化の話題を扱っていたのだが、そのなかで藤田ニコルはこのように語った。

    <私がたとえば韓国旅行に行ったりだとか、K-POPの音楽を聴いているだけで、一部の人からけっこう言われたりします。
    (『行ってんじゃねえよ』とか)そういう言葉を一部の方から、ツイッターとかインスタグラムとかで来るので、『あ……、こういう感じなんだなぁ……』って>

    確かに、藤田ニコルのツイッターを確認すると、そういったリプライは継続的に寄せられている。

    2016年11月に<韓国に買い物行きたい欲が止まらない もう1人にこるんいたらなぁ...>とつぶやいた際には<よく反日の国に行けるな>とのリプライが飛び、
    2017年9月に韓国の人気女性アイドルグループ・BLACKPINKのメンバーと一緒に写真を撮った際も<散々反日してる国に金だけ持ってかれてる日本>などという皮肉めいたリプライが寄せられていた。

    こうした傾向は、BTSの原爆Tシャツ騒動や「徴用工」問題が起きた昨年秋から激化している。

    藤田ニコルは、2018年12月24日放送『有吉ゼミ』(日本テレビ)の特番で、平野ノラとともに「韓国3日間17800円激安ツアー」に参加する企画に出演しているが、その番組に関するツイートには、
    <今、韓国なんか行っちゃっただめでしょ><もうすぐ行けなくなる国 行かなくて良い国になります!>
    <お前テレビ出んなよ 見ないが ガキに悪影響。お前みたいなアホがいるとガキが真似すんじゃん アホは黙ってろよ>
    <悪いことは言わない。早く帰っておいで。韓国なんて人の行く所ではない>といったグロテスクなヘイトを撒き散らす文章が散見される。

    自民党議員が韓国を「常軌を逸した国」と呼ぶ異常な状況

    両国の政治において問題が起きているのは確かだが、それによって民間レベルの交流が制限されるようなことはあってはならないし、ましてや、韓国の人々を愚弄するようなヘイトが撒き散らされるような状況は、非常に問題だ。

    政治的にうまくいっていない時だからこそ、市井の人々が草の根の動きで、両国の親善を深める活動が重要性を帯びる。

    しかし、政権与党やメディアが煽りたてる「嫌韓」の動きは、そういった理性的な考えを駆逐し、むしろ、感情に駆られて隣国を攻撃する流れを強めた。

    自由民主党所属の長尾敬衆議院議員は1月11日にこんなツイートを投稿している。

    <一般論として、内戦などで危険な国へは渡航制限がなされます。
    今の韓国の様に、常軌を逸した国へ渡航した場合、日本人が何をされるかわかりません。
    感情だけで理が通じない。協議や法の支配、倫理、道徳も通用するとは思えない。
    先ずは、日本人の韓国への渡航を控えるなど出来る事はある筈です。>

    最も理性的になって話し合いを喚起しなくてはならない立場である政権与党の国会議員が、全世界に向けて発信しているSNSに<常軌を逸した国>などという挑発の言葉を書き込んでいることは異常である。

    文在寅大統領は10日に行われた記者会見で<日本の政治家が政治争点化し、拡散させていることは賢明な態度ではない><韓日が新たな外交関係を結んだが解決できなかった問題がある。
    韓国が作ったのではない。日本政府は、もう少し謙虚な態度を示すべきだ>(1月10日付朝日新聞DIGITALより)と発言し、ネトウヨの怒りを買ったが、
    <今の韓国の様に、常軌を逸した国>といった発信を見る限り、文在寅大統領の意見の方が正当性があるのではないかと思えてくる。

    憎しみを煽るのではなく、「相手を知る」ことからすべては始まる
    K-POPアーティストのイベントで司会を務めるなどK-POP界に詳しい韓国大衆文化ジャーナリストの古家正亨氏は、「ユリイカ」(青土社)2018年11月号のインタビューのなかで、
    K-POPをはじめとした草の根の日韓親善の動きに関して非常に重要な提言をしている。


    http://dailynewsonline.jp/article/1664462/
    2019.01.24 06:05 wezzy


    【【芸能】藤田ニコルが韓国旅行でバッシング! 理性的なのは政治家よりK-POPファンの若者だ】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/23(水) 17:19:17.98 ID:TPrVz0PA9.net

