No More RobotsイギリスゲームデベロッパーBroken Bear Gamesは、一人称視点RPG『Family Man』2019年初頭に発売すると発表し、新たなトレイラー開した。対応プラットフォームはPCとコンソール。価格は現時点では発表されていない。発表に合わせてSteamのストアページ開されている。
 なお、公式Discordチャンネルではクローズベータテストへの参加者を募集している。テスト2018年後半に開始予定だ。

 Family Man』の主人公どこにでもいる普通の父親だ。にはする妻とひとりの子どもがいる。
 しかしある日突然、彼は会社をクビになってしまう。プレイヤーは職を失い追い詰められた父親となり、借返済までの30日間を家族を養いながら生き残ることになる。

 『マインクラフト』を彷彿とさせるボクセルグラフィックながらも、ゲーム家族を確かめるような生易しい内容ではない。むしろ父親麻薬ビジネスに手を染める『ブレイキング・バッド』のようなクライム・ストーリーだ。
 ゲームの舞台となるのは少し変わりな沿いの町で、一見平和に見えるが犯罪組織が裏で暗躍している。プレイヤーはこの町に住む住人と協したり、あるいは邪魔をすることも可で、その洗濯と結果によってさまざまな影ゲーム内に現れる。

(画像は『Family Man』Steamストアページより)

 生き残るためにどのような仕事に就くのかもプレイヤー自由だ。アルバイトに働き、父親としてモラルを保ったまま借返済をすのもいいだろう。
 しかし、アルバイトのような合法的な方法だけで、借を返済し家族を養えるほどのお金を稼ぐことはできるだろうか?

 世の中にはもっと薄汚くてたくさんのお金を稼げる職業もある。プレイヤー家族を守るため、人間のモラルを捨てるような行動を取ることもできる。開されたトレイラーではを手に人を脅したり、隣人バットで襲いかかったり、殺し屋として拳銃かを暗殺するシーンを見ることができる。
 ただし、どんな選択にも責任が伴う。選択による結果は周囲に住む人々との人間関係も左右するが、もっとも身近な存在である家族にはさらに大きな影を及ぼす。父親犯罪に手を染めたことを家族が知れば、一家の心はバラバラになってしまうだろう。あるいは、家族を一層強くする方法も存在している。

 借返済をす方法は自由だが、プレイヤー父親としてモラル家族を守る現実との間で、難しい決断を迫られることになる。

(画像は『Family Man』Steamストアページより)

 『Family Man』は2015年Steam Greenlightに登録され、2016年の発売をしていた。しかし開発は難航し2017年へ延期。新たなスクリーンショット動画も散発的に開される程度で、ひさびさに「大きなニュースがもうすぐ発表される」と2017年末に告知があったものの、以降は音沙汰もなくなっていた。
 開発当初デベロッパーBlue Button Gamesという名前だったが、発売にあたってBroken Bear Gamesと名称が変更されている。紆余曲折あったことが推察されるが、待ちわびたようやくファンも安心できるといったところだろう。

 なお2015年Steam Greenlightページで発表されたこのゲームの構想には、返済をさずそのまま死ぬといった結末を含む複数のエンディングや、ライフサイクルを設定された住人、Oculus Riftサポートなどが挙げられていた。
 それから3年、発売される頃にはほぼ4年の日が流れることになるが、これらの要素がどうなっているのかも気になるところだ。

 プレイヤー父親としてのモラルを問う一人称視点RPGFamily Man』は、2019年初頭にPCとコンソールで発売予定。公式Discordではベータスターを募集しているので、気になる人はそちらにも応募してみてほしい。

(画像は『Family Man』Steamストアページより)

文/古嶋 誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Life人生屋台を折られてから幾霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 1.bp.blogspot.com)



<このニュースへのネットの反応>