    「こいつクソ野郎だなって本当に思います」

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

    元タレント羽賀研二(57)が詐欺罪で服役中に強制執行妨害の疑いで逮捕されたことについて、初代「いいとも青年隊」でともに活動していた野々村真(54)はそう吐き捨てた。
    フジテレビ系「バイキング」生出演の際のコメントで、羽賀が梅宮アンナと「バカップル」と呼ばれ騒がれていた当時、
    羽賀を「希代のワル」と言い、交際に断固反対した梅宮辰夫の洞察力は確かだったと、ほかの出演者らとうなずきあっていた。

    羽賀は未公開株の売買で元値の3倍の1株120万円とウソの価格を持ち掛け、計約3億7000万円をだまし取った詐欺罪で2013年に懲役6年が確定し、現在服役中。
    裁判所はおよそ4億円を賠償するよう羽賀に命じていた。今回の逮捕は、これを免れようと妻と偽装離婚し、資産を元妻の名義にして隠した疑いだ。

    ■金の亡者

    羽賀の知人が言う。

    「刑務所に入るとき、本人は改心を誓っていたので、今月末の出所目前の逮捕に驚いています。奥さんは小学生と就学前の子どもを連れ、月に4~5回も刑務所で羽賀と接見していると聞いていました。
    偽装離婚といい、金の亡者で、刑務所に入る前とどこが変わったのかと呆れてしまいます」

    羽賀がアンナと交際当時から取材するベテラン芸能記者の青山佳裕氏はこう言う。

    「金銭トラブルに女性問題と、次々出てくる疑惑のたびに直撃したものですが、羽賀は『それはね、青山さん』とこちらの目をまっすぐ見て、とうとうと自己弁護を並べていく。頑として疑惑を認めないんです。
    ものすごいバッシングでしたけど、それをものともしないずぶとさのようなものがあった。渦中のときにこちらの携帯を鳴らし『この話知ってますか?』
    と同じタレント仲間のスキャンダルを振ってきたこともある。ああ、楽しんでいるんだなあって思ったものです」

     羽賀は沖縄県コザ市(現・沖縄市)出身。日本人とアメリカ人のハーフだ。

    「羽賀の実家を取材で訪ねたとき、そのルーツを垣間見た気がしました。3度の食事にも事欠いた極貧の生い立ち。電気店の物置で暮らしていたこともあるとか。
    そんな環境で自分を育て上げてくれたお母さんに何とか楽をさせようと誓い、芸能界入りを決めたのだそうです」(青山氏)

    母を楽にという、その気持ちにウソはなかったのだろうが、苦労が人間を育てずに精神までむしばんでしまった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15912358/
    2019年1月23日 9時26分 日刊ゲンダイDIGITAL


    【【芸能】偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた極貧生活】の続きを読む



    (出典 www.zakzak.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/18(金) 18:12:38.62 ID:gBolYTK99.net

    1月18日スタートのドラマ「トクサツガガガ」(NHK)で連ドラ初主演を務める小芝風花。丹羽庭による「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中の同名漫画が原作で、
    小芝が演じるのは特撮オタクであることを周囲に隠して生活するOL・仲村叶(なかむらかの)。

    特撮を嫌う母親との確執や特撮オタクであることを隠さずにはいられない現実での葛藤など、デリケートなオタク心理を小芝がどう演じるか、大きな注目を集めている。
    小芝が所属するオスカープロモーションは、新人を「ゴリ押し」するといわれていることで知られており、
    もしも小芝の演技力に疑問が生じれば「オスカーのゴリ押しが始まった」と叩きたがっている輩が手ぐすね引いて待ち構えているのだ。

    「小芝は中学2年生までの5年間、フィギュアスケートに打ち込み、『全日本フィギュアスケートノービス選手権』(ノービスダンス)での優勝経験もあるほど。
    表現力やド根性をスケートで身につけているためか、15年下半期放送のNHK朝ドラ『あさが来た』で共演した、口うるさいことで有名な友近から『演技派』と太鼓判を押され、
    舞台で共演した野間口徹や和田正人からもその実力を認められています。昨年12月14日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の『本音でハシゴ酒』コーナーに出演した時は、浜田雅功に対し
    『は?』といって、また不貞をしたのかという意味のセリフを放つとともにみごとなビンタを敢行。立派なド根性も見せていますから、事務所のゴリ押しなどと批判されることはまずないでしょう」(女性誌記者)

    “オスカーの最終兵器”の異名を持つ小芝。その実力を存分に見せつけてほしいものだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15892477/
    2019年1月18日 17時59分 アサ芸プラス


    【【芸能】連ドラ初主演の小芝風花が「事務所のゴリ押し」と言われない理由】の続きを読む



    (出典 dot.asahi.com)



    1 Egg ★ :2019/01/19(土) 06:10:01.37 ID:p1IPy3W79.net

    脱・地上波という立ち位置ながら、快進撃を続ける香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎の3人。

    当初、SMAP解散以降は厳しい船出が予想されていましたが、ファンの強い後押しと、また流れに身をまかせる形が功を奏したのか「業界から干されている」ようには殆ど見えません。
    それどころか、笑福亭鶴瓶師匠や古舘伊知郎など諸先輩の力添えもあって、これまでにない新しい芸能人としての在り方を証明してくれています。

    しかしそうは言え、いまだキー局から声がかからないという現実。何が原因なのかと考えてみると、やはり思い当たるのはジャニーズ事務所の彼らに対する妨害行為と、
    それに屈する姿勢の民放局及び大手芸能事務所ではないのでしょうか。某プロダクション関係者に、話を伺ってみました。

    「YouTubeにブログ、Instagramなど自ら近況や情報を発信するスタイルでファン離れを防いでいる彼らですが、やはりシンプルに民放局に出られないという部分では苦戦しているかと思います。
    最近は若者のテレビ離れが深刻ですけど、それでも腐ってもテレビみたいな部分はまだまだ世間的に残ってる。

    香取くんがパリで個展を開いたり草なぎくんが舞台で活躍するなど、彼ら3人はびっくりするほど多様で快挙とも言える大きな仕事を成し遂げてますが、ワイドショーで取り上げられることは皆無と言っていい。

    ジャニーズが水面下で圧力をかけているのはもちろん、事務所に残ったと中居くん、とくに木村くんへの配慮を局に求めているのは事実ですし、
    いわゆる〝そちら側〟を贔屓していた大手事務所は新しい地図を共演NGにして、関係者らにそう公言もしています」(芸能関係者)

    その大手事務所とは一体、どこなのだろう?

    「吉本興業ですよ。まず、中居くんとナインティナインの関係性は、笑っていいとも時代から始まり、めちゃイケの名物企画『日本一周』へと繋がった。そのイメージは今でもとても強い。
    そして明石家さんまさんと木村くんはプライベートでつるむほど仲が良く、特別番組『さんタク』も不定期ながら放送中です。

    どちらの番組もフジテレビなので、ジャニーズに配慮しているのは明確。吉本はナイナイ以下の芸人たちが新しい地図との共演を熱望しているそうですが、
    事実上黙*れた状態で、それにはさんまさんが一枚絡んでると聞いてます。さんまさんは古い体質の方で、業界を引っ掻き回した挙句に世話になった事務所を飛び出したんだから、それなりの覚悟があってのこと。

    まだこっちに戻ってくるのは早いんとちゃうか、という考えを持たれているらしい。天下を取ったSMAPですし、いろんな事務所の方と仕事されてきたと思いますが、
    とくに共演数の多さや中居くんと木村くんと仲の良かったタレントを抱える事務所は、今後のことを踏まえ自主的に共演NGにしているともっぱらの噂です」(同上)

    昔より弱体化しつつあると業界内で囁かれる吉本興業ですが、とは言え芸人以外のタレントまで全てひっくるめると、所属タレントは6500人を超えています。
    なので、テレビ、広告媒体、イベントなど何かしら辿っていくとジャニーズに繋がることが多々あり、それが新しい地図を故意に避ける原因となっているのだと推測できます。
    また、フジテレビ社員からは、こんな興味深い話を聞くことができました。

    「いくらネット社会とは言っても、地上波に出られないタレントは致命的。新しい地図の3人はできれば業界人、どこの局や媒体も本音では使いたいはずなんですよ。
    大手企業のCMにも起用されてますし、音楽や舞台など実績も積んでますから。彼らはまだまだスターなんです。もちろん事務所同士のしがらみなどありますけど、

    キー局、とくにうちがその封印を解いてあげれば全てが解禁状態となって、なんなら中居くんとの4人での共演も夢ではないと思うんです。
    しかしそれ以前の問題というのも実はありまして、香取さんらを連れてジャニーズを出たマネージャーの飯島女史。

    まだまだ前途多難な元SMAPの三人衆。年内のキー局復帰は難しいかもしれない......。

    TABLO / 2019年1月18日 11時43分 全文
    https://news.infoseek.co.jp/article/knu*les_4374/

    写真
    https://media.image.infoseek.co.jp/isnews/photos/knu*les/knu*les_4374_0-enlarge.jpg


    【【芸能】<「新しい地図」の三人衆(香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎)>いまだに地上波出演は絶望的!「あの事務所」の圧力】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 ばーど ★ :2019/01/19(土) 10:17:57.83 ID:F5dSF8qq9.net

     デビュー当時「ポケベルの子」と言われた広末涼子さんは、まさに平成を象徴する存在です。そんな広末さんですが、地元では「女優になるなら広末は吉本」と言われていたそうです。あのドコモCMについては「謎というか、不思議でしょうがなかった」。広末さんに、デビュー当時の思い出を聞きました。(朝日新聞高知総局記者・加藤秀彬)

    ■「あのCMで名前と顔を知ってもらった」

     ――1996年、「広末涼子、ポケベル始める」と流れたNTTドコモのCMで、高知県出身の少女がその名を全国にとどろかせました。

     「あのCMで名前と顔を知ってもらったのは間違いない。本当に感謝しかないです。どうしてあんな名前も知られていない、ただの高校1年生の女の子の名前が大きく新聞の広告に出たのか」

     「あのコピーはすごくセンセーショナル。このだれも知らない単語を世の中に出すっていうのは私も謎というか、不思議でしょうがなかったです。それでポケベルの子と言われたり、名前で呼ばれたりということがきっかけだったので、すごく運命を感じています」
    .
    ■「10代のころは田舎の中学生だから」

     ――バブル崩壊後の1994年に「クレアラシル」のCMでデビュー。その後、阪神淡路大震災やオウム真理教による地下鉄サリン事件が起きました。そんな中、広末には「清純派」「元気」なイメージがついてまわります。

     「デビュー直後は、『似ていると言われます』『近くにいそう』とよく言われました。そういう部分ではもしかたら、特別なザ・女優やアイドルではない親近感が受け入れられたのかもしれません。今の女優や若手の女の子を見ていると、やっぱり洗練されています」

     「それなのに、私の10代のころは田舎の中学生だから、よくこれで大丈夫だったなと思いますね。自然体でいた結果が、優等生、清楚(せいそ)、という印象になったと思います」
    .
    ■「それなりに良い子だったのかも」

     ――中学校では陸上部に所属し、走り高跳びの選手でした。

     「私はずっとスポーツしかやっていませんでした。ずっと男の子に間違えられていて、『女優になるなら広末は吉本』と言われるようなキャラクターでした」

     「知らない第三者の方や大人に接すると、最低限の礼儀とか気遣いは気をつけていました。そういう意味では、清純派だったのかもしれないし。それなりに良い子だったのかも。けど、そこまで良い子なつもりもなかったので、違和感を感じていたのかもしれません」

     「清純派と言われることが嫌だとか、反発するような気持ちはなかったです」

    ■「迷った時期はありませんでした」

     ――小学生時代から、テレビの向こうの世界にあこがれていたそうですね。

     「女優さんには物心がついたときからなりたいと思っていました。みなさんが花屋さん、ケーキ屋さんになりたいと言っているときから女優さんになるのが夢で、不思議と迷いはありませんでした」

     「歌番組などのテレビが大好きで、高知では民放が二つしかなかったので、東京の親戚に番組のビデオテープを送ってもらっていました。小学生の時は、女優では浅野ゆう子さん、浅野温子さん、宮沢りえさん、後藤久美子さん。歌手は中山美穂さん、小泉今日子さん、みなさんのすごくきらきらした姿をブラウン管を通して見ていました。『20年後の私』という作文では、女優さんになっている設定で文章を書いていました」

     「周りがそれをどう思っていたかはわかりません。中学2年生で初めてオーディションを受けたときも、芸能界に入ってからも、これほどとんとん拍子にここまで実現するとは、両親ですら思っていなかったと思います。友達は応援も批判もなく、夢の世界だと思っていたと思います。迷ったりちゅうちょしたりという時期はありませんでした」
    .
    ■「夢に思い描いた通りでした」

    ※省略
         ◇

    広末涼子(ひろすえ・りょうこ)1980年、高知市生まれ。94年、クレアラシルのCMでデビュー。97年、「MajiでKoiする5秒前」で歌手デビュー。「鉄道員」「おくりびと」「ゼロの焦点」など数々の映画やドラマに出演した。

    【動画】広末涼子 - ドコモポケベル初CM[1996]

    (出典 Youtube)


    1/19(土) 7:06
    withnews
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000001-withnews-ent&p=1


    【【芸能】広末涼子さん、地元では「女優になるなら吉本」と言われた中学時代 ドコモ・ポケベルCMでその名を全国にとどろかせる】の続きを読む

    このページのトップヘ